ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Fostexカンパニーさん主催のスピーカーコンテスト二次審査合格発表

昨日、集まれ塩ビ管の会で有名なたてちゅうさんのブログで一足早く、2次審査の合格通知のお知らせがありました。
今までの苦労が報われた結果となり、心から嬉しく思いブログにお祝いのコメントを書き込みました。
書き込み中に未だに我家には合格の連絡の封筒が来ていない事に気がつく(汗)
・・・・脳裏を横切った二文字・・・・落選。(大汗)
たてちゅうさんのところと我家のある三島では、昭島から距離的に我家の方が近い?と錯覚していましたので、落選したと思い落胆をしましたが、たてちゅうさんから時間差と暖かいお言葉を頂き、少しは気が晴れて今日は会社に出勤をしていました。
一人で、会社の近くに食堂で昼食を取っていたら、次女から電話が入る。
親の気持ちを察してか?ありがたいことにFostexさんからの封筒が届いた連絡をくれました。
現金なもので天気と同じブルー気味だった気持ちも爽快になりました。

画像 1177

今から11月23日の秋葉原が楽しみになりました。

☆当日、この会場で木彫Ⅴが吼えます。(汗)

会場は秋葉原UDX会場4F 詳細は下記をクリック。
http://www.oto10.jp/list/fostex.html

各賞

音質賞                  1名 M100HR-W+FT200D
アイディア賞               1名 M100HR-W+FT200D
デザイン賞                1名 M100HR-W+FT200D
審査員賞                 1名 20cmフルレンジスピーカー
技術賞(FOSTEX技術推奨)    1名 16cmフルレンジスピーカー
フォステクス賞              5名 10cmフルレンジスピーカー
  計                  10名


木彫(モクチョウ)Ⅴのネット上の紹介です。

ケイさんのブログ
http://otodashi.blog86.fc2.com/blog-entry-17.html

集まれ塩ビ管さんのブログ
http://www.enbisp.com/modules/xpwiki/144.html#kf22c5ef

| 自作スピーカーコンテスト応募編 | 20:29 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回エンチョーDIYグランプリ応募

物は、試しと自作スピーカーで第17回エンチョーDIYグランプリ応募をすることにしました。
行きつけのDIYのお店の店員さんよりご紹介があり、このDIYのコンテストは以前より知っていましたが、知らず知らずに期日が過ぎていて出さず仕舞になっていました。
今年は、Stereo誌、Fostexさんのコンテスト続きです。
流石にミューズの方舟主催のコンテストへの応募は物理的に出来なかった。

コンテスト内容の詳細は下記の通りです。
“DIYグランプリ”の文字をクリックしてください。
DIYグランプリ

本当なら、もっと手の掛かった2010年Stereo誌自作スピーカーコンテストに応募した作品で応募をしたかったのですが、過去に他のコンテストに出品した物はNGということで断念して代わりに、アバロン風の作品を出すことにしました。
さしあたって、名前は“木彫Ⅶ”となります。
木彫(モクチョウ)の呼び名を、きぼりと呼ばれていたのでこのブログ上で正式の呼び方をお知らせします。

画像 1169

画像 1171

この作品は、20mm厚 500mm×4200mmのタモの集成材を一本に1枚使用していますので、重量も相当なものになっています。
くどいようですが、もっと凝った作品が良かったのですが、既にいくつか処分してこの作品しか出せるものが、ありませんでした。

| 自作スピーカー | 16:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベースの補修

午前中、眼下で目の定期検査をしてきました。
お陰様で瞳孔が開いた状態が夕方まで続き、室外での工作など眩しくてとても出来たものではありませんでした。
お日様が翳り始めた16時30分過ぎから、ベースの補修を開始しました。
・・・・・まだ、少し目が変です。(汗)

約20日ほど前の圧着の失敗の状態です。
ハタガネが一定方向にしか効かなくて、このように隙間が出来てしまった。
もちろん、やる気も失せてしまいました。
画像 959

箱は違いますが、放置していたら知らないうちにヒビの隙間もこの程度まで改善されていました。
このくらいなら、研磨をすれば誤魔化せます。
画像 1111

研磨の結果、自らの削りかすでヒビの目が詰まりました。
このままでは、単なる目に詰まった埃ですので、塗装をして定着をさせます。
画像 1112

見つめなければ、気がつかないレベルまで修復が出来ました。
画像 1116

この距離では、殆どわかりません。
画像 1117

補修に要した時間は1時間弱でした。

| 自作スピーカーコンテスト応募編 | 21:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年9月度コンテスト機 ベース修理

輸送中に破損したコンテスト機ですが、運送業者の温かいお言葉、対応に気を良くしています。
気を良くしていましたので、保障など無しで簡単な応急処置で済ませるつもりで取り掛かった補修作業でしたが、事は簡単ではなかった。
片側を切断してあったため、思うように圧着が出来ず断念してしまいました。
そうなると、傷付いた車同様でワックス掛けをしたくなる心境となって、暫くは箱を見るのも嫌な心境になって放置していました。
テレビにも少し飽きが出てきて、オーディオから離れていた気持ちも戻ってきました。
そこで、放置されていた箱を見直すと不思議な事に、圧着で塞ぎきれなかったヒビの隙間が塞がっていました。
写真の矢印の部分が開いていましたが、見事に塞がっています。
きっと、箱の重さで自然に塞がったのだと思います。
この程度なら、研磨して再塗装すれば分からなくなりますので、作り直しなどと面倒なことはしないで済みます。

画像 1103

こうなると、不思議とパワーが湧いてきます。
早速!悪戯の開始です。
画像 1107

コンテスト時の音の狙いは、ワイドレンジでフラットの音を目指しました。
お陰で、低能率になっていました。
各ユニットのネットワークは下記の通りしていた。

ツイーター   8Ω 0.68μF  
ミッド     8Ω 6Ω抵抗
ウーハー2本 16Ω 9mH(約340Hz~)
アンプの能力を気にして多少の無理があった。

自宅のアンプは2ΩまでOKなので思い切て抵抗値を考えないで、4本のユニットを全てパラレルで組んで見る。
ツイーター   8Ω 0.48μF
ミッド     8Ω スルー
ウーハー2本  4Ω 9mH(約70Hz~)
こちら方が能率が上がり、音が前面に出てきて軽快に聴こえてきますが、中高域の癖が目立つ・・・・・
ミッドにコイルを入れるか?入れると鮮度が落ちる・・・・少し悩んで見ます。

画像 1106

小音量なら、はっきりした音は聴き易いですね。
画像 1110

メインが不在ですので、放置状態のサブスピーカーを追い込んで見ようと考えています。

| 自作スピーカーコンテスト応募編 | 08:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

衝動買い?

昨年7月に、37インチの液晶テレビを購入してFF85KのBHを6本使用して簡単な5chでAVを構築しましたが、37インチでは画面サイズが音に負けてしまいアンバランスなAVとなっていました。
昨年11月に、主のいない実家よりソニーの旧型の40インチの液晶テレビを持ってきて暫く試していましたが、やはり、画面サイズが音に負けてしまい同じ結果になってしまった。
5chから音を出さずに、テレビの音量で見ていましたが、最近はテレビも殆ど見ること・・・見ている時間が無いと言った方が正しい。
主のいない実家も、たまに主が帰る可能性が出てきたので戻すことにしました。
昨年購入をした37インチテレビは下の階で活躍中ですので、それを取り上げるわけに行かず、不足するテレビを大型家電店に探しに行きました。
当初、小型の物でもと考えていましたが、テレビの値段の下落振りは・・・・・
昨年、37インチで20万円以上していたのに、今では10万円を切っている物もある。
今までの小型テレビの代金に少し足せば大型テレビが買えてしまう。
こうなると、欲が出る。
以前より、大きいテレビを狙うのが人情・・・・46インチを衝動的に購入してしまいました。(汗)

息子と2人でやっと3Fの部屋まで持ち運びました。
我家の階段は折り返しが1ヶ所あり、持ち運べるサイズは46インチが限界のようです。
この巨大な箱は、スピーカーの梱包に使えるので、今回の衝動買いは正解でした。
画像 1095

今までの改造した台では、テレビが大きすぎて乗らないし高さが高すぎるので、再度台の改造をしました。
既存の台を利用、台をひっくり返してその上に一枚被せて固定して完了。
画像 1093

画像 1092

やはり、画面が大きいですね。
今のところ、AVの音とコラボしているように錯覚しています。
これで、暫くはテレビ子になります。
画像 1096

テレビの設置は午前中に完了して、午後から荷の梱包作業に入りました。
14時30分頃より作業を開始、スピーカーを3Fから卸す作業が30分、卸す際に外したユニットの取り付けに30分、残り2時間は荷の梱包に掛かってしまいました。(汗)
自作スピーカーを作るより、荷の梱包の方が遥かに大変な作業ですね。(大汗)

梱包は、自宅前の駐車場で・・・・3Fでしたら間違いなく持ち出すことは不可能でしょう。
画像 1097

画像 1098

画像 1099

疲れましたが、送料が意外と安く思わぬ出費をした身としては助かります。

2次審査に合格をすれば、2010年11月21日~23日開催の『オーディオ&ホームシアター展TOKYO』弊社ブースにて授賞式を実施予定しているそうです。

| 未分類 | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絵が巧い!ケイさんのブログ。

写真ではなく、特徴を捉えた絵。
タッチがなんとも言えない温か味が感じられます。
下記のURLクリックしてください。
http://otodashi.blog86.fc2.com/

こちらは、KOMASAIが掲載されているたてちゅうさんのブログになります。
http://enbisp.at.webry.info/201010/article_3.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+at%2Fwebry%2Finfo+%28*.at.webry.info+Feed%29

| 独り言 | 21:34 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっと帰ってきたkenbeサウンド

Fostexカンパニーの新製品の10cmウーハーMG100HR-Wをメイン迎え、2つあるFW168HRをスタガーにして4way化したら、バランスを崩してしまったメインスピーカーでした。

一度は、2way+MG100HR-Wで足りないところを埋めるだけの、非常に勿体無い使い方をしたら今までの不満が吹っ飛んでしまいました。
そして、幻聴を聞く・・・『Fostexの自作スピーカーコンテストに応募したら?』と、冗談はさて置き、事実!音が決まったのが28日の夜でしたので、応募期日ギリギリでした。
そこへ、Fさんから大変ありがたい申し出で御自身のコレクションの4分の1に相当するネットワークのプレゼント!
宝の山を見て病気が出ない方がおかしい。それから毎晩、コイルやコンデンサーと悪戦苦闘。
低域はすぐに決まってしまったが、中、高域の配分が難しい。
音が決まらない内にotoさんの試聴・・・・明らかに去年のバランスの欠片も無い。
明日は、タモリ倶楽部でもお馴染みの集まれ塩ビ管スピーカーさんのOFF会に参加となっていましたので、心底参りました。

家族サービスを早めに切り上げて、一心不乱にネットワークの調整を開始しました。
自分の音は覚えていたので、まずは自分の音にするように音合わせをして詰めてから、アクセントを付けるようにしました。
会場は、ハイ落ち気味の部屋でしたので若干、高域にエネルギーを持たせて上々の仕上がりとなりました。
(あくまで個人的な意見)
しかし、結果はアッテネーター全開でやっと通常レベルより若干低い程度の音圧でした。
考慮したハイのレベルが思ったほど上がっていない。
これはショックでした・・・・部屋の改造が進んだため、他の部屋との違いを完全に読み間違えていた。
危うく井の中の蛙になるところでした。

話は変わって、今週末にはメインを梱包、昭島へ送らなければなりません。
結果はどうあれ、最善は尽くしたい。
今日も、ネットワークと奮闘!音圧的な調整はとっくに終わっているのですが、何か不自然さ、ひっかかりが残っている。
kenbeサウンドへの引っかかりを払拭出来ないでいました。
そして、今晩も懲りもせずネットワーク弄りをしていました。

素子の交換、また交換と満身創痍のネットワークです。
画像 1086

高域の滑らかさを出すためにオイルコンを使用していましたが、ツイーターの音圧が低いのでコンデンサーの容量を大きくする必要性が出たため、コンデンサーを変えることにした。
画像 1087

だめもと思い、FostexにはFostexのコンデンサーを使って見たら、結果オーライでこのコンデンサーに決める。
コンデンサーを一巡したような気がしてならないは気のせいか・・・・?
画像 1090

もう、メーカーなど構っていられない!ごちゃごやですね。
画像 1091

これでも、自分の音が出てこない・・・・完全な迷走状態に陥りました。
そこで、原点に戻り、各ユニットを1本ずつ、2本ずつと確認して行ったら、重大なミスを仕出かしていました。
それは、ミッド+ツイーターの組み合わせをアッテネーターでツイーターを切った時に、発生しました。
アッテネーターの影響下にないMG100HR-Wのノイズが酷く、音圧も上がらず酷く歪んだ音がする?
アッテネーターのダイヤルを少し回すと、一瞬で綺麗な音に変化する?
ネットワークの配線を再度見直したら・・・・・馬鹿でした、アホでした、酷い勘違いに疲れました。
ミスを改善したら、紙一重の違いで戻ってきましたkenbeサウンド・・・・皮肉にもリベンジで聴いて貰いたいotoさんは遠い北海道へ帰えちゃったし・・・・・後は、プロの方々に評価はお任せして結果を待ちたいと思います。

☆kenbeサウンド=過去の一番よかった頃の自分の音です。
紛らわしかったハンドル名は今後kenbeにします。

| 自作スピーカー | 23:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歳を感じた瞬間!!

昨日の楽しかった時間と打って変わって、拷問に似た仕置きを受けています。
昨日、無謀にも新横浜まで持っていったメインスピーカーです。
通常ならこんな重いものを3Fから下げたりしません。
その気になったのは、部屋の違いよる音の違いを確認したかったからです。
読みの通り、部屋の違いがはっきり出ました。
低域は少し、過多気味と感じていましたが、量感も自室より減り逆に締りが良くなった様に思えた。
高域は予想の範疇でしたので、少し能率を上げてアッテネーターの調整で望みましたが、アッテネーターを全開にしても高域が少なく感じた・・・・・家では11時付近で十分なレベルだった。
コンテスト用にCの容量を少し大きくしないとハイ落ちになる可能性が確認できたことは大いなる収穫でした。
話が大分逸れました・・・・
実は怒った女房に鞭や蝋燭で・・・・拷問に似た仕置きを受けたではなくて、昨日のスピーカーを調整のため再度、3Fまで荷揚げをしました。
一人で抱っこをする要領で、運んだので全身の筋肉が総動員されたように思えるほど体が震えていました。
狭く急な階段ですので、労力はさることながら、壁に傷を付けまいと神経をすり減らし、心臓は高鳴るし散々です。

この急な階段を上り下りをしている。・・・重量物を持って・・・・
画像 1080

車から降ろしてこの1F廊下まで持ってくるのに、一汗を掻いてしまった。
ここをスタートに3Fの部屋まで一気に駆け登る?・・・実は3回ほど休みを入れました。
画像 1081

休憩中  やっと、運び込むが腕は既にパンパン状態、暫くは休まないと重いものが持てない・・歳を感じた瞬間です。
画像 1083

疲れました。
画像 1085

梱包をどうしようかな?

http://www.enbisp.com/modules/xpwiki/144.html

| 独り言 | 23:19 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3連休最終日 集まれ塩ビ管スピーカーさんのOFF会参加

3連休の殆どがオーディオ三昧の日々が続きました。
最終日は、待望の集まれ塩ビ管スピーカーさんのOFF会への参加でした。
一昨年、昨年とお誘いを貰いながら、試験で参加が出来ず断腸の思いでいましたが、今年はギリギリ参加をすることが出来ました。
9日、10日は近隣のオーディオ仲間を中心にしたOFF会及び宴会へ参加をしていましたので、3日連続で家には殆どいない状態が続き、流石の女房殿も頭から角が生えていたように見えましたが、そこは見ないようにしていました。
昨日の早朝は、女房が寝ている隙に家を5時40分ごろ出発してwさんちに向かう。
突然の話ですが、wさんちに滞在していた府中のFさんも同行することになっていました。
wさんちを6時過ぎに出発、箱根経由で新横浜へ向かう。
連休中で湘南は混むのかなと若干の心配はありましたが、マイ・ロードを行くが如く気持ちよいドライブとなり、コニさん宅への予定到着時間より大分早く到着してしまい、近くのファミリーレストランで腹ごしらえをしていたら、また早朝よりFさんとオーディオ談義になってしまった。
コニさんに連絡する時間を忘れてしまい、逆にコニさんから連絡を貰ってしまいました(汗)
コニさんご心配をかけてすみませんでした。
そして、新横浜に向かい予定の時刻より大分早い到着でしたが、既にたてちゅうさんとなおさんは到着をされていました。

画像 1044

画像 1057

と大盛況でした。
この時の詳細は、集まれ塩ビ管スピーカーさんのHPで紹介をされると思います。
http://www.enbisp.com/

| off会 | 06:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと早いオーディオマニア・愛好家の忘年会 夜の部

DCアンプマニア邸で38cmの咆哮を沢山聴いてから、旅館を目指したのが5時過ぎでした。
DCアンプマニア邸から内浦まで30分弱の道程です。
旅館に早く着いた面々は、宴会時間が待てず早々と酒盛りの開始です。
飲み始めると1時間なんてすぐに過ぎて宴会の時間となりました。

お目当ての新鮮な海の幸、伊勢海老、太刀魚など・・・・美味しかった。
画像 1007

オーディオ談義で盛り上がっています。
飲みたい放題、食べたい放題、話したい放題と何でもやりたい放題でした。
画像 1010

こちらの3人も元気一杯!お話一杯でした。
画像 1017

またwさんが元気に! 酔いつぶれた方々を踏み潰しては、ポーズをとっていました。
まだ、何人かの酔いつぶれた方も餌食になっていましたが・・・・・・.
この会で迂闊に酔いつぶれると何をされるか、オチオチ酔ってはいられないですね。

| off会 | 19:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと早いオーディオマニア・愛好家の忘年会 初日

10月9日開催のちょっと早いオーディオマニア・愛好家の忘年会も恒例化しています。
初日は、wさんちに集合してから、各にオーディオマニア・愛好家のお部屋に数人で襲撃をします。
昨日のコースは、wさん宅⇒我家⇒伊豆長尾駅内蕎麦屋⇒サンテクニカ邸⇒DCアンプマニア邸⇒宴会場の旅館のとさわやとなりました。

まずは、我家からですが、メインのネットワークをFさんと弄りだしたので、写真を取る暇がなく、Fさんが置いていったALTECのドライバー806-8Aの写真しか無かった。トホホ
画像 987

伊豆長尾駅内蕎麦屋での軽めの昼食
画像 988

サンテクニカ邸の巨大テレビ
画像 990

DCアンプマニア邸
ちょっと見ると何の集まり?と言いたくなる面々ですが、耳だけは異常に肥えているからオーディオマニアには間違いない・・・・・因みに僕は愛好家。
画像 994

画像 991

お目当てのバッテリー式自作プリアンプ・・・・このプリが代わったためなのか?音が力強くなった。
画像 996

オンケンのスピーカーの横にはオーディオ(ウエスタン)マニアのKAZUさん。
スピーカーの大きさが分かりますね。
画像 997

画像 998

そして、沼津市内浦の旅館に向かう。
内浦に浮かぶこの島は、淡島です。
画像 1028

そして夜の部に続く。






| off会 | 11:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これから、富士山周辺のオーディオ仲間のちょっと早い忘年会

これから、耳の異常に肥えた方々が襲来してきます。
今日から明日にかけての2日間は、オーディオ三昧となります。
wさん宅を皮切りに、我家、サンテクニカ邸、DCアンプマニア邸・・・・・そして、夜の部

夜の部は、今年の3月に利用した“三津 とさわや旅館”旅館。
この旅館は、目の前が駿河湾の内浦の海が広がり、海の幸は最高!ロケーションも最高!と宴会が盛り上がります。
前回は鉄人wさんがお元気でしたが・・・
今回もチョコさん虐めをしら~としてするのか?楽しみです。
人数の変動は多少あったものの、12人の参加は素晴らしい。
平均年齢5?才の親父達の集まりです。
宴会が始まると、皆、少年の頃に戻ったように瞳を輝かせてオーディオ談義に華が咲きます。

そして、3日後は新横浜へ・・・・嫁はなんとか?説得できた?
家をほぼ3日間も不在する不良親父は、家族から顰蹙の雨あられ状態です。(大汗)

| 試み | 10:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fostexさん主催の自作スピーカーコンテスト一次審査合格♪~

自作スピーカーを趣味に持つ人にとって切っても切れない関係のスピーカーユニット製造メーカーのフォステクス・カンパニーさん主催のスピーカーコンテストがこの秋に開催されます。
僕も自作スピーカーを趣味に持つ身ですが、過去にあったFostexさんのコンテストには、敷居が高く感じて一度も応募をしたことがありませんでした。
今回、応募をするきっかけになったのは、久々にStereo誌主催の自作スピーカーコンテストの会場へ訪問した事がきっかけになっています。
Stereo誌主催の自作スピーカーコンテストへの本選通過も前の参加の時から数えて5年の歳月が流れていました。
2005年の自作スピーカーコンテスト開催場所は、既に皆様もご存知だと思いますが、長岡鉄男先生のリスニングルームの方舟で実施していました。
その時の様子が昨日の時のように思い出されました。
そのときの付き添いの方もBUIさんとKO球さんと同じメンバーで会場に来ていましたので、尚更その気持ちも強かった思います。
今は亡き、佐藤さんも元気なお姿で審査をされていました。
ご存命であれば・・・・・とそのときの様子が終始ダブっていました。
コンテストが終了して、方舟からせんげん台駅への帰り道をご一緒した時のことが思い出されました。
応募内容には書きませんでしたが、そのときに佐藤さんとの会話中に、僕がFostexさんのコンテストには敷居が高くて一度も応募をしたことが無いのですよと笑いながら言ったら、『それは非常にまずいですね』とお答えになった笑顔が印象的でした。
それから、機会を狙っていましたが残念なことにFostexさんのコンテストは今回までありませんでした。
しかし、自己の中では相変わらず敷居の高いコンテストであり、応募したい気持ちと裏腹にスルーして逃げたい気持ちとが葛藤していました。
そして、締め切りギリギリの29日に意を決して応募の書類を送付しました。

そして、本日届いた一通の封書
それは、待ち焦がれていた自作マイクラフト・スピーカー大募集一次審査合格の通知
画像 981

Fostexさんありがとうございました。
2次審査に送り出すまで精一杯、自分なりに音を調整する所存です。
画像 982

明日は、待望のオーディオ仲間の飲み会の肴で、我家に耳の肥えたオーディオ超マニアの方々の襲撃が午前中あります。
音の調整は、90%は済んでいると勘違いをしています。
本当は半分も済んでいないのかも・・・・・
明日、近隣のマニアの襲撃、明後日は、北海道の雄otoさん、サーロジックの村田さんと超豪華な方々の来訪です。
・・・・・コンテストの前に逃げたい心境になってきました。
11日は集まれ塩ビ管さんのOFF会へ、夫婦喧嘩覚悟で参加する予定です。
3日連続のオーディオ三昧・・・・生きてて良かったと思える幸せな瞬間ですね。

| 自作スピーカーコンテスト応募編 | 20:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

府中からの贈り物

府中市のFさんからのサプライズな贈り物が2箱届きました。
個人情報に触れない程度でFさんの簡単なご紹介をします。
Fさんは府中市に在住で、鉄人wさんのお友達です。
そんな関係により、三島市周辺のオーディオ仲間とは以前より親交がありました。
暫く、音信はありませんでしたが、先月の9月23日に開催されれたOFF会で偶然に再会、お酒の席までご一緒をさせて頂きました。
そして、その時の話の続きが今日のお荷物になりました。
画像 975

あけてびっくり玉手箱・・・ネットワーク地獄の超特急券がぎっしりと箱詰され、これでもかと箱一杯に入っていました。
大型コイルにオイルコン、フィルムコン、アッテネーターや昔懐かしきヤマハ1000Mのネットワークとまさに魅惑のネットワークの世界へ引きずり込むには十分過ぎる物量です。
Fさんありがとうございます。
画像 976

昔懐かしのFostex社製のコイルとコンデンサーの3way用のネットワークが既に出来ています。
画像 977

嫁から見たら、ガラクタに見えるでしょうが僕には宝石に見えるから、価値観は相当違うと思います。
嫁に見つかる前に隠さないと・・・【汗】
画像 978

1000Mのネットワークですが、昔は凄いネットワークに見えましたが・・・・
目の肥えた今では・・・・ですね。
画像 979

これで、暫くはネットワーク地獄の世界で遊べます。
Fさんに感謝!感謝!です。

| 自作スピーカー | 20:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4way化したメインの音

曲はお決まりの・・・・・
コンテスト向けに調整したメインの音です。

[広告 ] VPS

| 試み | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT