ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新作SP手直し

今週の土日も仕事で休日の返上、そこで本日休みを取らせていただきました。
趣味は、オーディオ関係以外に特に無いので新作SPの手直しをする事にしました。
(嫁も出かけているので昼間は天下)
手直しの部位は、コーナー部の削りすぎによる中箱の合板面が出てしまい紅桜との色の違いが出てしまったこと。

塗料の上から色合わせようのステインが乗らないので塗料をサンダーで削り落とす作業から入りましたところ、問題がまた発せしました。
合板に隙間を発見!穴埋め作業が出来てしまった。

紅桜の端材から楔を作り合板の穴へボンドを付け差し込んでいます。
画像 3247


≫ Read More

| 自作スピーカー | 11:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外に良かった87E

FE83Eは過去にBHで鳴らした事がありましたが、FE87Eは聴いた事が無かった。
聴いていても眼中に無く覚えていなかったと言った方が正しいかな?
フェスタで組立てた箱の試聴は予想通りで低音は全然だった。
もっとも、低音は箱でどうにでも持ち上げられるので無視をする事にした。
問題は音質の良し悪しを決める中高域の素性ですが、期待をしていなかっただけに予想を大幅に反して中々良い。
ついつい遊び心が出てきてサブウーハーの2本使いを1本に切り替え、クロスも300付近まで上げて聴いてみたら、十分なレベルで聴こえてくる。   ウ~ム・・・・・大した物だ!
これで耐入力と能率が高ければ文句は無いのだが、これは無理な相談ですね。
試しにFE87Eを使ったBHを作りたくなりました。

このままだとパソコン向きだが、プラスウーハーで化ける。
画像 3246


3機種の聴き比べ
画像 3245


小音量時は、88ES-Rと87Eは質は似ていて中高域が張り出す元気な鳴りっぷり。
音圧を上げると差が歴然と出てくる。
168HP+250Dは小音量時は88ES-Rに軍配が上がるが入力を入れると168HP+250Dに軍配が上がる。その差も歴然であった。
音量の差で、聴こえ方が全然違ってくる。
やっぱり、SPは色々なタイプの物を複数持っていた方が良いのかな~


| 自作スピーカー | 21:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

違った角度からの見た自作SP工作教室

fostex主催の自作SP工作教室の様子をooyamaさんのHPで紹介をされましたが、違った角度で自己を見ると、何かやたらと恥ずかしい。

http://www.diyloudspeakers.jp/8000html/8300audioevents/2008avfiesta.html

| 自作スピーカー | 22:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきましたA&Vフェスタ 2008  会場周辺散策及び帰路

自慢大会の会場で久しぶりにお会いした 手作りスピーカー研究会でお馴染みのKO球さん自作スピーカー追求道のooyamaさん お二人と会話に花を咲かせていると突然1本の電話が入りました。
電話の相手は、別行動していた趣味のオーディオのサンテクカさんでした。
(同行の他の3人は大口径派で38cm1発、2発使用、マルチ派、もちろんJBL派でもあるので会場内は別行動をしていました・・・粗大ゴミエンドクラブの面々のオーディオスタイルはまちまちですが意見の衝突など無く、ご近所感覚で皆仲良し)
“近くに美味しいビールのお店があるのだけど行かない?”悪魔の囁きを耳元で囁かれた。
最近は食事を制限していたので、一瞬・・・・? 意思の弱い僕は誘惑にも弱く自己肯定で直ぐにあの世は無いだろうと考え、お二人に別れを告げ粗大ゴミエンド会員の3名の元へ向かう。
自作DCアンプのMさんが昨年、家族旅行で当地に来た際に美味しいビールを飲ませるお店があったとの一言でビールを飲むことに決まったらしい。
会場から徒歩10分程度か?途中、風が非常に強くやはり海の近くは違うな~と皆で納得しながら散策をしました。
帰りの運転があるMさんは禁酒で他の3名が様々なビールを何杯も飲み干す。
“美味しい”これがあるから町内会旅行は、やめられない。
店内では終始オーディオ談議が飽きる事なく2時間以上続いた。

飲み尽し、食べ尽くした後
画像 3203


≫ Read More

| 風景 | 00:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(仮称)木彫Ⅲ 塗装完了

コーナーを削りすぎて中箱の部分が一部顔を覗かせています。
塗料はクリアー系なので木の色がそのまま出てしまうのでこの部分は後日、着色をして色合わせを考えています。
経年と定期的にワックスを掛けるとなんとも言えない深みと艶が出てきます。

使用ユニットのFE88ES-Rは素のもではなくネオジチューンをしてマグネットを強化しています。
ネオジを装着しないと低域の芯が出ない。
画像 3243


≫ Read More

| 自作スピーカー | 17:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(仮称)木彫Ⅲ 塗装開始

今朝も天板の薄利が確認できた。
塗装を急がないと益々酷くなる。
ホームセンターの開店時間に合わせて塗料の購入をしてきました。
今回の塗料はニスではなく、木彫オイルで仕上げる事にしました。
紅桜は元々天然色でローズウッド風の色合いが付いているのでクリアー系がベストです。
ニスだと変な照光が発するの事もオイル系にした理由です。

製造会社が違うのかチークオイルとなっていますが、中身は間違いなく木彫オイルでした。
画像 3239


≫ Read More

| 自作スピーカー | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきましたA&Vフェスタ 2008  工作教室

13時から整理券の配布、120~130名の応募があり枠は20名であった。(親子10、一般10)
別にこのSPが欲しかったわけではないですが、町内会気分の4名は福引気分で整理券を貰い抽選会に参加をする事にしました。
一般は、11~12名に一人の確立、我ら4名は番号札52~55番で結果発表を待つ。
最後から3番目当りで55番の当選を聞く、wさんの番号札が見事当選。
これでwさんは今年一年の運を使い果たしたのでは、一同心配をしました。(笑)
代表で僕が工作教室に参加。
fostexの佐藤さんと目が合わないよう終始下を見ての工作に徹しました。(笑)

工作教室終了後、このSPと自室のシステムとの鳴らし比べで、このSPの方が良かもしれないと一同大爆笑!
本来はSP工作未経験者のための企画・・・・・後で反省しました。(汗)

画像 3218

≫ Read More

| 自作スピーカー | 07:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきましたA&Vフェスタ 2008  fostex

新製品
FW208HP?相当のHPウーハーを使用、パーツ・補修品の販売はしないと言っていた。
このG2000は、セット100万円以内での販売を予定しているとも言っていた。

方針がパーツ販売から完成品販売にシフトしているように感じた。

画像 3211


今回は調整が出来ていないので試聴は叶わなかった。
ネットワークが外付けで調整中のようでした。
ツイーターは、マグネシュウム振動板25mmで250D相当か?
10cmマグネシュウムHP振動板をミッドに使用。
FW208HP?相当の20cmは各別設計の4way

≫ Read More

| 自作スピーカー | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきましたA&Vフェスタ 2008  自作オーディオ自慢大会

自作オーディオ自慢大会

画像 3199

画像 3201

≫ Read More

| 自作スピーカー | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきましたA&Vフェスタ 2008

朝8時30分頃、Mさんとサンテクニカサンが我が家へ到着、一路wさん宅に向かう。
経路を箱根新道⇒小田原厚木道路⇒東名高速⇒横浜横須賀道路⇒横浜
10時30分ごろ到着をしました。

画像 3175


≫ Read More

| 自作スピーカー | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A&Vフェスタ 2008

これから近隣のオーディオ仲間4人(wさん、Mさん、サンテクニカさん、kenbe)
で横浜へ遠征します。
気分は町内旅行!お酒が飲めないのが心残り(笑)

| 自作スピーカー | 07:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

廃材利用

ゴミ
画像 3155


バックキャビ内での一時反射はコーン紙を抜けて前面の再生音に良くも悪くも影響します。
一時反射の制御は吸音材で簡単に出来ますが、副作用で高域が死ぬ。
バックキャビから前面に抜ける音を無くすことは厳しいのでBH同様バックキャビの反射音も利用することにしました。 (もっとも今回に限りませんが・・・(汗))
バックキャビ内の一時反射を独自の対策をしてから、このゴミをバックキャビ内のすべての面にランダム配置すると中高域の感じが変わります・・・が、加減が難しく未だに試行錯誤から抜け出せないでいます。
数打てば当る鉄砲ではないが何れ良い結果が出ると信じて数を打って見ます。

| 自作スピーカー | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

研磨完了

左研磨前、右研磨完了
画像 3160


≫ Read More

| 自作スピーカー | 18:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

研磨準備

研磨=埃⇒近所迷惑
対策は、屋外(屋上)のためブルーシートで小さな空間を作りその中での限られた空間での作業となります。

この中でせっせと研磨開始
工具は、ランダムサンダーとグラインダーサンダーの2種類のサンダーを使用します。
画像 3158


≫ Read More

| 自作スピーカー | 15:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乾燥は自然が一番

代休が取れたので新作SPの工作を再開しました。
ところが、工作開始前に見てはいけないものを見てしまった。
天板の端部分の薄くなっている所に隙間を発見!
側板と天板が剥離している。・・・・・これには参りました。
このまま研磨すると後の仕上がりに響くもっとも目立つ場所でもある。
早速!隙間にボンドを摺り込み、圧着の開始。
画像 3156


≫ Read More

| 自作スピーカー | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT