ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

懐かしのLP盤・杏 真理子・

20070129204947.jpg


懐かしの30年以上前のLP、
味のある歌声、古い録音に雰囲気たっぷりの鉄板エコーの響き
たまらないアナログソフトである。


20070129204935.jpg


アナログ!?・・・心揺らぐ1枚です。

| 管理人の独断と偏見のお勧めソフト | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EVAさん宅・襲撃(ハイエンド・アナログ試聴)

20070128184204.jpg


本日、近隣のオーディオ仲間のEVAさん宅にサンテクニカさん同行で襲撃をしてきました。
先に紹介したリンのLP12のフル装備のアナログプレーヤーを幸運にも聴く事ができました。
過去にCDでの音は何度も聴いて降りましたので、果たしてアナログプレーヤーでどんな鳴り方をするのか?気になって仕方がありませんでした。
ドキドキで拝聴!
試聴の第一印象としては、CDを超えているのではと感じました。
アイガーさん宅での衝撃が、また再び思い起こされる事になりました。
当初、聴いたソフトは、最近の録音のソフトでの試聴となりました。
感想としてCDの解像度に、力強さに透明感、ボーカルの艶などなどとCDの時の音を超えていた。
実は音を聴くまでは偏見でハイエンドアナログプレーヤーを導入したところで、短期間で良い音は望めないではと多寡を括っておりましたが、まさかこんな短期間でここまでのレベルの音になっていたは、驚かされました。
これも、日頃からのEVAさんのルームチューン・各機器の調整・電源のなせる技で管理人が、(絶対ないと思うが)同じ物を導入してもまずここまでの調整・音作りは不可能であろう。
幸運にのもアイガーさんに続きEVAさんとハイエンドアナログの音を聴いてしまうと、俺も!アナログを・・・・と考えさせられましたが、ソフトの管理に自身が無く、思いとどまることにしました。
近い将来は?
EVAさん本日はありがとうございました。
20070128184216.jpg

| 愛好家宅訪問記 | 19:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

850リバーシー・インピーダンス特性

Reversy850_IMP.jpg



中箱時の特性です。
やはり、BHよりダブルバスレフ寄りの特性ですね。
特に今回は、ユニットの特性を考慮して折り返しは1回のみ。
この辺が特性に影響をしているのかな?
良いのやら悪いのやら、やはりご自身の耳が一番か?
バックロードバスレフは効率の良いダブルバスレフ?????
作って音を出すまでは、推測・憶測の世界!
SPボックス完成後の初音出しは、何回体験しても刺激的であり至高の一時です。
これだから、自作SPはやめられない。(笑)

★調整は殆どなし!これからのnkさんの追い込みが楽しみである。

| 自作スピーカー | 20:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nkさん依頼の850リバーシー引渡し完了

引渡し完了。
自室で10時30分ごろより試聴を開始、エージングが進んでいるためか、情報量が激変していた。      
88ES-Rと能率の違いこそあれ遜色はない。
しかし、管理人のMG850はショボイままである。(汗)
と自室での音を覚えた状態で午後より場所をnk邸に移し、試聴を開始しました。
予想通りに部屋の違いが顕著に現れ、音の広がりと低域に差が出る結果となりました。
自室では部屋の特性で40Hz付近のレベルが低い、逆にnkさんの部屋では80Hz付近のレベルが低い。
双方の部屋を合わせて2で割ってやるとちょうど良いかな?(笑)
いずれにしても、部屋の違いは音に顕著に現れる。
これでは、30cm以内でマイクを設置して調整をしながら測定をしても、意味がなくなってしまいます。(笑)
今後の調整はnkさんにお願いする事にしました。
きっと、nkさんのことですから短期間で部屋に合わせた調整が完了する事と思います。
広い部屋は、やはり癖を隠してくれるようです。

モアと比べると小さく見えます。
この30畳近くある広大なキャバ・・・羨ましい限りである。
20070121154342.jpg


★低域の再生音はBHではなくダブルバスレフに近い、過去の中箱のインピーダンス特性はダブルバスレフそのものであった。

| 自作スピーカー | 15:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

850リバーシー完成!

寒さに負けながら、やっと完成をしました。
本日は、遠方よりFujikawa.sさんとn.kさんが試聴に来訪します。
化粧する前との音の違いは、歴然!・・・のはずですが?
果たして御寮人の感想は如何に!
楽しみである。

完成した。850リーバーシー
20070121103700.jpg


前面?

20070121103722.jpg


後面?
20070121103711.jpg


どちらでも好みで聴けるのがリバーシーの特徴でもあり、良さでもある。
費用でユニット代は約¥80,000-、リング¥26,000-、板代及び塗料他で¥20,000-  
計¥126,000-
人件費? ¥0-

人様のSPを依頼され制作したのは初めてであり、金額相応の音が出ているのか制作者としては、不安が残ります。
★基本的には、自分の趣味で楽しみたいので依頼のよる人様のSPは作ったことが無かった。

| 自作スピーカー | 10:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Nさん新春のビッグなお買い物

IMG_056.jpg


オーディオ仲間のNさんより、昨日、新規購入機器の拝聴のお誘いのメールが入りました。
新春早々ビックな購入をした模様です。
なんと、ハイエンド・アナログ・プレーヤー・・・これだけでフルシステムが揃ってしまう価格である。
誠におめでとうございます。
http://www18.ocn.ne.jp/~lzg5/LP12.html
リンのLP12
http://www.soundmac.jp/linn/linn-lp12.html
まさにハイエンド・・・・・うらやましい限りです。

昨年、アイガーさん宅のアナログを聴いてからアナログに返り咲きを決めていたようです。http://www.ne.jp/asahi/sound/eiger/
管理人もその時に、ご一緒をさせてもらい鮮烈な刺激を受けました。
家族と財力が許してくれるなら是非に!!ほしい、アナログもやってみたいと心底考えさせられたほどでした。
Nさん!nkさんのspが完成したら、サンテクニカさんと襲撃をしますのでよろしくお願いします。
早く3人の子供達が、巣立ってほしいものです。(笑)

| 自作スピーカー | 20:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nkさんの850リバーシー塗装開始2

お日様が顔を出し、暖かくなってきましたの昨日の続きをはじめました。

ラッカーを2度塗りして、ひたすら乾きを待つ・・・冬は何かにつけ工作向きの季節ではありませんね。
光の加減で黄色味がかって見えますが、もう少し白いです。
★化粧用の天板をもう一枚貼り付けようと考えておりましたが、意外に現状のままでも良いので、やめにしました。
20070114093343.jpg


肉眼ではこちらに近いのではと思います。
20070114093355.jpg

| 自作スピーカー | 09:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nkさんの850リバーシー塗装開始

まずは、下地にシーラーを塗りこみ板表面の円滑を出し、ニスを塗り易くする。
乾いたシーラーの表面を紙やすりでザラザラ感を取った様子
シーラーの削りカスで白っぽくなっていますが、仕上がりは右下方にあるベースの色に近くなる予想です。

20070113184340.jpg

| 自作スピーカー | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nkさんの850リバーシー化粧開始 その5

磨きに入りました。
使用工具は、サンダーのみ

こんな感じの仕上がりです。
20070113152659.jpg


粗切りの状態です。
20070113152629.jpg


2種類のサンダーを駆使して、ひたすら研磨
喘息になりそう!(笑)
20070113152640.jpg


前後の様子。
20070113152651.jpg


今回は、nkさんの希望で出来るだけ白くということですが、白のペンキを塗らない限り無理である。
クリアー仕上げのみとします。
乾きの早いラッカー系の塗料で仕上げます。
nkさん白で上塗りをする際は、間違ってもラッカー系以外の塗料は使用しないでくださいね。・・・・塗料にひび割れがはいります。
20070113152721.jpg


nkさん
SP端子の件ですが、明日でもお持ち願いますか?

| 自作スピーカー | 15:36 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懐かしのビートルズサウンド

                      ローコストの輸入盤
20070106105948.jpg


昨日は本日の予定の新年会の日時を間違えて時間をもてあまし、店頭でCDを物色中に懐かしいビートルズのソフトが目に入ってきた。
何を今更、新作発売かとおもむろに手に取り説明文を読み始めたところ、アレンジによる優秀録音に仕上がっているとの行が気になり、衝動的に購入をしてしまった。(汗)
元々ビートルズは好きで10代の頃は良く聴いていました。
期待はしていなかっただけに、視聴の当初は鮮烈な印象を受け、久々のウキウキ気分にさせられました。・・・システムの音が良くなった?と錯覚をした程でした。

自分の好きな曲は、録音がどうのこうの音がどうのこうの言う前に、既に好きであり気にならないでおりましたが、録音が良ければ尚更良い訳で、困ったことにこのソフトを聴いてからというもの過去のビートルズのソフトを聴く気になれない。

| 管理人の独断と偏見のお勧めソフト | 11:14 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nkさんの850リバーシー化粧開始 その4

面取りをしてみました。
これで大体のデザインが分かると思います。
粗切りの状態ですがサンダーで研磨すれば化けます。

20070104094527.jpg


前面?
20070104094452.jpg


後面?

20070104094506.jpg

| 自作スピーカー | 09:47 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nkさんの850リバーシー化粧開始 その3

nkさんのご希望通りにユニット取り付け部の補強
24mmもあれば十分でしょう?
20070103153956.jpg


ショートホーンの造形・・・・細かいごみは出るがトリマーで加工の方が楽ですね。
20070103154009.jpg


底板?ベースの加工・・・・磨きを掛ければOK!
20070103154018.jpg


側板を貼り付けている最中です。
側板をセットして多少乾くまでは、そのままにしておく・・・・旗がねを使用の際のズレ防止である。
20070103154050.jpg


旗がねで本格的に接着中・・・・部屋の温度を下げないように注意します。
20070103154103.jpg


nkさんこんな感じですが、分かりましたか?

| 自作スピーカー | 15:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

nkさんの850リバーシー化粧開始 その2

実家から帰ってきました。
nkさんの気持ちを考えて早速!
nkさんのSPの制作を開始しました。
まだ、一部未加工の部分があり、その部分からの加工に入りました。


バスレフの開口部をトリマーを使いR加工として風きり音を対策する。
20070103122839.jpg


トリマーをR加工用から45°斜めカット用に変更をする。
ショートホーンの制作は、ジグソーでの斜めカットで行っておりましましたが、実験的に45°斜めカット用のビットで削り込みました。
20070103123007.jpg


少しづつ刃を出しながら削っていくのがコツで、一気にやると切れ味が甘くなり切り口がザラザラとなります。
酷いときには、板が割れてしまいますので神経を使う作業の一つです。
20070103122855.jpg


深めに45°カットをした様子。
20070103122915.jpg


削り残しの部分は、ホビールーターで造形をしながら削り取る。
20070103122952.jpg


天板を貼っている様子。
20070103122820.jpg


ダクトを取り付けている様子。
20070103122831.jpg

| 自作スピーカー | 12:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |