ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

引っ越し手伝い

CIMG9691.jpg

息子の引っ越し手伝いで浜松まで移動しています。
日曜日の約束でしたが、天候が不順のため本日の移動となりました。
土曜日の早朝で少しは空いているのかと期待をしていた東駿河湾道路でしたが、家から出て数キロのところで渋滞に嵌まる。
出鼻をくじかれた心境です。

CIMG9696.jpg

トイレタイムで由比のパーキングエリアに立ち寄る。
このパーキングエリアの規模は小さく、トイレと展望台と小さな駐車場があるのみ、海に面していますので津波が来たら、この世からさらばです。
早朝だというのに写真が霞んでいるのは、花粉が大量に発生してるのだろうか?

この後、一路、浜松まで向かい引っ越しが完了したらころ、辺りは暗くなっていました。

| 風景 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

馬ロック(黄金崎)

CIMG1351.jpg

以前、紹介したことがありますが、西伊豆の黄金崎です。
母親の眼科通院のために西伊豆まで行きましたが、少し早めに着いたためにテレビで紹介をされていた馬ロックを確認してきました。
今迄、全く気が付いていませんでしたが、岬の岩が馬に見えるのです。
心理学のテストみたいですが、馬に見えたでしょうか?




CIMG1368.jpg


CIMG1365.jpg

| 風景 | 20:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと西伊豆まで

CIMG7563.jpg

次女、長男と長男の車で西伊豆までドライブに行ってきました。
といっても墓参りと母親の様子伺いでのドライブでしたが・・・

途中、西伊豆町の田子の食堂に立ち寄り帰宅のトンボ帰りのドライブでした。

12345.jpg
帰路の途中、伊豆の国市の大仁付近から城山を見ると、微かにロッククライミングをしている方の姿が確認できました。
カメラのズームを一杯にして撮りましたのでフォーカスが甘いですね。

CIMG7574.jpg

下からピンクの服の方、上にブルー色の方、その上にもう一人登っています。
高所恐怖所の身としては頭の下がるばかりです。

| 風景 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

写真では表現できない富士の迫力

CIMG5661.jpg
1707年12月16日誕生の宝永山のアップ写真です。
肉眼ではアップしなくても、この画像より大きく感じます。

CIMG5681.jpg
火口も同様で、肉眼ではもっと大きく感じます。
見慣れている富士ですが、近くで見る富士は迫力が違います。

たとえ高級な一眼レフでも同様かと思います。
カメラもオーディオも同じようなことが言えるのではないのかと考えされています。




| 風景 | 05:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初冠雪

DSC_0001_201510120920198fd.jpg

富士の初冠雪です。
ブログ更新も滞り気味ですが、もう少し時間が出来たら行動を開始したいと思います。
しかし、溜まる箱をどうしようか?
ヤフオクにでも出そうか?と迷うところです。

| 風景 | 09:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の富士

DSC_0006.jpg

残雪の確認が出来ません。
きっと温暖化の影響でしょうね。

| 風景 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2度目の天橋立

CIMG3221 (530x398)

CIMG3236 (530x398)
僕は2度目になりますが、妻は初めての訪問でした。
妻は、鳥取砂丘の方が感動があったようです。

また、妻が訪問していない場所を探して、小旅行したいと思います。

| 風景 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プチ登山?

CIMG3143.jpg
今朝、5時頃の神鍋山です。
道を間違えて、山の裏側のゲレンデまで歩いてきてしまいました。
斜度が、そこそこあるので、少し登山?を迷いましたが、箱根の某ゴルフコースの斜度と比べれば軽いと判断して登山を開始。
考えが甘かった。
まず、靴がノーマルの靴である。芝生が滑って仕方ない。
一歩ずつ足を前に出せば、いつか着くの考えで登っていましたが、さすがに、きつい。

CIMG3160.jpg
スキー場の斜度です。
ほぼ、一直線に登っていました。
途中、一息入れると・・・・ご来光が見えます。
CIMG3149.jpg

CIMG3181.jpg
頂上に到着するも、眼前に飛び込んできた赤い車・・・・・車でこれたの??
力が抜けます。

CIMG3172.jpg
山頂に咲いていた花を見て、心が和み活力が湧いてきました。

CIMG3175.jpg
写真では、そのスケール感は出ませんが、息をのむほど綺麗なすり鉢です。
歩いて登って、損はなしです。

CIMG3186.jpg
ちゃんとした道があったのですね。
ゲレンデを登ってきた僕は・・・何だったのでしょう。(汗)
約一時間の散歩に、妻は少しは僕の運動になったと喜んでいました。

これから、天橋立方面に向かう予定です。
天気も良さそうです。

| 風景 | 07:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥取から神鍋高原(民宿陽喜さん)、神鍋山

CIMG3095.jpg

CIMG3061.jpg
オアシス・・・・近くに行くと水が湧いているのが確認できました。

昨日は、妻と取鳥砂丘経由で神鍋高原の陽喜さんに1泊しました。
目的地の、鳥取砂丘まで7時間30分、途中、3度ほどの渋滞に嵌りましたが、無事に到着をしました。
走行距離は、620kmほど走りましたが、さほど、遠くまで来たというイメージはありません。

CIMG3098.jpg
見た目より斜度が大きくて、上るのも大変でしたが降りるのもまた、一苦労しました。

CIMG3110.jpg
愛車の姿を見て一安心、汗が滝のように流れ落ちています。
これで、少しは・・・痩せたかな??

そして、一路、神鍋高原を目指します。
CIMG3120.jpg
約、1時間ほどの道のりで到着。

CIMG3122.jpg

CIMG3125.jpg
夜は、かみさんを部屋に放置して、お決まりの酒盛りタイム。(汗)
顔なじみと飲む酒は格別です。
そして、翌日へ

| 風景 | 06:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風後の富士

2015_0513_062829-CIMG2321 (530x398)

今朝の自室から撮った富士です。
雨上がりの富士は、近くに見えます。

世界遺産候補の韮山反射炉も自宅から車で、10分ほどのとろこにあります。

| 風景 | 06:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

只今、山形県から群馬県太田市

CIMG1661.jpg
山形県天童市の桜は満開

CIMG1668.jpg
福島県国見パーキングエリア

只今、群馬県太田市ルートインより書き込みをしています。

鈴木さんブログで取り上げているBHBSの記事が更新されていました。
そのうちに、BHBSのシュミレーションができるかもしれませんね。

http://mcap.exblog.jp/

| 風景 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

只今、仙台市

CIMG1653.jpg
震災の爪痕も分からないほど、復興が進んでいました。
それにしても、平日だというのにサファーが多いこと・・・・・・

| 風景 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

只今、福島県

福島県郡山市にいます。
CIMG1644.jpg

これから、宮城へ

鈴木さんのブログでBHBSの動作を紹介しています。
http://mcap.exblog.jp/21137375/

| 風景 | 06:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今晩はカメラ小僧

夕方は歯科通院で痛い思いをしながら、歯科医院の駐車場から東の空を見たら、お月様が綺麗に見えています。
明日は、天気が悪いので通常は靄がかかったような月になるのですが、不思議と綺麗に見えています。
一眼レフの出番と思い、早速!自室から屋上に出て月を撮る準備をする。
レンズは300mmを使用、これ以上大きなレンズの持ち合わせがない。
カメラに関しては全くの素人、三脚をしなかったらぶれることぶれること、とてもシャッターを押すことができません。
録音で使用している三脚を持ち出して、何とか撮影を開始する。
カメラについている色々な撮影パターンを切り替えながらの撮影となる。

DSC_0020 (520x346)
300mmでは、ここまでが限界でした。
300mm通して近くを見ることは、かないませんが遠くのものを見るのは、自分の目の方が大きく見えるから不思議ですね。


DSC_0020 (520x350)
上の写真を月の大きさに合わせて切り取ると、自然にアップした状態になりますが、フォーカスが甘くなりますね。
今の腕で、これ以上、上手に撮るには天体望遠鏡でも持ってこないと無理ですね。

| 風景 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

華厳の滝

オーディオネタではありませんが、冬の日光へ行って参りました。
路肩に残る雪を横目に、曲がりくねった道のいろは坂を上り詰めると、中禅寺湖脇の三叉路に出ます。

写真は、男体山と中禅寺湖
CIMG0543.jpg

三叉路を左にハンドルを切ると華厳の滝の駐車場が右側にあり、吸い込まれるように駐車場にハンドルを切りました。
華厳の滝は初めて訪れる地です。
駐車場から徒歩5分程度で華厳の滝の土産物店に着きます。
土産物店を過ぎると、眼下に渓谷が見え始め、展望台へと足が自然と向きました。
展望台から見る眺めは壮大で、圧倒されるばかりでしたが、展望台の手すり越しに下を見ると・・・・・・膝が音を立て始めました。
スカイツリーの眩暈のする高さとは違い、思わず吸い込まれるような恐怖感があります。

展望台上
この写真は、上の展望台から撮ったものです。
落差97m幅7m、現在はほとんどないそうですが、自殺の名所だったそうです。

専用のエレベータが有料であったので、早速!エレベーターで滝壺方面へ向かう。
CIMG0501.jpg
シーズンオフかタイミングが良かったのか?この大きなエレベーターに客は僕のみ。

CIMG0539.jpg
岩盤を刳り貫いたエレベーターに1分ほど乗ると100m下に到着です。
エレベーターを出ると長く白く異様さ(悪寒)を感じる通路が続きます。
通路は、右に折れて展望台へと続きます。
そして、悪寒の原因が・・・・・決して霊感は強くないのですが・・・・・・

CIMG0504.jpg
・・・・・・・横に観音像?手を合わせたのは言うまでもない。

234.jpg
興味本位に何か写らないかと滝壺をズームしてみましたが、期待に反して特に何も写っていません。

展望台下
下の展望台からの景色ですが、壮大です。
伊豆の出身者としては、景色を見て驚くことはほとんどないのですが、この滝は別です。
日本にこんなところがあったのかと、ただ、自然のスケール感に圧倒されるばかりでした。



| 風景 | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神鍋高原は ”雪”

今年の2月以来、身近に雪を見ました。
窓を透して入ってくる光が、鉛色の空に比べると異常に明るく見えましたので外を確認したところ、積雪です。
CIMG9694.jpg


参りました、積雪は総て外だったので車のタイヤはノーマルのままです。(大汗)

CIMG9675.jpg

今のところ、道路にはありません。
これ以上の積雪は、ご勘弁願いたいところです。

| 風景 | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきた朝の風景

CIMG7590 (500x375)
自室からの富士です。
いつも、目障りなはずの電線3本が不思議と落ち着きます。

| 風景 | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州訪問最終日 別府~三島

本日で、九州とお別れをします。
短い様で長い訪問でした。
台風の影響で雨、また雨・・・・・

眼下に見える町は湯布院
CIMG7337 (500x375)

CIMG7347 (500x375)

広島市付近
CIMG7360 (500x375)

福山付近
CIMG7378 (500x375)

| 風景 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州訪問4日目

九州の地に来て4日が経ちました。
鹿児島のホテルを後にして、一路、宮崎市に向かいました。
仕事も、順調に推移していましたので、宮崎で一泊の予定を変更して大分へ向かうことにしました。
大分は、津久見市での一泊、明日は、別府市で一泊の予定です。

生憎の雨ですが、ホテルの部屋から見える津久見の風景です。
CIMG7316.jpg

| 風景 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州訪問3日目 鹿児島

九州の地を踏んで、3日が経ちました。
今日は、熊本を後に鹿児島に入り、鹿児島のホテルから、書き込んでいます。

相変わらずの猛暑の影響か?ガスが多く、鹿児島のシンボルの桜島も霞んで見えます。

桜島の勇姿ですが、富士山を見慣れているせいか?想像していた大きさより小さく感じました。
CIMG7297.jpg

| 風景 | 20:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT