ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ダンボールパネル制作

部屋の低域の処理を、もう少ししてみたいと考えた結果。
過去に段ボール箱でクローゼット内のモワモワが消えた事を思い出し、 早速!制作?作ってました。
ダンボールでの吸音は過去に話題になり、賛否両論で最近は余り聞かなくなりましたが、果たして結果は如何に?
見た目は悪いですが、時間・コストは殆どかからない。
コストは? ガムテープ代位かな。

20070628204514.jpg


見た目が悪いのでLVパネルの後ろに隠すように設置しました。

20070628205116.jpg


効果は確認できますが、量がもう少し欲しい。
タペストリーの裏側に設置すれば効果が上がりそうな予感がしています。
このダンボールパネル!ダメなら廃品回収に協力できる優れもの。

| 自己流ルームチューン | 20:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラックからの共鳴音

前にブログにも書きましたが、ラックから共鳴音が聞こえてくる。
最近、音に対して欲求不満状態、迷いに迷いまくっていました。(笑)
ある日、突然!!音に不満が大爆発!
ネットワークを変えたり、ウーハーを外してみたり、セッティング変えてみたり、低域再生方式変えてみたりと色々とやってみましたが一向に改善が見られない。
日曜日にKO球さんが訪問されたおり、“話す声が太いですよ”とポツリ・・・・・太い声でピ~ンと来たのは、アンプを修理に出してから、欲求不満に陥ったように感じられた。
ラックからホールトーン?もどきで増幅された低域がリスナーを直撃をしていたようです。
試しに石パネルでラックを塞いで、KO球さんに確認をお願いしたところ見事に解消しました。
高効率の部屋では、何かを変えるだけで音が変わってしまいます。
本日、試しにウーハーを鳴らしてみたところ、病的な低域は解消されていた。
これで、また元へ戻れどれそうな予感がしてきました。
完全遮音の部屋は、調整がSPの調整上に難しいとしみじみ感じた次第でした。

こんな小さな空間がなぜ?悪さをするのか・・・・・?
擬似コーナーになり、その音がリスナーに近いため顕著に音質劣化を感じさせているのか?
20070626212256.jpg


石パネルで塞ぐと解消してしまう・・・・?
20070626212244.jpg


最後はリスナーが音質劣化の原因なんてことにならないように心掛けねば何のための趣味か分からなくなりますね。(笑)

| 自己流ルームチューン | 21:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安心感=好きな音

聴き慣れた音は、お袋の味のようなもので高級レストランのそれとは違い食材、味付け雰囲気は到底足元にも及びませんが、フルレンジで育った管理人としてはフルレンジの音を聴くと安心をしてしまう。

コンテスト用に調整したFF85K用の初代リバーシーにFE88ESRをセットしてみました。
自室で、コンテスト用の調整は低域を過多気味にしています。
ですから、FE88ESRで丁度よいかな?と安直な考えで実施してみました。
来月には、再度KO球さんが遊びに着ますので感想が楽しみです。

3年経年した赤松集成材の響きが心地よい。
塗装材はオスモ・・・当時は、板代より高額であった。
20070624165908.jpg

裏側は、エージングの済んでいないユニット・・情報量は少なく、硬さだけが目立つ・・・いつになったらフロントになるやら。
20070624165928.jpg


何とも寂しい風景ですが、音は・・・・?
20070624174359.jpg

| 自作スピーカー | 17:03 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“KENBE OWL”DB化

低域の改善で色々と試した結果、自分の好みがハッキリしました。
BHを主に制作しているときは、中高域に神経を注ぎバランスを確認しながら低域を決めていましたが、ハイエンドシステムを聴いてからと言うもの、音作りが低域重視になっていたようです。
原点に戻り、中高域に再度!神経を注ぐ事にしました。
今に始まった事ではないですが、良い音と好みとは若干違うのかな~と?また、また感じ始めています。
好みの低域は、弾んで芯の入った力強く押し出す音。
低域過多気味になる自室は、ウーハー+アンプの強引なドライブは飽和気味になるようで、下を欲張ると藪蛇に25Hzが大暴れ!
BHBSの時には、違和感なく低域が出ていたことも思い出され、再度“KENBE OWL”のDB化を目指しました。
BSでもそこそこの低域は得られると考えられますが、35Hzぎりぎりまで狙いたい!(藪から蛇の25Hzの大蛇が出て来そうで若干の恐怖)そんな考えでDB化にしました。
失敗しても、2,760円の損害・・・・パチンコでは20分?もつかどうかの金額ですので、遊びとして工作も出来、自作SPの醍醐味でSPの産声が聞こえる。遊びとしては安い!何より自作SPフェチとしては至上の喜びですね♪~

“KENBE OWL”下部の工作開始 

第2積層ダクト用の12mm厚構造用合板
板代高騰により、安い12mmになってしまった。時価1,380円/枚也
昨年夏より、550円/枚の値上がり!
お陰様で、大量の板の円切り作業が発生してしまった。(汗)
20070622191300.jpg


即、旗がねで抑え込むとズレが発生するため、ポンドで仮付けして乾く寸前に旗がねで一気に締め込む!
20070622191426.jpg


旗がねで締め込み乾くまで待つ
各板の厚みとサイズを大きくすれば積層SPが出来そうです。
20070622191439.jpg


箱内部の様子1
本来なら、第1ダクトと第2ダクトは離すのですが、第2ダクトが床近くに設置すると低域が盛り上がる恐れがあり、できる限り床面より高い位置を確保したかった。
20070622191502.jpg


箱内部の様子2
20070622191534.jpg


四角い箱が出来上がりました。
このままでは、見た目が悪いので音の確認をして良ければ化粧をします。
20070622191516.jpg


自己の感では行けると思い込んでいますが・・・・?
明日は、サンテクニカさんにお借りしていたアンプ類(3台)とデバイダーを返す日であり、サンテクカさんが訪問をします。
反応は如何に・・・・・?

| 自作スピーカー | 19:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステレオ誌7月号発売

楽しみにしていたステレオ誌7月号発売
早速!仕事終了と同時に書店に駆け込み探すが、見つからない。
店員の方に尋ねると、営業妨害か?他の雑誌の下になっていた。
一瞬!田舎の書店なので部数が少なく売り切れてしまったのかと焦ってしまいました。(笑)
20070619202049.jpg

今年は、なぜか?写真が綺麗に見える。
知った顔、コンテストで競い合った方がちらほらと・・・懐かしさがこみ上げました。
皆さん!元気に自作SPに情熱を注いでる様が伝わってきました。
紙面上で気が付いた事ですが、35名中6名の同県人の方が参加されていました。
静岡県は自作SPマニアが多い事に驚かさせられる。
僕の周りには、自作SPマニアは殆ど居ない。
面識のあるのは、山島さんのみと県内での自作派とは交流がなく
他県の方の方が多いのは、ネットの恩恵か?

次は、8月号が楽しみです。
知人が2名出場(分かっているだけ)
結果は、どうなる事やら?
楽しみは、尽きない♪~

| 自作スピーカー | 20:36 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

粗大ゴミエンドクラブ会員宅訪問

朝、9時20分頃に隣町の裾野市よりakagiさんが訪問されました。
短い時間でしたが実験段階の説明をして音の確認をしていただきました。
そして、一路粗大ゴミエンドクラブ初代会長のEVA邸へ向かいました。リンのアナログプレーヤーLP12が心地よい音を出していましたが、思わず!ここの地区の粗大ゴミの日は何時ですか聞いてしまった。(笑)
LP12を出す時には是非教えて下さいとお願いをする。(大爆笑)
セットで200万円のアナログプレーヤーを捨てる人もいるはずもなく、また、いつもの調子で会話が盛り上がりました。
そして時間の経つのも早く、12時より一路サンテクニカ邸へ向かう。
途中、バーベキュー用の餌と酒を買出ししてサンテクニカ邸に到着。
しかし、先に出たはずのサンテクカさんは到着せずなんと!!奥様が出迎えをしてくれました。
腹をすかしている4人でバーベキューの準備開始。

サンテクニカ邸は別荘地の中にあります。
敷地の横は緑色一色で、火熾しに必要な小枝や枯れ草はそこから調達。
20070617192210.jpg


火熾し講座
まずは、隣の野から調達した枯れた草木をセットする。
20070617191328.jpg


火付け・・・・akagiさんが熱心に火をつけている。
20070617191344.jpg


枯れた草木の上に炭を置き、炭が熾きるまでじっと我慢の子状態。
あ~ 腹減った~ 音楽どころではない。(笑)
20070617191411.jpg


監督のEVAさん! 左手に持っているのはスーパードライ!!
こちらにもビールを下さいな!!
しかし、EVAさん!お若い!! 髪の毛が沢山あり、真っ黒
LP12より羨ましい限りです。
20070617195645.jpg


餌・・・食材がやっと焼ける状態になりました。
焼けるまでの時間が、なぜか長く感じる。
20070617191510.jpg


粗大ゴミエンドクラブの面々
オーディオ談義に花を咲かせているが、なぜか?皆、自分が普通の人で他の人が普通でないと言っている。
管理人から見たら、管理人が普通で御三方とも十分に超オーディオマニアに見える。
JBLとアルテックの38㎝×4本と巨大ホーン×6本から奏でる美音はいつもの都はるみ?・・・・おいおい?マジ?・・・なぜか、落ち着く自分はなんだと自己問答・・・日本人だから演歌が好きなのか!!
20070617192152.jpg


各人肖像権?があるので顔は隠してありますが、
左からサンテクニカさん http://blogs.yahoo.co.jp/mgw_260rs/
中央はEVAさんhttp://www18.ocn.ne.jp/~lzg5/
右はakagiさん
http://www3.tokai.or.jp/one-drop/

と優劣がつけ難い面々です。

★サンテクニカさん、本日もまたお世話になりありがとうございました。

| 愛好家宅訪問記 | 19:49 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステレオ誌SPコンテスト1次予選の通知

恒例のステレオ誌SPコンテストの1次予選通過の連絡が届き始めているようです。
メール若しくは、電話連絡で通知しているようです。

今回の会場は、方舟ではなく音友社の試聴室に場所が変わったようで、いよいよ、方舟も・・・・・?

予選通過した方々のご健闘を心より期待しておりますのでステレオ誌8月号(7/19)の発売が楽しみです。


| 自作スピーカー | 23:12 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

箱内部の共振

試作箱
20070614193758.jpg

20㎝用の試作箱で箱内部の共振の状況を確認してみました。
この試作箱は、FE208SSの内部反射音の影響を防ぐ工夫はしてありますが、ダクトでの共振調整は成されておらず、単なる息抜き程度のスリット状の開口部があるのみです。実験にはもってこいとばかりOWLを試作箱のユニット取付部分に載せて確認をしてみました。

20070614193745.jpg


息抜き程度のダクトでダクトの共振は少ない。
20070614193734.jpg


全景
20070614193808.jpg


こんな30L弱の箱を追加しただけで、チューニングをしていないためFW208N1本と比べると最低域の再生こそ及ばないですが量感は、軽く上回ってしまった。
DBで正規に下箱を制作したなら、ローコストで違和感のない低域に恵まれる希望が出てきました。
何事も、試してみなければわかりませんね。
なぜか? wさん持ち込みのオフコースの曲が良く合う。・・・・若干の低域過多気味か?
上部の箱の容積は12L弱・下部は約30Lであり、DBとしては教科書通りの容積配分に偶然になっていました。

| 自作スピーカー | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自作予定

色々と自作をしたい事が、頭の中を過ぎる。
1.FW168HPのDB化若しくは再BHBS化
2.FW208NシングルBS若しくはDB化
3.SP後面壁の構築・・既存の壁とクリアランスを200mmほど取り、もう1壁を自作して、板振動による低域吸音と定在波対策をしたい。   
4.天井面の吊り格子パネル(計23枚)に低域吸音目的で9mm厚の板を貼り付ける。
5.FE88ES-Rのリバーシー化
6.MG850の音質追求

以上とやりたい事だらけですが、肝心の暇がない。
1.2.4.5.6は随時、なんとか暇を見つければ実現は可能ですが、3については、家族の了承を得ないと出来ないし、費用対応を考慮しなければならない。
次から次にやりたい事が発生して、楽しみが尽きない自作オーディオライフです。

| 自作スピーカー | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

簡易ネットワーク

パソコンを修理に出してから、不思議とパソコンに向かう事が減ってしまった。
新しい物好きな性が災いしているようで、新しいパソコンがないとやる気が?出ないようです。
土曜日は、隣県の愛知県蒲郡まで飲み会、昨日はグロッキー状態でシステムに火を入れないでいました。
2日間は、システムの音を聴いていない・・・・チャンスとばかり簡易ネットワークでお遊びをしました。
実は、マルチでおおよそのクロスは捕まえましたが、ネットワークでその通りにやると全く違う音になってしまい暫くは、途方にくれていました。
やはり・・・・・・原点に戻りました。
6dBクロスが耳に馴染みます。

簡易ネットワークの様子
グリーンのハイポラコンデンサーは、低域の12dB用のものでしたが足が折れ、やむなく6dBに変更・・・これが正解でした。
今までつながりが今一の状態がナチュナルになってきた。
20070611202923.jpg


各、部品の取り付けはロックタイで簡単に取り付けて終わり、これならカッターで簡単に切断は出来るし、固定も上々です。
アッテネーターは、フォスのR82B コイル0.5 コンデンサー5.6・・・と自己の好み
20070611202958.jpg


サブウーハー用のネットワーク8Ω約250Hz12dB/oct?で切れるはずですが、部屋の影響がどのように作用するか?
20070611202936.jpg

大いに被る。
デバイダーは、168HPの下を切り、ミッドにしている。
やはり、70~80Hz付近で切らなければダメかな?

| 自作スピーカー | 20:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セッティング

20070608210945.jpg

聴きやすい低域へとセッティングをしていたら、こんな不恰好な形になってしまった。
低域の量感の出る部屋では、ウーハーが床に近いほど教科書通りに低域が持ち上がります。
教科書通りにウーハーを床より離してみたところ、量感は減りスッキリしてきました。
今までの軌跡を振り返ると、小口径のBHをリファレンスにしていた時のセッティングは、自然とこの形になっていました。
ブログ名をローエンド自作スピーカーに変更して、また小口径のBHに走ろうかと迷い悩んでいる始末。
もっとも変えなくても、やっていることはローエンドそのものですが・・・(笑)

| 自作スピーカー | 21:22 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

掃除

一昨日にLvパネルの裏に隠してあったSPを片付けましたが、まだ隠れいる石パネルや吸音材がありました。
今日か明日か?サンテクニカさんに譲る石パネルを出す事にしました。

Lvパネルの裏
20070602103527.jpg


出てきたゴミ?・・・いえいえ吸音材です。
こんなに入れた覚えはないのですが、SP制作の際に使用して余った吸音材をゴミ箱代わりにLvパネルの裏に捨てていたものが塵も積もればの状態になっていたようです。
20070602103538.jpg


出てきたゴミ?・・・いえいえ石パネル達です。
20070602104822.jpg


部屋の全景・・足の踏み場もない。
20070602103514.jpg


懐かしのタペストリー・・・・吸音は悪とばかりに取り外されたていた物を再度取り付けて音の確認をしてみました。
やはり、高域は大人しくなるようですが、出すぎの自室には丁度良いかな? ここでも好みの分かれる音作りですね。
簾がいつでも下げれる状態ですので、飽きたら下げます。
20070602103501.jpg

| 自作スピーカー | 10:42 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |