ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

FE88ESR用リング制作

端材の利用でFE88ESR用リングを作る事にしました。
天気が良ければ先週の続きをする所でしたが、生憎の雨天では・・・・・
なぜ・・・・・突然リングか?
実は、明日遠路よりお客様が訪ねて来ます。
このお客は小型BHの権威です。
流れで紅桜使用の小型BHに試聴になる見込み。
この小型BHの個人的の評価は、中域に癖が感じられる。
硬い(スプルース、パイン系より硬い)紅桜を使用しているためか?
中域が硬く感じる。
他の要因としてショートフロントホーンも一役買っているのではないかと思われる節もある。
小口径BHにはちょっと煩い方ですので、この辺をところを改善をしておかなければ・・・・・・・・・
そこで本日はパイン系の材料で木製リングを作って試す羽目となりました。(汗)

端材を円形に切断中。
画像 398

テーパーにしている所。
画像 404

造詣が済んだのでユニットを収める穴を開ける。
画像 405

木製ブレスレットの完成?
画像 406

ユニットを現物合わせで細部の確認をしている。
画像 407

悪くないですね。
40分程度の工作でした。

| 端材利用 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電源タップ制作

また、簡単工作をしてしまいました。(大汗)
ウーハー用のアンプの電源コードを貧弱な物を使用しているので電源タップの制作をしなければ思いつつそのままになっていました。
以前山ちゃんから貰った電源コンセントの事を思い出し、端材を利用して電源タップを作る事にしました。
25mm厚メルクシパイン材を3枚積層でタップを作る。

まずは、ジグソーでのカットをスムーズにするために丸のこで切れ目を入れる。
画像 3952

丸のこで切れたラインに沿ってジグソーで切断していく。
画像 3954
丸のこで切れたラインがジグソーの切断時に出来る切断面の荒れを防いでいる。
画像 3955

ハタガネで圧着
画像 3958

コンセントを置いて取り付け位置を確認する。
画像 3959

面を取った状態
画像 3963

後は研磨をして塗装すれば外観は完成する。
配線等は、友人にキャプタイヤ込みでお願いをする予定です。





| 端材利用 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

某サンダー

前の日記の記述で名前が分からないため某サンダーで明記しましたが、昨日若干の工作をしたく再度、某サンダーのご厄介になりました。

某サンダー=ベルトディスクサンダー
画像 3580

ベルト式でカンナの代わりが出来ます。
カンナは電動も手動も簡単に使いこなせる代物ではないので面の仕上げなどにはこのサンダーを使用すると工作が簡単になります。
サイドにある円形の砥石は強力でリングはこの砥石を使用して調整加工をしました。
但し、埃が凄く服が真っ白状態になります。
大型の集塵機を設置すればこの問題は解決しますが自宅などでの設置は厳しい所があります。
今の夢は、アトリエ⇒工作室の構築ですね。

プロとアマチュアの違いは手持ち道具の違いが大で、アマチュアも道具が揃えばそこそこの工作は出来るように感じています。・・・・・多少はエラーと言う授業料は払わなければなりませんが(笑)

| 端材利用 | 07:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |