ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユニット取付部の調整

化粧材のメルクシパインの厚みは25mmあります。
この厚みでフロントホーンを造詣する事は難しい事でありませんでしたが、あえて20mmまでホーン化して5mmを残しました。
理由は簡単で、25mmの深さまでホーン化すると癖が出る可能性が残るためです。
本題の調整はこの5mmの高さ調整で、リング状のスペーサーを作って対応をしています。

リング状のスペーサー
画像 2552

下地が・・・・・
画像 2554

微妙に寸法が・・・・・・・
画像 2553

適当にネジ止めをして取り付け完了。
画像 2555

| 自作スピーカー | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BUIさんの箱の化粧開始・化粧材の面取り及び成形

BUIさんの箱も、いよいよ大詰めです。
最後の天板・底板の2面を圧着して6面全ての接着は完了しました。

自作ハタガネで圧着中の様子。
画像 2501

圧着前の若干の寸法の違いをカンナで調整します。
この時の精度が後日、ヒビ割れの原因となります。
まずは、木ネジを取り除く作業から。
木ネジさんお役目ご苦労様でした。
画像 2536

ほぼ、フラットな面になりました。
画像 2534

独自のガイドを使用して丸鋸で角を切断して形成をします。
画像 2538

デザイン的には・・・・・・・ゴツクて重そう
画像 2540

拡大してみても・・・・・・・やっぱりゴツイ
画像 2541

お尻は、まずまずですね。
画像 2543

ダクトもまずまず・・・・・・
画像 2544

若干の手直しと研磨をして、最終仕上げの塗装を施せば引渡しとなります。

| 自作スピーカー | 05:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紫陽花は雨の日に似合う。

昨日は、珍しく長女の運転で帰郷しましたが、若さの塊のような娘も初めての峠越えに疲れたようで、娘からポツリと一言、“帰りの車の運転は、お父さんがしてよ”と頼まれる。
真っ赤なスズキ・スイフトは軽やかなエンジン音で路面を滑るように雨天のR136号を堂ヶ島方面へ走り出す、15分も走ると今年の正月に高校の同窓会を開催した"ホテルニュー岡部”の前に差し掛かった。
この付近から“土肥の恋人岬”の間で、自己の体調に変化が・・・・・・眠くて仕方が無い。
大型自作SPの仏壇を解体して、その時の噴出した汗を洗い流しに“かじかの湯”に浸かった心地良さが、時間差で出てきたようです。
流石に小下田辺りまで来ると限界に近くなり、娘に運転の交代を申し出る事にしました。
路肩にゆっくり車を止め、路肩を見ると綺麗な紫陽花が咲いている。
雨に濡れてキラキラと輝きながら、こちらを見つめているかのような錯覚に囚われ思わずシャッターを切ってしまった。

結局、殆どの道のりを娘が運転していました。(汗)

雨に似合う紫陽花。
画像 2524

画像 2525

昨日の朝、珍しく顔を見せた富士。 もうすっかり、真っ黒な夏向きの顔になっています。
画像 2521

昨日、解体をした大型自作SP“仏壇”
画像 2523

取り出されたFF85K6本・・・・・何も使わないでいたのにこの汚れかたは????
音には影響は無いようですが、見た目が悪いですね。
画像 2551

BUIさんの箱の進捗情況。
画像 2533

| 独り言 | 06:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BUIさんの箱の化粧開始・化粧材の貼り付け

16時過ぎに実家から帰宅して、早速!作業を開始しました。
まずは、ダクトの接着完了に伴いバッフルに収まるか確認。

丸一日置いたダクトは完全に圧着完了。
画像 2527

ハタガネを外し、バッフルの開口部に合うか確認する。
画像 2528

後面から貼り付けを開始。
画像 2529

引き続き前面バッフルを貼り付ける。
画像 2530

仮接着が確認できたら2本纏めて圧着を開始。
画像 2531

自作簡易ハタガネで2時間も放置したら、側板をハタガネで圧着します。
画像 2532



| 自作スピーカー | 18:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミッドバスのネットワークを変更

“やーれん、そーらん、そーらん、ソーレン、ソーレン・・・・はい、はい”と調子良く大漁節を口ずさみながら、お馴染みのソーレンのC(15μF)により線を半田付け。
画像 2493

fostex製のミッドバスをFW168HPからFW168HRに変更してから、試行錯誤の連続です。
何れもFostex製のユニットですが特性が違いすぎる。
低音一つとっても違いがはっきり出ている。
低音の出にくいHP、逆に出過ぎるHR。
中高域に大きな凹凸もなく癖の少ないHP、中域にアクセントを持たせたHR。
両者の良い所を併せ持ったユニットがあると良いのでしょうが、今更そんなことを考えても仕方がない。
HPとHRの聞き比べは頻繁にしています。
ソフトに左右されていましたが、個人的な好みの中域はHPに軍配が上がっています。
先週、鈴木さんが見えられましたが、鈴木さんのコメントの通りで、ミッドバスのネットワークの構築の試行錯誤の段階で、無難な雑誌などでの推薦ハイカットのL=1.5mH C=10μFでの試聴でした。
この組み合わせの弱点は、1.3kHz付近のピークがソフトによってはボーカルが耳に付いてしまう。
LやCの大きさを変えてカット&エラーの連続で試行錯誤を続けていました。
そんな折に目にしたステレオ誌の記事に釘付けになる。
石田先生の極端なCの大きさ・・・・・ムムこれは行けるかも?と直観が働く。
LもCも大きくしてクロスポイントを下げたり上げたりでは、良い所が出なかった。
LもCも試しで単独で適当に大きさも変えてみましたが、良い結果、納得の行く音作りは出来ず、ネットワーク蟻地獄に陥っていました。
そんな事もあり、藁をも掴む心境で大型Cの導入に踏み切りました。
結果は、上々です。
思い描く中音に近い状態になりました。(石田先生の推薦のC大きさをとは若干違う)

C=10μF+15μF=25μF   因みにLは1.5mH  
画像 2494

なんだァ~かんだァ~言っても、雑誌などでの推薦ハイカットのL=1.5mH C=10μFで十分なパフォーマンスを見せてくれます。
しかし、自己の気になったら止らない病で些細な事を掘り下げて改善しようとする。
いつもの事ながら、これがオーディオの面白みですから、仕方が無いですね。

さて、今日もまた帰郷ですが、今日は長女の車での帰郷となります。

| 自作スピーカー | 07:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

化粧開始・化粧材の加工

ダクトの制作  まずは、自在錐で綺麗な円の穴を開け続ける作業を開始する。
木ネジを4箇所打ち込み、ネジの圧力で板を
画像 2496

蓋を兼ねるダクトですが、流石に径が大きすぎて自在切りが使用できない。
ミシン鋸で対応するが、綺麗な円を切り抜くには暫し緊張が走ります。
画像 2497

面取りは、新調したトリマーで加工。
古いトリマーは突然!拗ねてそれっきりとなっています。
修理より買った方が安い?(汗)
画像 2498

トリマーのビットは45°角専用の物です。
直線なら、丸鋸で十分ですが曲線は切れない。
画像 2499

ショートフロントホーンの加工。
25mm厚の板の20mm程をトリマーで削り込み、残った部分をホビールーターで研磨してショートフロントホーンを造形します。
このショートフロントホーンは有ると無いとでは音が違う。
画像 2500

カッターで切り込みを入れておくと切断面のが捲りあがるような事は避けられます。
ホビールーターも見えていますが、大雑把な削りは掟破りの使い方でジグソーが活躍します。
画像 2517

画像 2518

画像 2519


画像 2520






| 自作スピーカー | 05:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世田谷から学生時代の親友が訪れました。

本日の午後より、世田谷より高校時代の悪友が来訪しました。
帰郷の途中の我家への立ち寄りで、暫し我家で音楽鑑賞や会話を楽しみました。
日帰りでの帰郷と聞いて、田舎まで同行をする事にして一路松崎へ。
高級外車でのドライブは快適この上なく、社中では、積もる話に会話も弾み、気がついたら目的地の松崎に到着。

走りの素晴らしい高級外車。 BMW750Li
少し運転をさせてもらいましたが、恐くてアクセルを深く踏み込めない。
排気量4.8ℓのエンジンは、2t以上ある車重を軽々と加速させ、終りがないような急激な加速を感じさせる。
まさに羊の皮を被った狼のようだった。
画像 2510

松崎の田園風景。
画像 2511

友人も興味を持っていた“西ん風”さんちに立ち寄る。
画像 2512

暫し、音楽鑑賞に浸る。
友人は西ん風さんの手作りの革製品に興味があるようで、何度か話の話題になりました。
僕と違い、いつまでも若い友人のT君です。
このT君も30数年前のオーディオ仲間の一人でした。
興味が車からオーディオになったら、きっとハイエンド街道まっしぐらでしょう。

画像 2513

西ん風さんちの奥さんより、奥さんと同名の我ワイフへのお土産。
いつもありがとうございます。  ところでこの手作りお菓子の名前を忘れてしまいました。(汗)
画像 2515

そして、松崎を18時過ぎに出て一路、我家のある三島に向かう。
19時30分ごろ三島に到着、丸天にて空腹を満たし帰路に着きました。
T君、本日は色々とありがとうございました。
無事の帰宅を祈っています。

| 独り言 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

化粧開始・下地編

大きく開けたユニット開口部の処理が済まない事には、化粧の作業に進めない。
まずは、13cmから10cm用にするための部材を切り出しました。
足掛かり用の大きめのリングと板厚調整用のリングの2種類のサイズを切り出します。

切り出されたリング達。
画像 2503

足掛かり用のリングは、リングのままでは物理的に箱の内部には、入らない。
半分に切って内部に納める事とする。
画像 2504

ハタガネで仮固定された足掛かり用のリングは、この後木ネジで固定された。
画像 2507

サイズがギリギリだったのでハンマーで叩きながらリングを納める。
画像 2506

カンナで凹凸を削り、開口部の処理は完了しました。
画像 2516

この後、作業を続行しようと思いましたが、高校時代の友人からの携帯への着信履歴を確認した。
作業に夢中になり、気がつかないでいました。
早速!リダイヤルをすると・・・・・我家へ訪問の話となった。




| 自作スピーカー | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BUIさんからの依頼箱の化粧開始

朝、目が覚め屋上にでたら今日も暑い!
珍しく、明日なら長女が長女の車で実家まで送ってくれると言う。
しかし、喜んでいる暇などなく、長女曰く“ガソリンを満タンにしてね。”だって!
しっかりしています。
きっと、実家へ行けばお袋は孫が来たと大喜びで歓待するでしょうし、娘は何らかの恩恵を被る事でしょう。
そんなことで実家への帰郷は、明日にして心残りであったBUIさんからの依頼箱の化粧開始をする事にしました。
まずは、汚い箱のサイズ確認から開始。
箱のそのまま寸法を書き込む。
画像 2495

FE138ES-R用にあけた126mmの穴をMG100ES-R用に塞ぐのが問題ですね。
画像 2501





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| 自作スピーカー | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田舎へ運び込んだ試作品の処分

自作スピーカー愛好家の共通な悩みに工作の度に増え続ける箱達。
出来の良い物は、売れるし悪くても引き取り手がありますが、試作箱はその点は厳しい。
新作を作る時の暗黙の了承としてSP箱を処分してスペースを作ってから制作に入っていました。
邪魔になっていた試作箱は、実家の使用していない家に運び込んでいましたが、母親曰く“この箱をいつまでもこのままにして置くつもりか?”と問われた。
別に邪魔になっているという程でもないのですが、使用しないまま置いてあるのが気になるらしい。
某遠方ツアーも延期になった事だし、明日にでも箱の処分に帰郷しようかと迷っています。

持ち帰った一部の試作箱
20080127133233_20090626053953.jpg

| 未分類 | 05:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Stereo7月号・オーディオクラフト2009

画像 2492

今年から、自作スピーカーの競作と工作人間は無くなると勘違いをして雑誌の発売日も気にしないでスルーしていましたが、他の雑誌の購入で本屋を訪れると親しみのある文字の“Stereo”が目に入りました。
何か7月号に惹かれるものを感じてペラペラと数ページ捲ると、見覚えのある面々と作品が出ているではないか!
誌面から自作スピーカー愛好家の情熱がヒシヒシと伝わってくる。
これでは、買わないわけにはいかない。
面識のある方が掲載されての購入でしたが、読み出すと個人的に見所が多く得した気がしています。♪~
特に先生方のFW168HRの料理の仕方が面白い。
特に同じ様な事を一度は試みていたので石田先生のC大きさには非常に興味が湧きました。
さて、今一度試してみることにしましたが・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| 独り言 | 17:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Suzukiさんのホームページ

画像 2483

一昨日の日曜日に我家を訪問されたSuzukiさんが、ご自身のホームページで我家の様子を紹介しています。

http://mcap.web.fc2.com/diary.html

Suzukiさん、我家の紹介をありがとうございました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| off会 | 04:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Suzukiさん来訪・それからwさんち・そして道場の一日でした。

並列配置型小部屋構造(MCAP)スピーカーシステムでお馴染みのSuzukiさんが来訪されました。
昨日は、奥様と伊東市で一泊してから本日の12時過ぎに連絡を頂き最寄の駅の伊豆仁田駅まで、お迎えに伺いました。

最寄の駅の伊豆仁田駅
画像 2482

お互い方式は違うものの箱を作る情熱は同じ、話は弾み気がつくと時計は17時を回っていました。
楽しい一時は、時の経つのが早いですね。
三島駅までお送りする事になり、経路途中のwさんちへ立ち寄りました。
ご挨拶程度でしたが、ここでも箱作りのジャンルが違いますが箱作りの話で19時過ぎまで滞在。
ここで大事な事を忘れていました。
確か本日は?僕が籍を置く、三島柔道会の年に一度の役員総会の日。
気になり山田君に電話を入れたら既に始まっていると言う。・・・・・・(汗)
Suzukiさんを三島駅までお送りして一路道場に向かう。
Suzukiさん、お疲れ様でした。

Suzukiさんの明晰な頭脳で正確な計算にて弾き出された各帯域の低域は見事です。
画像 2483

19時30分から総会?宴会に合流。
既に宴会は始まっていました。
若い役員から、お年の役員まで年に一度の揃い。
画像 2486

100kg超級がゴロゴロ、この中に入ると僕が小さく痩せて見えます。(笑)
若い指導者曰く“先生!!スピーカーの箱ばかり作っていないでたまには道場に顔を出したら”とラブコール。
しかし、間違っても乱取りは出来ないですね。
昔の調子で動こうとすると命取りに、マジでなりますので・・・・・・
画像 2485

マイカーなのでお酒は厳禁。
お茶で寿司をつまみ夕食代わりにして腹を満たしました。
しかし、次から次に出てくる肉の塊・・・・目に毒ですね。
凄い量の高級牛肉や脂ののった牛ホルモンは、道場の同じ役員の三島楽寿園脇・新藤精肉店の社長さんよりの差し入れです。
新藤先生いつも、いつも、ありがとうございます。
画像 2488

画像 2487

若い衆は、食べる食べる。・・・・・・将来は僕みたいな先輩にはならず、成人病に気をつけてもらいたいですね。

道場卒業生がまた一人開業
画像 2489

| off会 | 21:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もの凄~く遠かった南紀 白浜

出張で遠い遠い町へ行って来ました。
片道、7時間30分(休憩を含む)の道のりは、長かった。
今回の出張は、一人でなく複数人だったので運転時間は少なく楽をさせてもらいました。
同じ姿勢での丸一日は、辛い物がありますね。
画像 2475

眩しいくらい白い砂浜の白良浜海岸  
画像 2683

画像 2682

夕日が、島中央の穴から夕日が見える  円月島
画像 2680
画像 2674




| 風景 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと早い?父の日

せっかちな性格が似てしまった長女が、ちょっと早いけどと父の日のプレゼントを置いて行きました。
大きさから何か察しはつきましたが、何であれ娘からの贈り物は父親としては嬉しい物です。
嬉しかったのも束の間、空けてびっくり!
ネクタイの色に目が点!

画像 2473

仕事の服装では・・・・色が・・・・・・
仕事以外でネクタイをする事は、殆どありませんので困りました。
娘に尋ねてみると娘の友達(芸大生)が、おじちゃんになら良く似合うよと選んでくれたネクタイだよと言われ、返す言葉を失いました。
そんな話を聞いたら良い色具合に見えてくるから不思議です。

次女からはまだ貰っていない。・・・・・まさか?ピンクのワイシャツ?


| 独り言 | 20:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT