ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フィディリティム サウンドのカタログ

コイズミ無線さんに4Ω用のアッテネーターの購入で立ち寄ったら、MarkAudioの試聴会を開催していました。
イベント開催の開始から時間的に一時間以上経過した付近なので、システムの試聴ではなくフィディリティム サウンドの代表の中島氏がユニットの説明をしている最中でした。
MarkAudioのユニットに銘木のバスレフ箱に入れた製品はジャズ向きとの前評判です。
箱屋としては、ユニットには大変興味を惹かれますが、箱付きの製品は魅力を感じませんので、アッテネーター以外の物を店内で物色していたら、フィディリティム サウンドの方?から声を掛けられる。
以前、ブログでコメントを下さった渋谷様かと思い確認しましたところ違う方であった。
ご本人曰く、お手伝いとか言っていましたが、その方が気さくで感じの良い方だったので、一度は断ったカタログを頂いてきました。

CIMG9652.jpg

カタログは、MarkAudioの物かと思いきや、総代理店のフィディリティム サウンドさんの物でした。

CIMG9654.jpg

『フム、フム』・・・このページは、面白い。

その方と短時間の会話の後、玉アンプでMAOPの10?を鳴らし始める。
相変わらずデッドの環境での小音量の試聴ですので、中高域の素性は分かりましたが、低音の再生能力は残念ながら推測の域を出ません。
横で、少し聴いて店を後にしました。
誰か知り合いがいればもう少し長くいたかもしれませんが、何せ、蚤の心臓の持ち主は人見知りが激しく早々に帰宅しました。

心残りは、良い環境でもう少し大きな音で聴いてみたかった。

| お店紹介 | 08:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いなばや旅館でのクラス会(高校)

DSC_0003.jpg

変わらぬ雲見の景色ですが、ガスが多くて生憎富士山が見えません。

DSC_0051.jpg

DSC_0050.jpg

DSC_0045.jpg

DSC_0044.jpg

DSC_0035.jpg

CIMG8970.jpg

今回は、予算の関係でアワビのステーキが無かった・・・
しかし、いつもと変わらない山海の珍味を堪能しました。

| お店紹介 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リズナブルな期間限定のいなばや旅館

いなばや12

明後日、宿泊する予定のいなばやさんからリズナブルなお誘いのはがきが来ていました。
また、計画をして美味しい魚で生ビールの飲み放題・・・・但し9日のみ・・・かな? 確認の電話を入れなければ・・・・

| お店紹介 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サーロジックの村田氏を囲んでの久々の酒宴

昨晩、サーロジックの村田さんを囲んで久々の酒宴が三島市内でありました。
wさん行きつけのお店の一休さんは、すべての料理が旨い!!
天ぷらは絶品!カレイの煮つけも美味しかったし、極めつけは牛のステーキでした。
お陰様で、カメラを持ってはいたのですが、写真を一枚も取らず仕舞い・・・・・

最近、オーディオから気持ちが離れていました。
理由は、注文した車がいつ来るかわからない状態で、せめて、納期の目安がたてば精神衛生上の安定はあるのですが、
不思議なもので遠ざかりつつあるオーディオから引き戻そうとする目に見えない力が作用しているように感じてなりません。
先週の和多田さんの訪問、今回の酒宴のお誘い、そして来週もイベントがあります。
他の友人からも誘いがありましたので、やっぱり、オーディオ休眠は出来そうもありませんね。

時間があれば、10cm級の箱でも作ってみようかとの心境になっています。

| お店紹介 | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いなばや旅館のリピーター達

毎度のことですが、西伊豆の雲見温泉のいなばや旅館に行って参りました。
http://www.inabaya.net/
同級生との飲み会も定例となりつつありますが、やはり、気を使わない仲間たちとの屈託のない会話は楽しいですね。
そこへ、新鮮な山海の珍味も加わり、言葉に合わせないくらいな楽しい一時を過ごして来ました。

昨日の10時30分過ぎに、東京の同級生が我が家に立ち寄り、一路、国道136号線を南下すること1時間15分。
西伊豆の松崎港の近くにある民芸茶房にて昼食をとることにする。
同級生のT君の一押しのアジフライ定食を注文、T君の言う通りに、超美味。
昨日の焼き肉の影響か?少しもたれ気味の状況であったのですが、隣に座るImi子さんがご飯が多いと言うので、少しご飯を分けてもらい、超満腹の状態になる。
今晩の宴会が少し気になりましたが、すでに胃袋は食べたもので満たされていました。
その後、西ん風さんに立ち寄ることにする。
西ん風さんの所のシステムのグレードアップ化で少し話をしていなばや旅館に向かうことにする。

同乗してきたT君の愛車BMW。ポーズを取る昔のお姉さんのImi子さん
CIMG3310 (515x386)

いなばや旅館に無事の到着。
夕食まで時間があるので、暫し、おしゃべりタイム。
このおしゃべりタイムのために遠方から参加していると言っても過言ではないですね。
部屋の窓から、雲見の海が微かに見えます。
CIMG3315 (515x475)

いなばやさんの銘柄の入った芋焼酎。
二次会の酒になりました。
CIMG3385 (386x515)

伊勢海老のシーズンでは無いので、今回は海老なしです。
DSC_0009 (515x342)

アワビは健在です。
このアワビのステーキが、超美味です。
DSC_0012 (515x342)

これも、美味しい。金目鯛の煮つけ。
DSC_0014 (515x342)

鯛の塩釜焼も捨てがたい。
DSC_0015 (515x342)

楽しい時間は経つのが早い。
後ろ髪を引かれつつのチェックアウト。

女将のK代さんとT君の2ショット。
還暦に近い年齢ですが、いつの間にか、心は学生気分にタイムスリップ。
CIMG3432 (515x386)

遠くで名残を惜しむ女将の姿が・・・・
CIMG3442 (515x386)

余談ですが、集まれ塩ビ管さんのOFF会で、茨木のTさんとの会話の中で、以前、いなばや旅館に宿泊しようとしたところ、満杯で断念した話を聞いていました。
そこで、女将に確認したら、じゃらんとの契約の部屋数が少ないので直接、電話を下さいと言われました。
利用する場合は、電話連絡が良さそうです。

| お店紹介 | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家族旅行?

昨日から本日まで、伊豆西海岸の雲見温泉のいなばや旅館に1泊2日で、長男を除く家族で静養?に行っていました。
新鮮な海産物を食べるなら、やはり、雲見の民宿、旅館に限ります。
今回も、新鮮でおいしい魚が膳を賑わかせていました。

CIMG1388 (500x375)

CIMG1409 (500x375)

CIMG1406 (500x375)

CIMG1395 (500x375)
CIMG1415 (500x375)

CIMG1424 (500x375)

長女夫婦、次女たちも大満足な様子でした。
これから、また、千葉の柏まで・・・・・トホホ

| お店紹介 | 10:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

陽喜さん滞在 コレクションの拝聴

                                                       鳥取砂丘
CIMG9647.jpg

CIMG9657.jpg

昨日の午前中は、陽喜さんのご主人所有の自作スピーカー群を拝聴しました。

CIMG9672.jpg

スピーカーの構成はバスレフが主流となっています。
ユニットの口径にもよりますが、小口径で足りなく感じる低域をサブウーファーでカバーしてバランスを取っています。
形状も、側面をラウンド化した作りと、大分凝った作りの箱もあります。

箱の作りも感心したのですが、それよりも、印象的なのなスピーカー、アンプのセレクターの自作です。
手元で、アンプ、スピーカを瞬時に交換が出来る優れものです。
僕も、依然、スピーカーを並べて同じようなことをして楽しんでいましたが、いつの間にか、スピーカーセレクターを外してアンプに付いている2系統の出力端子だけになり、ほとんど1系統しか使ていないのが現状です。
音量も統一化する計画もあるとか、このアイディアも良いですね。
聞き比べ時に、能率の差が中高音の切れや解像度などの判断に影響を及ぼしますので、もし、音圧の統一化が出来れば、正確な判断が出来るのではないかと考えられます。
それより、僕個人の使い方としては、マルチアンプにしないでもすべてのユニットの音圧の統一化が出来れば、複数のミッドレンジ、ツイーター、ウーファーの組み合わせが可能となります。
音質劣化を問う方もいらっしゃるか思いますが、聞き比べをしなければ問題は無いように感じています。
完成時には、回路図の公開をお願いしたいと思います。

プッシュボタンで簡単に切り替えが出来ます。
CIMG9620.jpg

裏側ですが、僕には作れないでしょう。
CIMG9629.jpg

複雑にですね。
僕なら、差し込みを間違えて何度もやり直しをしそうです。
CIMG9627.jpg

裏側の様子でが、複雑怪奇で頭がこんがりそうで、僕には作ることは到底できません。
CIMG9628.jpg

肝心の音ですが、部屋の広さが半端でなく軽く30畳はある空間は、FEの音が素晴らしく感じました。
特に、ボーカル、弦など中音は良かった。
8cm、12cmで十分なパフォーマンスで奏でています。
反射率と部屋のキャパの小さい自室では、ミッドハイが協調されるようで、ルームチューンをしてから、FE系の良さが出ない環境になっていましたので、新鮮でした。
FEは、日本家屋、少しデッドの部屋でその効果発揮できるユニットと感じています。
この部屋で、FE88ES-RのBHBSなら、どんなパフォーマンスを見せてくれるの確認したい気持ちになっています。

部品代1,200円の自作アンプ
CIMG9671.jpg
出力1wですが、十分な音圧がでます。
少しの変化で金を掛ける風潮になっているオーディオですが、このように違った角度からのアプローチも楽しいし、原点でもあるような気がしています。

毎年、6月にオフ会が開催されてるとのことです。
来年は是非!参加をしたいところですが、2泊3日の休みの確保が出来るかどうか?

| お店紹介 | 14:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自作スピーカー愛好家の宿 陽喜さん

民宿 陽喜CIMG9603.jpg

昨日、大阪の南方から兵庫県豊岡市の神鍋高原に場所を移して、民宿・陽喜さんに御厄介になっています。
陽喜さんのご主人も、自作スピーカーの愛好家で、フェイスブックの活動で存じ上げていました。
そんなこともあり、神鍋高原に出張の話があった時に迷わずに陽喜さんに宿泊先を決め予約の連絡を入れました。
最低でも、1週間は御厄介になる予定です。

陽喜さんのご主人とは、面識がなかったので自己紹介をして少しお話をさせていただきました。
なーおさんや前川さんとはOFF会で面識があるので、お二人のことで話も弾みました。
ご主人も奥様も和やかな雰囲気の方で、この宿の居心地を良くしているのでしょう。
夕飯も豪勢なすき焼きに、ビールもおいしく、仕事で来ているはずなのに・・・・・いつの間にかリラックスムードで仕事があることを忘れるほどでした。

この神鍋高原は、スキー場があり、陽気さんはスキー場に囲まれた場所にあります。
目の前にもスキー場と、あと、1か月もするとスキーヤーで賑わうことが予想されます。
民宿・陽喜さんは、本来はスキー客がメインの宿と感じています。

陽喜さんの玄関先から見える、スキー場。
CIMG9602.jpg
他に、写真はありませんが、神鍋山のスキー場もあります。

その他に、温泉施設が最高です。
大人600円11時から21時まで入浴が可能です。
それに、サウナもついています。
サウナは、貸し切り状態で寝たり起きたりと意識が朦朧となるまで入っています。
体重も多少落ちるのでが、そのあとのビールで元道理に・・・・・・(汗)
CIMG9600.jpg

CIMG9601.jpg

時間もあるので、機会があったらご主人の自作スピーカーを拝聴したいと思います。
・・・せめて、岡山付近なら、広島も襲撃の範疇に入るのだけれども・・・

CIMG9604.jpg

夜は、悠々自適に6畳間に一人、ビールを片手にPCで遊んでいます。

| お店紹介 | 17:06 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Feastrexの本社へ  強行軍(三島・調布・韮崎・調布・三島)500km超のドライブ

本日早朝より、調布のYさん宅へ向かいまいした。
Yさんの紹介で、Feastrexさんの本社へ訪問することになり、調布から韮崎まで向かう。
高速道路は、混む事もなく順調に目的地の山梨県韮崎市にあるFeastrexさんの本社に到着する。
一度は、本家本元の音を拝聴したいと思っていたので、願いが叶いました。

まず、試聴室に通されて、38畳もある部屋の広さと無造作に並べられている様々な宝の山に圧倒される。
左から、福知山の田中氏製作の共鳴管スピーカー、新製品?箱、F60型と続く。
CIMG9528 (500x375)

回折に配慮したラウンドバッフル。
非常に手の込んだ作りに、メーカーならではの拘りを感じました。
CIMG9530 (375x500)

励磁のユニットを使用しています。
音は、エージングも済み非常にバランスの取れた音で、CEOの秋山氏の拘りに脱帽です。
CIMG9537 (375x500)

途中から、話がプリウスに積んである僕の製作したBHBSの箱の試聴に話が進む。
果たして、まともに鳴るのだろうか?
室内に箱を運び込み、音が出るまでハラハラ・ドキドキでしたが、自室より良い感じで音が出ている。
一安心して、様々なジャンルのソフトで試聴を実施。
CIMG9536 (500x375)

この広い空間でも、十分なパフォーマンスを見せています。
ユニットの能率の良さ、立ち上がり立下りの良さが、心地よかった。
ユニットの性能の良さを再確認し、この部屋のに合わせて作ったのかと思わせるほど部屋との相性が良かった。
CIMG9531 (500x375)

秋山氏との話も大変勉強になり、もう少しお邪魔していたかったのですが、調布経由三島への帰路があるために、1時間程で、後ろ髪を惹かれつつ帰路に着きました。
この時間に出ても、途中の渋滞で調布への到着が予定より大分遅れることになりました。
まぁ~、助手席にYさんがいたので気がまぎれましたが、渋滞は精神的に疲れますね。

そして、Yさん邸に到着。
積んでいた箱を卸して、Yさんのオーディオルームで試聴を開始。
部屋の違いでの音の変化が気になっていましたが、杞憂に終わる。
やはり、12cm級の低音は、凄い!
このシステムにサブウーファーは、無用の長物ですね。
Y邸の様子
CIMG9541 (500x375)


心残り・・・・・
Feastrexさんの試聴室の片隅に、20cm級の励磁?のユニットが無造作に置かれていましたが、一度聴いてみたかった。

| お店紹介 | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉宿・いなばや旅館でのリフレッシュ

昨日から、本日にかけて西伊豆の“いなばや旅館”に宿泊をしていました。

http://www.inabaya.net/
毎度のことながら、料理は最高。
女将とは同級生の間柄で、同窓会にお誘いをするのですが、同窓会の開催時期が旅館の多忙な時期になるために、一度も、出席が出来なかった。
そこで、こちらから押しかけてプチ同窓会の開催をすることにした。
メンバーは、仲良し女子グループの4人と男性は、N君、僕の6人で開催の運びとなる。
まさに、両手に花の状態・・・・・・(汗)

雲見海岸から見た富士山
CIMG8860 (500x375)

毎回、変わらない豪勢な海の幸、大好きなアワビのステーキもあります。
女性軍は、いなばやでの宿泊は初めてだったので、この料理に驚嘆の声を発していまいた。
CIMG8738 (500x375)

CIMG8737.jpg


つい先ほどまで、目の前の海で泳いでいたヒラメやアカハタが舟盛りになっています。
これでは、ついつい暴飲暴食になってしまいますね。(大汗)
CIMG8749 (500x375)

CIMG8745 (500x375)

タイミング良く伊勢エビ漁の解禁にあたり、ラッキーでした。
CIMG8742 (500x375)

アワビもついて豪勢です。
CIMG8744 (500x375)

18時から21時まで、永遠とおいしい刺身や山海の珍味をついばみ、昔話に花を咲かせて、ビールを浴びるほど飲み続けることになる。(大汗)
CIMG8751 (500x375)

その後、部屋に戻り、永遠と午前2時30分まで飲み続ける。
流石に、連れのN君と死んだように朝まで爆睡しましたが、女は強し・・・・4時過ぎまで起きていたとか!!
一昔前の娘さんたちの元気の良さには、脱帽です。
CIMG8801 (500x375)

二日酔い?暴飲暴食、睡眠不足のはずなのに食欲旺盛、豪華な朝食に食が進みます。
CIMG8873 (500x375)


CIMG8895.jpg

いなばやをチャックアウト
CIMG8918 (500x375)

楽しかった飲み会の時間は、あっという間に過ぎて、後ろ髪を惹かれながらも、皆、リフレッシュして、満面の笑みに包まれています。
またの開催の約束をして、帰路につきました。



| お店紹介 | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鎌倉散歩 【歐林洞 因幡 晃 コンサート】

昨日の午後は、友人たちと大船駅前で合流して、北鎌倉駅で下車、一路、徒歩でコンサート会場の鎌倉歐林洞を目指しました。
本来なら、友人のBMWで歐林洞へ行くところなのですが、大渋滞の恐れがあるので、徒歩となった次第でした。
時間にして15分程度歩いたのだろうか?目的に無事に到着。
位置的に北鎌倉駅と鎌倉駅の中間点のため、歩くと意外と距離があったように感じました。
鎌倉方面に向かう狭い沿道には、行き交う人も多く観光地の鎌倉の一面も見せていました。

汗諾々状態で、到着した鎌倉歐林洞 【写真は、コンサート終了時に撮った物です。】
IMG_0298 (500x375)

室内の写真は、NGと考えられたのでありません。
コンサートを行うギャラリーサロンは2階にありました。
チケットの整理番号順に、階段に並び部屋に入ります。
周りを見渡すと、僕よりも大分先輩の方々が殆どで、平均年齢は還暦を過ぎているのではないのかと・・・
最前列の方々は、常連さんで因幡氏もご存じで、トークの中で遠方から来たことをご紹介されていました。

魂の入った歌は、感動します。 やっぱり、生が良いです。
斜め左向かいの初老の女性は、終始、感動でハンカチを離せない状態でした。
往年の名曲、“あなたの愛した人の名前は~”で始まる「わかってください」は、感動して涙腺が甘くなった。

生の共通の音なのですが、大きな音を出しているのに煩く聞こえてこない。
特に、PAを通していた声、ピアノ、ギターでしたが、飽和する音にはならなかった。
音の調整の原点かと思います。

16時30分開演で18時30分?頃までコンサートを開催していましたが、時間の経つのは早い。
あっという間に、時が過ぎ去ったように感じています。
そして、お決まりのCDにサイン、因幡晃氏ご本人と握手。
CIMG6714 (500x375)

帰りは、お決まりの宴会の開催です。
電車の時間を気にしながら飲んでいましたが、この時も、時間が経つのが超早い。
久々に充実した楽しい一時を過ごしました。

| お店紹介 | 06:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年オーディオ仲間との忘年会

先月、急遽決まったオーディオ仲間との忘年会。
オーディオ仲間との忘年会では、初めて利用した西伊豆町の“いなばや”旅館さんです。
http://www.inabaya.net/

こちらでも、紹介をされています。
http://blogs.yahoo.co.jp/dcampmania/54012293.html#54013111

忘年会の地に向かう前に、パラゴンのチョコ邸で集合。
出水電気の島本さんと落ち合い、30分ほど音を堪能してから、サンテクニカ邸に向かう。

CIMG5447 (500x375)

静岡県賀茂郡松崎町雲見に到着、旅館のへ部屋から見える世界遺産の富士の雄姿です。
CIMG5475 (500x375)

CIMG5480 (375x500)

お楽しみの料理、生の好きな方にはたまりませんね。
途中、サーロジックの村田さんも合流して、宴会を開始しました。
CIMG5455 (500x375)

CIMG5459 (500x375)

食材の偽造事件により、品薄になっている伊勢海老ですが、値段も倍になっているようです。
CIMG5461 (500x375)

CIMG5466 (500x375)

朝食の品数も多く、昨晩の食べ過ぎがたたり、一善食べるのがやっとのありさまでした。
CIMG5479 (500x375)

これで、今年も忘年会はあと1回で最後です。

| お店紹介 | 21:05 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

友人たちとの飲み会

昨日は、友人たちの飲み会のために東京まで行っていました。
年に2回のペースで会っている友人と30数年ぶりに再会する友人との出会いを楽しみにしていました。

有楽町での待ち合わせ時間まで、少し時間があったので秋葉原までスピーカー関連の部材を仕入れに行ってから待ち合わせ場所に向かいました。
三島の田舎者は、場所を間違がえて迷子に・・・・・これには参りました。
都内に住んでいる友人たちには普通の事が、田舎者は分からい良い例でした。(笑)

秋葉原
CIMG5128 (375x500)

無事に友人たと再会を果たし、歩くこと数分、ガス灯通りに目的のお店はありました。
CIMG5129 (500x375)


この店での楽しい一時は、あっという間に過ぎてその後、2軒ほど梯子をして気が付いたら下北沢のカプセルホテルで朝を迎えていました。(汗)
一睡もしないで、そのまま茨城でのイベント参加した友人も無事に帰ってきただろうか?
都内に住む、友人たちに大変お世話になった一日で、感謝しきれない気持ちで一杯となっています。

| お店紹介 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山越木工房さん襲撃

山越木工房の山越さんは、形成合板で作るスピーカーの箱が有名です。
合板を型に合わせて作るRの形状のバーチ合板で組み上げたスピーカーに有名なブーツがあります。
山越さんを初めてお目にかけたのは、10年以上前のミューズの方舟の自作スピーカーコンテストの時でした。
この時、僕も初めて清水の舞台から飛び降りる覚悟で同コンテストに参加をしています。
このコンテストが、きっかけとなり他のコンテストへの参加を開始するようになりました。

個人的な話ですが、長岡式スピーカーから落第を始めた時期でもありましたが、エントリーしたアイアンハーフは、四角い箱にR加工をした程度のレベルの箱で、今考えるとなんて無謀な挑戦をしたものかと恥ずかしい気持ちになります。
そんな中で、凄い木工技術のスピーカーがエントリーされていました。
それが、山越さんの出品作のブーツでした。
この時に、自作スピーカーも木工技術、デザイン性が伴わなければならいと強く感じ、自己の木工技術の向上に励み、自分の自作スピーカーの色が決まったように思います。


栃木県日光市まで、わが家から約300kmほど離れています。
何か用事がなければ、おいそれとお伺いが出来る距離でありませんが、今回、運よく訪問することが出来ました。

日光市の山間の温泉で有名な鬼怒川温泉街を通り抜け、数分自動車で走ると山越木工房さんに着きます。
広い敷地に、どこに車を止めたらよいやら、どちらへ尋ねたらよいやらと、キョロキョロとしていたら、山越さんが声を掛けてくれて助かりました。

1_2013091321212949f.jpg
オーディルーム(ゲストハウス)は、この建物の2階になります。

2_20130913231014818.jpg

3_20130913212534c41.jpg
このサイズで、量感のある中低域は立派です。
注文殺到の状況も頷けます。

4_20130913212538808.jpg
こちらのスピーカーも、このサイズから考えられないくらいのスケール感があります。
サブウーファー追加で、大型スピーカーに肉薄をするかもしれませんね。

5_20130913212543f74.jpg
部材を用意できても、組み上げる自信は無いレベルの商品ですね。
特殊な道具が道具が必要かと思います。

6_2013091323164502c.jpg

7_2013091323164782b.jpg

8_201309132316493fe.jpg

山越木工房さんには、突然の襲撃にも関わらず歓待をしていただき、ありがとうございました。

| お店紹介 | 21:46 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

雲見・いなばや旅館のリピーター!

3月の末に、妻と妻の友達と3人で宿泊した西伊豆の雲見の“いなばや旅館”ですが、料理の美味さに大満喫をした時間を過ごしていました。
今回は、友人の快気祝いでの利用となりました。
東京の友人が、昼過ぎに我が家を訪れて一緒に雲見に向かう。
国道136号線を、南下すること1時間30分でいなばや旅館に到着。
CIMG3638 (500x375)

テレビドラマのとんびでおなじみの風景。
CIMG3547 (375x500)

温泉に浸かり、汗を流してロービーで生ビールを飲みだしました。
風呂上がりのビールは、格別です。中ジョッキが一気に喉を過ぎ胃袋に収まってしまった。
雑談していると時間の経つのも早く、6時の宴会開始の時間に・・・・・

慣れているはずなのに出された料理の豪華さに、思わず息を呑む。
珍しい巨大な鯒の刺身は、地の人でもめったに口に出来るものではないです。感謝!感謝!です。
中央に、ブダイの煮つけ、個人別の料理の両翼は、磯料理の大様の伊勢海老とアワビ、涎が止まりませんね。
CIMG3619 (500x375)

たまりませんね。伊勢海老の刺身の美味しさは、頭は翌日の味噌汁の具になりますが、この味噌汁の美味しいこと
言葉にできません。
CIMG3611 (500x375)

品数の多い朝食。飲み過ぎでせっかくの料理の完全喫食ならず・・・・残念。
CIMG3684 (500x375)

帰路の伊豆西海岸の景色

雲見から石部に向かう途中の景色。
CIMG3700 (500x375)

車窓からの岩地
CIMG3702 (500x375)

土肥から戸田に向かう途中。
CIMG3705 (500x375)

戸田港
CIMG3711 (500x375)

井田
CIMG3715 (500x375)

大瀬崎
CIMG3728 (500x375)


土肥から井田にかけて観光名所の整備をされていて、景色の良いところには必ず絶景スポット用パーキングがあります。

| お店紹介 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トンビのロケ地、雲見で山海の珍味を味わう

関ジャニが面白くて、ブログの更新が出来ないでいました。

昨日から、本日に掛けて西伊豆の雲見に行っていました。
一昨年、末息子の巣立ちの記念に“いなばや旅館”に家族で訪れてから、今年で3回目の訪問となっています。
女将が同級生なので、久しぶりに顔を見たいとの同窓会の延長の気持ちでの訪問でしたが、料理の美味さと接客の良さで、いつの間にかリピーターになってしまったようです。

http://www.inabaya.net/

駐車場から歩くこと2分足らず、今年もまた来ました。
昨年は、長女夫婦、次女、嫁と5人での訪問計画でしたが、当日長女夫婦がインフルエンザで欠席3人での訪問となっていました。
今年は、子供たちの参加は無く、妻の友達との3人での訪問でした。
2_20130330195340.jpg

1年ぶりの看板も懐かしい。
3_20130330195437.jpg

この路地を下りて行くとトンビの居酒屋さんの場所に出ます。
4_20130330195449.jpg

夕なぎさん、本当は民宿で暖簾をくぐってもそこには飲屋さんはありません。
5_20130330195452.jpg

町内の何か所で、トンビのロケの様子を写真掲示していました。
CIMG2862 (500x375)

旅館からの雲見の家並み、殆どの家が民宿か旅館です。
13_20130330200247.jpg

漁港から見た旅館・・・・部屋の電気を消し忘れている。(汗)
CIMG2892 (500x375)

山頂に浅間神社のある烏帽子山。
階段で山頂の展望台まで行けますが、心臓破りの階段を上りきるには相当な体力が必要になります。
CIMG2899 (375x500)

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11_20130330201343.jpg

12_20130330201345.jpg

食べ過ぎました。飲みすぎました。血糖値が上がりました。
20日にも、また飲み会が・・・・・それも、泊りで・・・(汗)

桜も散らずに残っていましたが、生憎の曇り空に花弁の色が映えないですね。
1_20130330202649.jpg

CIMG2847 (500x375)

| お店紹介 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トゥルネラパージュ

浜松への出張の時に行ってみたいと思いつつも、一度も行ったことのないジャズ喫茶のアバンギャルドで有名な浜松駅近くの珈琲・紅茶専門店トゥルネラパージュ。http://tournezlapage.jp/avantgarde/index.html
理由は、出張先に近いビジネスホテルにどうしても泊まっているため、浜松駅付近まで行く機会が無かったためでした。
昨晩、やっと浜松に在住している息子と時間の都合がついたので、駅北付近の居酒屋で飲むことが出来ました。
酒に弱い息子との飲み時間は短く、時間的に少し余裕が出来たので息子の案内でトゥルネラパージュに行ってまいりました。

綺麗な開放的で広い店内に入ると一段下がったところに鎮座しているフル装備のアバンギャルドの雄姿に圧倒されます。(残念な事にカメラを忘れて写真は一枚もありません。)

音は、ホーン特有の音の印象はなく、ごく自然に耳に音楽が入ってくる。
中高音のホーンの音と低音との違和感もない。
きっと、何時間も聴いていてもこの音なら眠気など出ないでしょう。

店のスタッフの方の雰囲気も良く、特にお姉さんの自然に出る笑顔も素敵で、また気軽に行きたくなるような雰囲気のお店でした。
コーヒーは800円と少し高い印象はありますが、3杯ほどの量のポットで出てきますで割安感はあります。
メニューにどら焼きがあったので、どら焼きもコーヒーと一緒に頼んで短時間ですが、幸せな気分を満喫しました。
オーディオに興味のない息子も流石に綺麗な店内や雰囲気が気に入ったようで、また来たいと言ってました。
浜松へ出張の際は、息子を誘い幸せな気分を、また味わいに行こうかと思います。

| お店紹介 | 00:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家族団欒

昨日から本日まで、昨年同様に西伊豆の雲見の網元旅館“いなばやさん"http://www.inabaya.net/にご厄介になっていました。
なんたって、地元で取れた新鮮な魚介類のおいしいこと、一度食べると癖になります。
当初は、長女夫婦と次女と妻の5人での予定でしたが、長女夫婦が生憎!突然のインフルエンザにかかり、キャンセル・・・次女と夫婦の3人での宿泊となりましたが、出席できなかった娘達の分まで料理を堪能することができました。
近い内にまた、長女夫婦を誘い家族全員でご厄介になろうかと計画をしています。

動画は、旅館の部屋からの景色です。
海からそそり立つ富士の雄姿は、日本一の富士のふさわしいロケーションです。
この富士を見ながら、極上の料理に一杯は至福の一時でした。
本家本元のいなばやさんのHPを真似ての動画でしたが、本家本元の動画にはとても敵いませんね。

[広告 ] VPS


この料理で、ビールが進まない理由は浮かびません。
生ビールの注文は、2杯ずつ・・・・薄氷のはった生ビールを一気に飲み干す。
実に美味いし、肴も旨い。
画像 3183

アワビのステーキ・・・・・生きたまま火あぶりに・・・・
動きが止まったら、バターをアワビに載せて蓋をすればアワビのステーキの出来上がりです。
女性軍には、大人気の料理となったようです。

[広告 ] VPS


変わらぬサービスに、また今年もありがとうの言葉自然と出た“いなばや旅館さん”でした。
http://kenbe.blog68.fc2.com/blog-entry-1470.html

| お店紹介 | 17:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早朝より、西ん風さんちの音質調整と試聴。

画像 254
早朝、西ん風さんの開店2時間前のAM8:00にサブウーハーの調整で訊ねて来ました。
実は、先週スピーカーを入れ替えた際に感じていた低音に若干の違和感が気になっていたので、どうしても早めに改善をしたいと考えていました。
読み通りで、気になっていたローパスの部分を改善したら納得の行く音になってくれました。

そこで、気を良くしてお決まりの曲を録画?録音してきましたが・・・・果たして感想は如何にですね。(汗)

ベースのゴリゴリ感が出れば幸いです。

[広告 ] VPS


お決まりのホテル・カリフォルニア。

[広告 ] VPS

| お店紹介 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

純喫茶“西ん風さん”のSPシステム交換♪~

起床して外を見ると天気予報通りに、空は鉛色にポツポツと弱い雨が降っていました。
今日は、母親の入所している特別養護老人ホームの草刈の日でしたが、雨天なら中止との案内文に明記されていました。
本来なら遠方のこともあり微妙な天気に欠席を決め込むつもりでしたが、西ん風さんのSPシステムの入れ替えがありましたので、早朝より松崎町に向かいました。
三島の家を6時30分に出発して松崎に7時50分に到着すると、雨が降っていない・・・(汗)
内心、雨天で中止になるのではと・・・甘い考えをしていました。
念のために老人ホームに立ち寄り、担当の方に訊ねると『本日の草刈は予定通りに実施します』と一言・・・(大汗)
実家に立ち寄り、草払い機と熊手を両手に抱えて、ホームへ集合!
そこで、西ん風さんに声を掛けられ暫し、雑談の開始です。


9月に訪問した時の西ん風
http://kenbe.blog68.fc2.com/blog-date-20110910.html

画像 2402


草刈を無事に終え、本日の本来の目的のSPシステムの入れ替えを午後から開始しました。
先週のオーディオ合宿の時に、塗装のために箱は手渡していましたので、塗装の確認を楽しみしていました。
塗料はオスモのエキストラクリアーを下地にして、クリアーで仕上げていました。

化粧材はメルクシパインを使用していたので、クリアー仕上げでは木目が出ないのではないかと懸念していましたが、それは杞憂に終わりました。
写真でも、お分かりになる通り、綺麗な木目がハッキリ浮かび上がっています。
経年とともに、色はだんだん濃くなりますので一年後の変化が楽しみですね。
画像 221

昨日、西ん風さんは単独でDCアンプマニアさんのお宅に襲撃に出かけていました。
そして、その時にお土産がありました。
DCアンプマニアさんの手作りプリアンプをゲットしてきたようです。
ボリュームだけと至ってシンプルな作りですが、このシンプルさが良いのでしょうか?
音のグレードが数ランク上がった。・・・・・DCアンプ・・・流石です。
画像 219

山椒は小粒でピリリと辛い・・・・図体は小粒ですが、図体のでかいパワーアンプを2台従えています。
P610がフルレンジを担当、ヤマハのPAがウーハー担当。
画像 224

お店のレイアウトが優先ですので、スピーカーのセッティングの範囲はおのずと狭くなります。
スピーカーとの間にある皮製品は、手作り商品で販売もされています。
画像 215

メインの座を、その箱の大きさで追われた紅桜のBH。
画像 228

お土産に頂いた地物のサザエ・・・ありがとうございました。♪~
画像 226

機器類の配線を完了して適当な調整で聴いた感想は、土台の低域の質とレンジが広がったため、BHと比べると音の傾向は変わりました。
部屋の特性も手伝ってか?数段上のシステムの音に変貌をしています。
今後、スパイス程度にツイーターを追加すると、より一掃の質の向上が望めるのではないかと思います。

| お店紹介 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT