ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

親馬鹿

柔道が大好きな息子は、小学生の頃は小さく痩せていて、力もなく、女の子にいつも投げ飛ばされていた。
中学はテニスをしていましたが、何を思ったのか高校に進学をしたら部員の殆どいない柔道部に入部。
期待もしていなかったので初段が取れれば上出来程度しか考えていなかった。
県予選通過など絶対にありえないと思い続けていたのでこの快挙は親として嬉しい。
休日も部活が終わっても町道場などへの稽古へ出向いていた成果がここへ来て出たようです。


60kg級から66kg級に変更したのが良かったようだった。
2位を除く1位、3位2人の3人は同じ道場出身の子供達。
画像 1609


| 独り言 | 20:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンテクカ邸・夜の部乱入!

昨日4月29日に田京の隋昌院で11時頃からJAZZコンサート・リキバンドが開催されましたが、生憎仕事で参加することが出来ませんでした。
夜の部はギリギリ参加できそうなので夜のBBQに参加を、嫁に連絡を入れたらご立腹の様子・・・・29日は僕の誕生日であった事をすっかり忘れていた。
ご馳走?を用意して帰りを待っていたところ、外泊をする連絡に切れたようです。(大汗)
そして、サンテクニカ邸に到着。
既に真っ赤な顔をしている4名様に、ご対面をする。
サンテクカさん、wさん、チョコさん、DCアンプマニアさんの4人であった。
途中、少し遅れて新メンバーのkさんが訪れました。
DCアンプマニアさんが養殖場で釣って来た?鮎がちょうど良い頃合で焼けていました。
画像 1602

夜は更け夜景が・・・・見えない?
画像 1604

これで食べろと・・・・酷いことをします。(笑)
画像 1605

寒くなってきたので部屋の中へ・・・ステレオ誌が目に入る。
画像 1607

久々に応募しようか?・・・しかし、ブログで既に披露している物ばかり・・・(汗)
画像 1608

そして、一泊・・・朝帰り。
サンテクカさんお世話になり、ありがとうございました。

| off会 | 05:54 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度はH1800の音響パネルを・・・・・・

先週、H1200タイプの音響パネルにキャスターを付けてみたら、その取り扱いの良さに気を良くして今度は1H800タイプの音響パネルにもキャスターを付けました。

ベース材598円と@100円のキャスターを16個・1600円締めて2,198円也。
画像 1619

作業開始です。
しかし、汚い!フローリングなのにこの綿埃は??
画像 1620

掃除機で吸い取ってからベースの取り付けに入ります。
画像 1621

取り付け完了。やはりキャスターは大きい方が安定の面では良さそうです。
@500円位のキャスターが欲しいところですが、16個で8,000円はちょっと高い。
画像 1624

安定感は特に悪くないが、大きいキャスターに比べると動きがあまりよくない。
画像 1626

見た目は特に問題はなさそうです。
パネルの足元が埃だらけにならないし、掃除も楽になりました。
後は音響的に????ですね。
画像

今まで床を引きずるようにしての移動でしたが、これなら簡単に移動が可能です。
従って音響パネルの微調整が安易に出来るようになりました。

| 試み | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスナー後方の音響用パネル配置 その2

椅子を替えての試聴をしてみました。
過去に実施した状況の再現となりました。
遮蔽物の干渉が和らいだためか?耳の反応が良くなったのか?中高域がバランス的に目立つようになった。
距離感を置くとその傾向が薄らぐが、同時に無くなるものもある。
耳が馬鹿に成り掛けているので、時間を置いて確認をしたいと思います。

画像 1608

キャスターを仕入れに行こうとすると嫁に呼び止められる。
先週、2日間所在不明をしたので必然的に監視の目がきつくなり、どこへ行くのか尋問にあってしまった。(汗)
これが幸いした。
過去に壊したラックのキャスターを嫁が保管をしていると言う。
サイズを確認したら使えそうなので使用を決定。散財をしなくて助かりました。
画像 1610

地に足が着いた様にしっかり固定しています。
画像 1613

キャスターを直接取り付けた音響パネルとの違いを確認しています。
安定感が全然違う。
画像 1612

画像 1614

ベースの幅をこの倍ほどにしてキャスターをもう少し大きな物にすればH1800mmタイプの音響パネルの可動式も可能かと思います。
もちろん安全面も含めてのことです。

| 試み | 13:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスナー後方の音響用パネル配置

昨日のotoさんの実験に影響を受けて、早朝よりリスナー後方の音響用パネルの効果を確認してました。
まずは何も無い状態から・・・

11画像
この状態の音を基準にして確認を進める。

パネル間の外寸法2m
画像 1606
otoさんの言葉を借りると、カプセルに入ったような?ヘッドホンのような感覚がする。
前面からの音への影響も顕著に出ている。
不思議と低域にも影響が出ている。これは良い意味ではなく悪い意味で出ている。
量感が若干増えたようにも感じますが、逆相感を強く感じてしまう。
もちろん!こんなセッティング使えたものではない。

パネル間の外寸法1.4m
画像 1605
上記のセッティングよりは、全てで良くなる。
しかし、不思議だ低域の出方が変わっている。中高域の変化は一時反射の強弱で予想がつくが、低域は説明がつかない。
前面の音への影響は強く、奥行きが増しボーカルは3Dで浮かび上がるが、まだ違和感は残る。
これも、迷いは残りますがNGとする。

パネル間の外寸法80cm
画像 1604
otoさんの指摘通りになった。
違和感無く自然に聴こえ、ボーカルの3Dも強調されるが厭味がない。
弦をなどは良く弾き、音の離れが向上した。
間違いなくワンランク上の音になった。
と今のところの感想ですが、もう暫く様子を見ます。
これなら、手持ちのパネルにキャスターと蝶番を付ければ簡単に出来ますで後でキャスターを仕入れて対応をして見ます。

| 試み | 08:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

otoさんの音響実験 その1

昼の弁当を平らげて間も無く、携帯の呼び鈴がけたたましくなった。
それは、なんと同好の士のotoさんからの連絡であった。
一昨日のパネルでのリスナーへの囲みこみの実験を一足先に行われたとの連絡であった。
僕も行動は早い方ですが、otoさんの行動力は僕の上を行く。
恐れ入りました。
もしやと思い、otoさんブログを覗いてみたら、予想通りのブログアップ!!

otoさんの実験の模様
http://otoaudio.blogspot.com/

otoさんちのリスナー後ろ一面は、拡散パネルですので既に効果が出ている。
その状態での実験は余り効果は無かったようですが、我家はリスナー後ろは音響パネルなど何もない・・・ムム・・・・期待できるか?
良いアドバイスが、音響パネルの数量は少なくて良いと言っていました。
屏風を一セット作れば済みそうなので。これなら嫁の目を盗めそうです。(汗)

| 自己流ルームチューン | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっと出た“ピアノ森”17巻

嫁も好きなピアノ森、頼みもしないのにゲットしてきました。
音楽を聴くことは余りしない嫁ですが、漫画のストーリー上での想像する音楽は好きらしい。

画像 1514

しかし、1巻を出すのに何年?かかるの?

| 未分類 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

可動式音響パネル

ホール・チューンで特に強く感じたことは、パネルの設置方法とパネルとSP若しくは楽器の距離による音圧の強弱の違い。
以前よりパネルにキャスターを付けた移動式音響パネルを使用していましたが、ここへ来てその使い道に興味が湧いています。
ホールチューンのデモの時に特に強く印象に残っている出来事として、ピアノを扇形に囲った時の音の変化が素晴らしかった。
写真はその時の様子ですが、ピアニストの明和さんのお顔も明るくなった。
画像 1029

しかし、このアーチ式の反射板の設置は狭い部屋の場合は、逆効果のような気がしています。
推測で悩んでいても前には進まない、何事もやってみなければ分からないので、結果が出てから理論や原因など後から考えれば良いですね。(汗)
ただ、気になるのは過去に似たことをしたような気がする。・・・確か?煩くなった?
・・・深く考えないことにしましょう。

現状、SPのセンターに定位用で使用をしている音響パネルですが、足元に注意。
我家の場合、SPの中心はTVがありますので可動式にしないとテレビが見えない。
画像 1485

扇状にするなら蝶番を反対につければ完了です。
画像 1486

足元はキャスターを取り付けて可動を可能にしています。
画像 1487

こんな配置にしたら面白そうですが、パネルが無い・・・6枚自作してしまおうかな?(汗)
迷うばかり・・・瞼に浮かぶ嫁の恐ろしい顔が払拭出来ない自分が情けない。トホホ
嫁の目をどうやって盗むかが問題ですね。
無題

地震対策など安全を考慮するとこんな風になるのかな?
無題

キャスターはもちろん!ストッパー付き。

| 自己流ルームチューン | 23:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホール・チューン完了の多目的ホール  ピアノコンサート当日

順不同になり、すみません。

皆様のお陰で100万アクセス達成が出来ました。                         ありがとうございます。  


17日、清水町の地域交流センターの斜め前面道路から望む、雨上がりの富士の雄姿。
画像 1450

コンサート会場となった斬新なデザインの清水町地域交流センター。
☆詳細は画面をクリックして下さい
画像 1500

清水町地域交流センター玄関前 時間は早かったのですが既に“泉のまち音楽会”の看板が・・・・・
画像 1463

昨日、清水町の地域交流センター内の多目的ホールのホール・チューン完了後、
初めてのピアノ・ソロ・コンサートが開催されました。
残念なことにコンサート開催時刻と用事が重なり、肝心のピアノコンサートは拝聴できませんでした。
しかし、幸いなことに午前中はSVパネルの点検を兼ねてホールの方に、サーロジックの村田氏をはじめ近隣のオーディオ仲間の皆様と詰めていました。

ピアノの調律の邪魔にならないよう作業を進めていましたが・・・・(大汗)
画像 1453

作業も終わりを告げた頃、幸運にもリハーサルでピアニストの金指さんがピアノを弾き始めました。感謝!感謝!
画像 1454

kazuさんからお話を聞き、近隣のオーディオ仲間の皆様がこのホールを訪れたのが2月、2回ほどのデモンストレーションや打ち合わせを経て、ホールチューン開催して終了したのが3月下旬でした。
SPからの音の確認はしていましたが、生の演奏の音を聞くのは初めて!!

固唾を呑んで音の出る瞬間を待つこと数分・・・音が出た瞬間、知らず知らずに自己の口元が緩んでくる。
素晴らしく、やさしいピアノ音色に包み込まれる。
適度な響きに音圧、強弱もはっきり聞き取れるし、音の粒立ちも発きり聴こえてくる。
演奏、音楽を聴く事がこんなに楽しいことかと、再度思い知らさせられました。

観客の少ない会場の特等席は選びたい放題で、東西南北、上や下への移動で音のシャワーを浴びたい放題でした。
短い時間でしたが、久々に至福の時を過ごしました。
しかし、無常にも時間の経つのは早い!後ろ髪を引かれつつ次の場所への移動となりました。

今回、非常に感心をした事は、町の職員の方々の熱心さです。
利用者に最適な状態でのサービスを届けようと真剣に取り組んでいました。
この手のホールの本来の目的は、多目的ホールで音響重視のホールでは無かったと思います。
適度な遮音で普通に音や声が聞こえれば十分なレベルなはずです。
しかも、このホールは音以外に設備など至る所に細心な配慮がされ高級感たっぷりで素晴らしい。
利用者の声を真摯に受け止め、改善に努める姿勢は脱帽です。
結果、音響的に素晴らしいホールの誕生に漕ぎ着けたのだと感じました。
近隣住民として、心からお礼申し上げます。
それに月に1回のペースで開催されるコンサートは金額的にも300円と大変リズナブルで魅力的ですね。
と試聴する側の感想でした。



音楽は演奏する人と聞く人が共に音を楽しむ文化、車輪の両輪によく例えられますが、どちらが欠けても車は前に進みません。
演奏された方の感想が少し気になりますね。


******************************


追記2 
今回のホール・チューンの立役者のkazuさんからのコメントです。

『皆様ありがとうございました。
火の元のkazuです。
そもそもホールができたばかりの昨年秋、
フルートの演奏会を聴いたことが発端でした。
ホールの響があまりにも悪いと感じていた矢先、伴奏していたピアニストから
不満の声を聞き、更に旧知の館長からもそのような声が絶えない
ということから余計な進言をしたのがきっかけでした。

翌年になって館長からhelpの℡、お金もある程度使えるということなので、
皆さんにお知恵とお力をお借りすることにしました。

お陰様でこんなにも素晴しい音響のホールができてホントに感謝です。
私自身はおんぶにだっこ状態で申し訳ないと思っていますが、
結果だけ考えれば正解でした。
とにかくやせ細っていたピアノの音がどの位置で聴いても
豊かに輝かしく響いていたのはビックリです。
 

皆さんホントにありがとうございました。

更に皆さんと親しくなることができたことは今年一番の収穫です(少し早いですが!)。
この貴重な経験を様々な場面で生かせるよう
皆さんと再びご一緒できればと思っています。』

********************************

| コンサート | 15:43 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DCアンプマニアさんからのプレゼント?

DCアンプマニアさんから突然手渡されたプレゼントに感激をしています。

アルテックの416-8B
画像 1484

画像 1501

これで38cmが6発! ありがたく頂戴します。


???・・・・・貸しただけ・・・・大きな勘違い・・・・ですみません(大汗)

| off会 | 06:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沼津の雄 kazuさんち襲撃

沼津駅から南へ歩いて10分ほど処に、kazuさんちがあります。
久々に沼津の地に足を下ろしました。(車でいつも通り過ぎるだけ)
totsuさんのBMWに相乗りをさせて貰い、kazuさんちから少し離れた駐車場からの散歩でしたが、沼津の町並みを十分満喫できました。

女性ボーカルフェッチのwさんは、大型テレビの女性に夢中になっています。

画像 1489

ルームチューンを開始・・・・船頭が多くて・・・・やり難い?村田さんでした。
画像 1498

これ凄い!ユニット
僕の発音がおかしいのか?言葉で表すことが出来ません
アキシオム80?
画像 1488

MADE IN ENGLANDの文字が憎いですね。
画像 1496
このユニットの箱も健在でしたが、一部手直しをしないと使えない状態でしたので、機会を見て修繕をしてあげたいと思います。
出る音に興味がある場合は、フットワークは自然と軽くなるものですね。

38cm4発は以前試聴した時より、数段、バランス良く鳴っていました。
流石に箱がないので超低域の再生は厳しいですが、50Hzから上は十分すぎる量感で鳴っています。
勝手にジャズ向きのシステムと決め込んでいますが・・・・ご本人は・・・
部屋も大分補強??されていました。
特に南側の窓は完全に板で塞がれていましたが、強度が若干心配です。
この辺も後日、kazuさんには大きなお世話でしょうが補強をお手伝いしたいと考えています。
音はご本人の好みですのでお手伝いをすることはありませんが、部屋のチューンの木工に関しては若干のお手伝いは可能と考えています。
部屋のチューンで将来に大きな可能性を秘めているkazuさんちでした。

| off会 | 20:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホール・チューン完了の多目的ホール  初ピアノ・ソロ・コンサート

明日は、ホールチューンが済んだ多目的ホールでのピアノ・ソロ・コンサートが開催されます。

画像をクリックするとホールチューンの詳細データーが分かります。
350席、広大な空間、遮音、ここでSPコンテストを開催したら、きっと音は素晴らしいでしょうね。
画像 1307

多目的ホールのある隣町清水町の地域交流センター
chiiki-01.jpg

今月のピアノ・ソロ・コンサートは明日です。

清 水 町 文 化 芸 術 活 動 促 進 事 業
   第253回 泉のまち音楽会 

  金指英樹さんピアノコンサート

             日   時  2010年4月17日(土
  演   奏  ピアノ
  開   場  13時30分
  開   演  14時
  会   場  清水町地域交流センター


詳しくは、下記をクリックしてください。
http://www.watervision.or.jp/izumi-ongakukai/izumi-concert253-kanazasihtm.htm

| リスニングルーム | 22:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界でたった一つのカンナ? 取っ手取り付け

左右の角を45度カット出切り落としたために、カンナを摑まえるところが無くなってしまいました。
苦肉の策での取っ手の取り付けを突貫作業で行いました。

取っ手を制作中
画像 1447

完了
画像 1448

画像 1449

これで明日の作業の効率の向上は間違いなし。

| 工作 | 05:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界でたった一つのカンナ?

大げさな表現になってしまいましたが、変形カンナを自作しました。
と言っても市販品を少し手を加えた程度ですが・・・・これが結構!難しかった!!

右側は既に45度でカットしてあります。
ガイドで固定はしているもののこの作業は危険と破壊が伴うので神経をすり減らしました。
画像 1441

無事カットが完了しました。
我家のLvパネルで現物合わせ・・・・人情でズル・・・削ってしまった。トホホ
画像 1444

流石にこの部分は、厳しかった。
この厚さに合わせるとカンナの強度が持たない。
画像 1442

画像 1445

画像 1446

このままでは掴む所が無く長い時間の面取り作業は不可能です。
掴む部分の加工を迫られました。

| 未分類 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木材の面取り

木材の面取りは工作の重要な過程の一つですが、意外と難しい作業です。
面取りの道具を思い浮かべると様々工具、道具、方法が思い浮かびます。
丸鋸の45°カット、ジグソーの45°カット、トリマーでの面取り、カンナ、紙やすり、板やすりと上げると様々です。

家にあった面取り工具
左からトリマー、紙やすり、面取り用専用カンナ
画像 1429

エコで使いやすかったのは、右の専用カンナでした。
使い方を紹介します。
カッターの歯が替え刃となり、深さは自在に変えられます。
写真は最大に歯を出した状態です・・・・これでは深すぎて綺麗に切れませんね。
深くする場合は2~3回に分けて薄く削るのが肝要です。
画像 1430

良い調子進みます。
画像 1431

画像 1432

切れ味最高!通常のカンナではこんな綺麗には切れません。
熟練工の技になりますが、どうでしょう! 専用カンナでは簡単で綺麗な仕上がりです。

画像 1436

ゴミまでエコ、掃除も簡単だし、埃もでない。
ついでに音も出ない。
画像

裏側から見た専用カンナの仕組み
画像 1437

因みに面取りのデモに使用した板材は、メルクシパインの集成材です。
同じパイン系の赤松よりは、木の質は硬い。

Lvパネルの面取りでは・・・・・
カンナのコーナー部分が・・・・当たる。
画像 1438

対策は板のラインまでのコーナーの部分を丸鋸で落とせば済みます。
画像 1439

| 工作 | 20:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村