ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新築連鎖反応・屋根葺き

人様の家の工事の進行は早く感ずる。
子供の成長と似ていますね。
人様の子供の成長はなぜか?早く感じた。

画像 4068

それにしてもこの猛暑に中、仕事とは言えご苦労様です。

| 風景 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木の収縮・・・誤魔化し

見てはいけない物を見てしまった心境。
昨日から気になって仕方がない。
画像 4066

精神衛生上良くないので早速!悪戯をして、カッターで傷口を広げて楔が入り易いようにしている。
画像 4069

打ち込まれた楔。
画像 4070

楔をカッターで切り取る。
画像 4071

切り取られた楔の後
画像 4072

この状態でサンダーを掛ければ、少し見たぐらいでは分からないほどに仕上がります。



| 自作スピーカー | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木の収縮

画像 4065

昨日の炎天下の中での工作の影響が出ました。
洗濯物=直射日光=乾く
木=直射日光=収縮
炎天下の中半日以上、屋上に放置した挙句に無塗装が仇となった。

画像 4066
ハタガネで固定してからのネジ止めであったが、水分放出による収縮には勝てなかった。
思い切ってもう少し開いたら補修をします。
補修方法は、同じ材質のメルクシパインの端材をマルノコでテイパー状に切断して隙間に楔のように打ち込んで表面を研磨すればちょっと見た目では分からなくなります。
いつもなら、研磨終了と同時に塗装をするのですが今回は身の危険を感じて断念してしまいました。
今週末も研磨+塗装にするかお盆過ぎまで待つか?
迷う所です。

| 自作スピーカー | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに見えた富士山

夏は殆ど見えない富士山。
自室の北側(富士山側)の窓に綺麗な夕日の光が差し込んできました。
綺麗だな~とおもむろに窓の近くまで行くと、珍しく富士の勇姿が見える。
夏はどうしてもガスの影響で見えない。
たまに見える時は、台風の前後ぐらいか?

これでやっと
富士山が自室から見える三島市周辺の・・・・・謳い文句通りになりました。
画像 4064
画像 4063


| 風景 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

化粧終り

午前中に化粧は完了しましたが・・・・・塗装は暑さのため断念しました。
音の結果も上々、文句なし・・・・塗装をすると中域に変化が出る恐れがあるがこれもやってみなければ分からない。
木の収縮の小さい内に塗装をしなければならいですね。

塗装をしていないので上部と同じ材質の木でも色に違いが出ています。
メルクシパイン18mmでの化粧でした。
画像 4056

化粧済み正面
画像 4060
化粧前
画像 3877

足元をアンプ台と同じデザインにしました。
画像 4062

斜めから見た様子・・・サブウーハーの天板に補助板を1枚入れても良いかな?
画像 4057

灼熱地獄での作業の様子。
最後の足元部分を端材で取り付けています。
流石に2時間以上40度以上の場所にいると気分が悪くなりますね。(大汗)
画像 4055

熱射病であの世へ行く前に作業を中止しました。(塗装)

| 自作スピーカー | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新築連鎖反応・上棟

大きな家ですが、上棟は一日で済んでいました。
ここからが長いんですね。
早くて10月末か?
画像 4061

| 風景 | 15:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木ネジの頭が破損・・・

昨日の続きでもう一本の箱の化粧を開始したところ、横着をして普段と違うネジを打ち込んでしまった。
途中までは順調にねじ込まれましたが、最後の数ミリを残しネジの頭が破損してしまい抜くも締めこむ不可能となってしまいました。
考える事数分、プラスのネジ山が舐めて円形になっているので鉄ノコを使用してマイナス風に筋を切れ込めば、外れるかもしれない?と考え実行してみました。

ネジの頭の+部分が破損している。
画像 4049
鉄ノコで-の筋を作っている。
画像 4048
-のドライバーが掛った。
画像 4050
思惑通りはずれましたが、板を傷つけてしまった。
仕事がまた増えてしまった。トホホ
画像 4051
同じ木材を使用して楔を作り、打ち込んで完了。
画像 4052
何事も横着は良くないですね。
余分な仕事を作り、時間ロスが生じてしまった。

| 自作スピーカー | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これって違法?

昨日、室内で工作をしていたらヘリが直ぐ近くに降りたような騒音が聞こえてきた。
屋上に出て確認したら、我家の真上を名前は知りませんが動力付きハングライーダーが通り過ぎていく。
顔の識別まで出来たので低空飛行は間違いない。
近くの某グランドから飛び立っているようですが、普通の民家の上、渋滞中の車の上での飛行は制限って無いのかなァ~??

今日は音楽を聴きたいので低空飛行だけは勘弁願いたい。
しかし、部屋の遮音性能はD60以上もあるのに聴こえるとは、このエンジンは相当な爆音発生器状態でマフラー等の消音設備を軽量化でケチっているのか?

肉眼では意外と大きく見えますが、カメラを通すと被写体は小さく見えますね。
画像 3981

画像 3985

画像 3986

しかし、間違って失速、墜落で我家の屋上に激突だけはしないで欲しいと願うばかり。



| 風景 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隣町函南町の祭

昨日、隣町の花火大会が狩野川の河川敷でありました。
隣町の函南町との境は我家から数十メートルしか離れていない。
函南町の地理の関係上、必然的に花火大会の場所が我家とは近くなります。
子供達は沼津市の花火大会を見に行って一人もいない。
お陰様で老夫婦が自宅に取り残されてしまい、嫁と2人で寂しく3F屋上から眺めました。
難しい花火の写真も何とか撮れるようになりましたが、まだまだフォーカスが甘いですね。
花火の雰囲気は味わえると思いますので我慢して見て下さい。
画像 4031

画像 4003

画像 4006

画像 4018

画像 3998

画像 4021

画像 4022

画像 4029

画像 4040

画像 4042

前年同月2007年7月の花火大会の様子と工作の様子が伺えます。
http://kenbe.blog68.fc2.com/blog-date-200707.html 
上記のURLをコピーするのに昨年のブログの掲載日時部分を除いたら行動が目に入ってきた。
過去の自分を見るのはなんとも恥ずかしい事ですが、この一年で低域の改善は目覚しかった。
機密性の高い部屋で低音吸収の対策が不十分な部屋でのウーハーによる低域のエネルギーは飽和するリミットとが低いようで尾を引く低域と定材波による凹凸には苦しめられました。
もっとも、小型BH(8~10cm級)には低域が程よく膨らんで実しやかに鳴ってくれてた。
昨年からの一年間の試行錯誤の調整の日々が思い出されました。
今では殆ど低域での不満は感じなくなってきています。
ここまでの改善は自己の一人の力では出来るもではなく複数人の方のアドバイスによる賜物と考えています。

| 風景 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サブウーハー化粧開始準備

化粧用の板を物色
いつもは強度を考えて25mm~30mm厚のメルクシパインの棚板を使用するのですが、今回のサブウーハーの箱の材質は非常に良いので肉厚を薄くする事にしました。
サイズは写真の通りです。
画像 3955

カット開始
顔なじみで会員カードなど出さずに無料でカットをしてくれます。
画像 3957

ダボ用の穴を加工中
画像 3959

加工完了・・・お持ち帰り
画像 3962

しかし、今日も暑い、屋上は素足では歩けないほど熱い。
どこで作ろうか?

| 自作スピーカー | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新築連鎖反応?

3Fオーディオルーム北側窓より・・・・富士山は生憎ガスの中 画像 3954
我家を新築した頃からか?周りの家々が建て替えをしています。
左側の住宅は昨年から今年にかけて新築、これで6件目となりました。
今回のお宅は、めでたく本日上棟ということで昨日建設会社が挨拶に来ました。
この建設会社は、なんと我家を建てた建設会社で担当のTさんがタオルをもって挨拶に来ました。
今回のお宅は木造でオーディオルームの構築予定は無かったようです。(笑)
ここの建設会社は良心的で比較的ローコストで家が建ちます。
我家は鉄筋コンクリート造なのでそれなりに掛りましたがそれでも従来工法の鉄筋コンクリート住宅よりは安く上がった。
家もクルマもオーディオ機器もそうなんですが、出来上がるまで手元に来るまでの期待感がなんともいえない楽しみですね。
この基礎を見ていると新築時の事があれこれと思い出されますね。
結婚も家の新築も凄まじいエネルギーを消費したことを思い出します。
離婚も凄いエネルギー消費があるとか聞いていますがまだ経験が無いのでなんとも?
本日の上棟式は、お施主さんにしたら楽しみ半分気疲れ半分の心境だろうか?

| 風景 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パソコン台改造・・・・引き出し

本日は、午後から神奈川で用事を済ませてakagiさんが襲撃に来る予定でした。
用事の内容が若干気にはなりますが、まさか出会い系?
そんな暇があればオーディオを満喫する人ですのでそれはないですね。
午前中の早い時間の1時間は、過去の遺物処理で潰されてしまいました。
工作症候群の我が身としては何か作らないと精神のバランスが取れない。
ふと目に入ったのが、端材で作ったパソコン台の引き出しだった。
構造用合板の積層部分が目に付くので気になる。
akagiさんが襲撃に来るまで2時間ほどありますので、メルクシパインの端材を探して化粧をする事にしました。
パソコン台の引き出し部分の板の巾を確認して端材をカットする。

取り付けはボンドと木ネジでしていつものダボ処理
画像 3980
木目がツートンになった。これこれで中々カッコイイ。
画像 3982
パソコン音痴なのになぜパソコンが2台あるかって・・・単純に使いこなせないまま殆どしない測定のためにノートを置いています。

| 工作 | 18:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嫁の小言

今日は屋上は珍しく涼しい。
雲が多いので若干の蒸し暑さは感じますが、昨日のような突き刺さるような日差しはなく実に過ごしやすい。
嫁から・・・・一言“何時になったら屋上の荷物を片付けるの”と問われる。
ついつい、煩いので今からやりますと大口を叩いてしまった。(大汗)
幾ら涼しいとは言っても、体を使えば汗が噴出すし、解体は作るのと違い完成時の楽しみも何もない
実につまらない時間の経過です。

諦めて作業開始

本日の解体予定品
左からSP移動台、リスニングチェアー台、PC台、手前反射板石製
画像 3967
反射板石製
画像 3968
この貼り付けた石が簡単には取れない。
作る時には簡単には取れないよう貼り付けるので致し方ないか!
画像 3969
大物のリスニングチェアー台の解体に入るが、隠しネジには閉口した。
ハンマーで叩いても各部材が外れない。
これではネジを避けてカットするしかない。
画像 3970
切って切って切りまくる。
画像 3971
外れた端材を細分化する。
画像 3972
細分化されたゴミの山・・・・誰かに怒られそう?
画像 3973
カット数100以上
切り屑の量も馬鹿にならない。
歯の厚みが1mm程度でこれだけ出ますから歯の厚みが3mmもあるパネルソーでは・・・・・・・
画像 3974
ゴミ袋の数量は4個強
画像 3975
やっと終わりました。
全身汗まみれ、解体の汗は工作の時の汗と違いやけにべとつき気持ちが悪い。
即、シャワーを浴びに風呂場へ駆け込みました。





| 独り言 | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電源タップ制作

また、簡単工作をしてしまいました。(大汗)
ウーハー用のアンプの電源コードを貧弱な物を使用しているので電源タップの制作をしなければ思いつつそのままになっていました。
以前山ちゃんから貰った電源コンセントの事を思い出し、端材を利用して電源タップを作る事にしました。
25mm厚メルクシパイン材を3枚積層でタップを作る。

まずは、ジグソーでのカットをスムーズにするために丸のこで切れ目を入れる。
画像 3952

丸のこで切れたラインに沿ってジグソーで切断していく。
画像 3954
丸のこで切れたラインがジグソーの切断時に出来る切断面の荒れを防いでいる。
画像 3955

ハタガネで圧着
画像 3958

コンセントを置いて取り付け位置を確認する。
画像 3959

面を取った状態
画像 3963

後は研磨をして塗装すれば外観は完成する。
配線等は、友人にキャプタイヤ込みでお願いをする予定です。





| 端材利用 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金1,050円の箱の音

ユニットは貰い物
箱は1、050円+ボンド代・・・ユニットを新品購入したとしても1万円は掛っていない。
それで肝心の音も悪くない。
見た目を気にしなければこれはこれでコストパフォーマンスは極めて良い。
ちょっとBH化するだけでラジカセの音が卓上ステレオ程度までランクアップが出来た。
これだから、自作SP箱の制作は面白い。

極めてシンプルなデザインで完成。
工作時間2時間弱
画像 3913
テレビ台の上に置くも良し、半分に分割するも良し、自作はなんでもやりたい放題!

テレビ台内臓アンプ及びSP
一様テクにクス製20w+20wのアンプと音色切り替えを内臓、SPは高音用に7cm?低音用に13cm
画像 3916
側面に配置されている13cm?級ウーハー
画像 3917
テレビ台のSPより入力を除く全てにおいて・・・・・・です。


| 自作スピーカー | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT