ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スピーカー再生技術研究会主催のOFF会の紹介

9月4日(日)スピーカー再生技術研究会さんのOFF会が開催されます。

興味のある方は、是非!参加されてみてはいかがでしょうか。

昨年の様子
20100924000445370_20110901084647.jpg


イベント情報

第2回公開オフ会
2011年9月4日(日)中野区の中野ZERO視聴覚ホール で実施します。現段階での予定は以下の通りです。

9:00
発表者及び会員入場、準備

10:00
鈴木
多自由度バスレフについて
デモには、ペットボトルで空気室を構成した標準MCAP-CR型のスピーカーシステムを使用します。3月18日の『タモリ倶楽部』で紹介した作品です(配布資料)。

10:30
加藤
リングダクトを基礎としたスパイラル長音道システムの効果(配布資料)
11:00
今井
測定部会
バスレフ、密閉を比較した測定レポート及びイコライザーによる「良い音特性」等のデモを実施します。
今回発表のシステムの特性も選択して検証します(配布資料)。

11:40

無指向性スピーカーシステムASURA(2008年Stereo誌コンテスト準グランプリ作品です)

12:10
休憩 情報交換の時間です。

13:00
金子 新方式密閉型スピーカーシステム(配布資料)
13:30
ケイ シリコンゴム製球形エンクロージャースピーカーシステム(配布資料)
14:00
大沢 多重共鳴管、ポート交換式MCAP-CR(配布資料1、配布資料1)
14:30 高橋
Isobarik形式とFostex型ダブルバスレフエンクロージャを組合せたスピーカーシステム(詳細資料、配布資料)
15:00
未定
一般参加(広い会場で自作品を思いきり鳴らしてみたい!等)
会員以外の参加も受け付けます。時間が許せば飛入りも歓迎です。

15:30
鈴木
チャリティーオークション
(遊休品や自作品を持ち寄り、会場でオークション販売。売上を被災地の復興のために寄付します)
スピーカーシステム数点、スピーカーユニット等何が出るかお楽しみに!スピーカーシステムは聞いてから入札できます。

16:00
鈴木
自由視聴
リクエストにお答えして、お好きなCDをお聞かせできます。
CDはご持参ください。

16:30
終了・撤収




エントリーされない方も、会員以外もアイディア等ご連絡ください。
speaker.ken@gmail.com または、会の掲示板からお願い致します。
エントリー枠はまだありますので、会員以外の方も是非エントリーしてください。


追記
第一回目の開催は、僕も参加してブログでも紹介しました。
http://kenbe.blog68.fc2.com/blog-entry-1365.html

| off会 | 22:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリウス30型 シートカバー張り

先に、お詫びを申し上げます。
また、また工作(自作スピーカー)ネタでなくてすみません。

試験を無事に終了して帰宅したら、ネットで昨日に注文を入れてあったプリウス専用のシートカバーが早々に届いていました。
実は、特別仕様車は特別色やサービス品など良い面は多いのですが、汚れが目立ちそうなシートの色がどうにもこうにも好きになれなく、シックな雰囲気のグレーのシートカバーをオートウェアさんに注文をした次第でした。

ボディー色をグレーメタリックにしたので、シートの色が自動的にアクア×ミストグレーに決まってしまいました。
この白に近いグレー? 見た目は綺麗ですが、逆に汚れが目立ちそうで気になって仕方ない・・・そんな新車購入者の心理をメーカーの設計者は、理解をして欲しかったですね。
因みにマイナーチェンジでは、シートは黒になるとか?
画像 2174

早々にシートカバーを、土曜日の午前中に注文していました。
まさか?翌日は届いているとは・・・対応の早さに感謝!感謝!ですね。
実は、在庫が最後の1個で、これを逃すと1ヶ月近く納期が掛かるところでしたから、本当にラッキーでした。
画像 2163

開けてびっくり、説明書の内容が簡単過ぎるよぉ~(汗)
もっとも、説明書の内容読んでみたらオートウェアさんのHPから、シートカバーの取付手順を参考にするように書いてあったし、不明な点があれば直接電話を入れるように親切に書いてありました。(感謝)
早速!写真の右奥に写っているシートカバー装着手順書をプリントアウトして、作業開始です。
画像 2164

苦労して取付けてから気がついた・・・シートカバーの装着手順(動画)!!・・・・もっと早く知っていれば・・・・トホホ
http://kspec-tv.com/archives/2010/08/09161919.php

まずは、サイズのぴっちりした長め靴下を履く要領で、シートカバーを半分ほど折り返す。
画像 2165

プリウス30型専用のオーダーメイド製品ですから、寸法はぴったりです。
ゆえに、取付けるのに汗だく状態になりましたが、これは品質の良さの証と内心微笑んでいました。
画像 2166

どうにか、納まるところに納まった感じになりましたが・・・・・穴が小さい・・(汗)(汗)
画像 2167

意外と伸びる素材で助かりました。
何とかなりそうです。
画像 2168

何とかなりました。
綺麗ですね。・・・カッコイイですね。・・・大満足です。
画像 2170

嫁に手伝ってもらい何とか運転席と助手席の装着完了です。
このフィット感、流石はプリウス30型専用のシートカバーですね。
p1.jpg

後部座席の取付けが完了したころには、既に辺りは真っ暗になっていました。
後部座席の取付けは曲者ので、初めて挑戦する人には大変な作業になります。
後部座席の取り外しや、シートベルトの取り外しなど、予め分かっていればなんて事は無いのですが、なんたって初めての挑戦です。
取付けては取り外すの連続のやり直し作業には、参りました。
p3.jpg

p2.jpg

画像 2180

画像 2416

画像 2417

使用前、使用後
無題33

途中の写真を大分端折っていますが、狭いところに体が入らずに嫁の応援要請もありと肝心なところの写真を撮り忘れていました。
いつもの事ですが、慣れたころには作業が終了。
このシートカバーの材質は、ヌブリノー生地を使用していますので、触感は皮そのものです。
きっと?黙っていれば本皮と間違える方もいると思います。

因みに、製品名(ランク)は“モダン”としました。
見た目も良く車格が数段あがったように感じていますし、座った感じも高級感たっぷりで良い買い物をしたとしみじみ思っています。

| プリウス | 22:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Stereo誌主催・2011年自作スピーカーコンテスト締め切り

今年も、Stereo誌主催の2011年自作スピーカーコンテストの締め切り日が近づいてきました。

締め切り 9月12日(月)必着

今日、明日も外せない用事が入っているため、工作は出来ない状態です。
コンテスト用の試作箱はあるものの、正式に製作した箱は未だに無い状態で、残された時間は2週間を切っていますので、若干の焦りの気持ちが頭をもたげる。
きっと、念願のプリウスが納車され、心に余裕が出てきたためでしょう。
そんなこともあり、朝食時にその事でぼやいていたら妻から一言『いい加減、コンテストへ参加から卒業したら・・』と一言・・・・この一言は、重く心に圧し掛かりました。

最近、自分自身でも自作スピーカー製作を趣味として歩む方向性を自己問答をすることが多くなっていました。
同誌7月号の競作から影響を受けてからというもの、誰にも簡単に出来、且つローコストで音の良い見た目の良い作品が出来ないかと考案しています。
誰でもが、安く簡単に製作が出来れば、自作スピーカーを趣味とする仲間を増やす事への協力が微力でも出来るのではないかとの考えから悩んでいるわけですが、現状は一向に考えが纏まらず、具現化することも出来ないで放置状態のままです。
纏まらない理由を自己分析したら、どうも、今までのコンテストへの挑戦の経験が、邪魔をしてりいるようです。
コンテスト=競作・・・読んで字のごとく出品者の方々の作品と競い合う場への参加でした。
参加する以上は、上位を狙いたいのが人情です。
音、形、仕上げ、方式と他の誰よりも優れたもを作らなければ上位入賞は望めないと、持てる情熱を全て箱に注ぎ込みます。
他の参加する方々も大なり小なりこのような気持ちでスピーカーの箱の製作に取り掛かっているのではないかと思いますが、違っていたら申し訳ありません。
全力投球を本文としてきた自作スピーカー魂は、簡単には捨てきれないでいるのが本音で、この気持ちが払拭できないため、考えが纏まらない事に気がつきました。
これでは、きっと!箱の案は当分纏まらないですね。

今回のコンテストへの応募は、嫁の反対!!、時間の不足、自己のポリシーへの思いと、弊害が多いので、応募をするかどうか?・・・・・迷うばかりです。


| stereo誌関連 | 08:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“プリウス30型”・・・・意外と早かった納車

プリウスのミニバンのプリウスαが発売になったのを新聞で知り、ディーラーを訪ねたのが6月26日でした。
その時の成り行きで衝動的にプリウス30型の新車購入の仮契約をしてしまい、正式手付金を支払い契約が成立したのが6月28日。
納車を待つ事、2ヶ月弱で予定通りにプリウスが納車されました。

特別仕様車S-LEDエディション  ボディー色グレーメタリック
無題


契約した当初は、納期などさして気にならなかったのですが、納入予定日の期日が近づくにつれ納入日が気になって仕方ない心理状況が続き、お恥ずかしい事に気持ちがプリウスの納車待ち一色になっていました。(汗)
そんな、心理状況でしたので自作スピーカー製作の意欲など、どこかへ置き忘れて来たような状況になってしまい殆ど活動していませんでしたが、これでどうにか気持ちも元に戻れそうです。
無題12


マイナーチェンジが、11月に有るとか無いとか?
少し気になるところですね。

あとは、同時期に契約をしたオーディオ仲間のチョコさんのフィットワゴンの納車が気になるところですが・・・・

| プリウス | 19:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FE88ES-R小型バスレフ箱の音

昨日、製作をした小型バスレフ中箱にスピーカーユニットを取り付けて試聴をしました。
試聴した結果は予想通りに、低域が不足した典型的なオーバーダンピングの音をしています。
やはり、バランスを取るにはプラスウーハーが必要なようですね。

画像 2152

[広告 ] VPS

| 自作スピーカー | 20:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

純喫茶“西ん風”さんから自作スピーカーの製作依頼

伊豆の西海岸の港町、松崎町にある純喫茶“西ん風”。
【http://kenbe.blog68.fc2.com/blog-entry-815.html】
その西ん風さんのオーナーのT氏にスピーカー製作の依頼の相談を受けたのが、2,3ヶ月前だったと記憶しています。
相談の内容は、テーブルを増やそうと考えているのですが、今使用しているスピーカーが大きすぎるので天吊りか、壁掛けか、他の方法で、床面積を確保したいとの希望でした。

このミシンのあった場所にスピーカーが入れ替わりに、設置された。
その代わりにに、ミシンは・・・・・テーブルの置けるスペースの場所に移され、現在に至っています。
画像 1027

箱のサイズや方式を色々と考えましたが、帯に短し、襷に長しの状態で案が、纏まらない状態が暫く続きました。
自己流に考えた試行錯誤の結果を紹介します。
まずは、天吊りだと天井、梁の強度の検討は、当然ですが、吊金具、チェーンなどの強度検討もしないと、地震の際にとんでもない事なる可能性が考えられる。
スピーカーボックスを吊っている金具が壊れて落下、お客様の脳天直撃では大惨事になってしまいます!
音が良いとか悪いとかの問題の前に却下しました。
次は、スパイラル式のBHを壁に掛ける案を考えるが、欅の柱や梁、壁は漆喰と贅沢な壁にスピーカーを取り付けるための傷は、ご法度ですのでこれも却下しました。
残るは、スピーカーの箱の小型化になりますが、これはこれで、音に問題が残る。
小型の箱は、基本的に低音が不足する。
対策は、サブウーハーをプラスすれば解決するので、この2分割式を進める事にした。

T氏に音の好みを聞くと、フルレンジが良く、特にFE88ES-Rがお気に入りだと言う。
こうなると、単純にFE88ES-Rの小箱+サブウーハーで方針は決まってしまった。

スピーカーの製作時期は。9月以降にお願いをしていましたが、本日は、珍しく涼しい・・・BHや化粧などの工作は大変ですが、FE88ES-Rの小箱なら、簡単に短時間で出来ますので、試しに作る事にしました。

それでは、簡単な工作の開始です。
カットした板に自在錐で穴を開けたり、ドリルで穴を開ければ加工は完了です。
画像 2141

組立開始です。
画像 2144

バスレフ用のダクトは、塩ビ管は止めてMFDの積層としました。
この不揃いの板の積層が良いんですよね。
画像 2145

1時間足らずで完成をしてしまいました。
しかし、ここまでは早いですが、音が悪ければゴミとなります。
音が、良くても化粧が残っています。
この箱は、試作箱でもあり、化粧前中箱でもあります。
画像 2148

後ほど、ユニットを取り付けて音の確認をしたいと考えています。


| 自作スピーカー | 14:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

珍しくオーディオの無い?お盆休み

お盆休みは、12日~17日の6日間で、本日が最終のお休みとなります。
いつもなら、オーディオネタになる行動をしているのですが、今回の休みはその手の行動が殆ど無く過ごしています。
唯一、あるとしたら同級生達との飲み会の出席のために帰省したとき、西ん風さんに立ち寄った際に、お店用の新しいスピーカー製作の打ち合わせをしたぐらいでした。
現状の西ん風さんのスピーカーは、FE88ES-R1本を使用したバックロードを使用しています。
色々なと案を出し、決まった方法はFE88ES-Rの音をそのまま生かし、箱を小型バスレフ化として、減るであろう予想される低域を、リベンジで使用したバックロード・バスレフ式の16cmサブウーハーと同じ物を製作して、低域の補強を図る事にした。
サブウーハーの中箱は既に、他のシステムを作るつもり製作を完了していたので、化粧をすれば完成をします。

画像 2137

バスレフのポート径は50mmとなっています。
この上に、化粧用の板で塩ビ管の部分を消すように板に穴を開ければ綺麗になると思います。
画像 2139

工作の難易度としては、小型バスレフとサブウーハーの化粧と難しい物ではありませんが、この暑さでは到底やる気が出ませんので、涼しくなったら作る事にしました。

stereo誌のコンテスト用の箱も作らなければと思ってはいるのですが、この暑さではやる気が喪失してしまいます。
気持ちだけが焦り、何もしていない日々が過ぎて行きます。(汗)
あと、オーディオに身が入らないのは、注文してある車の納車日が決まらない事などが起因しているようにも感じています。
他にも、某国家試験の受験などもあり、個人的な精神面でオーディオにまで気持ちが回らない事も原因なようなきがします。
9月になれば、全てが解決? きっと元気も出るでしょう。
 

| 独り言 | 06:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アキバ 音展開催のお知らせ

音展
今年は、SPコンテストは無いけれど、何か熱そうですね。

http://www.oto10.jp/

| 試み | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花火 丹那の猫祭り

我が家の屋上から見える毎年恒例の丹那の猫祭りの花火大会。
時間にして20分程度か? それでも花火の醍醐味は味わえます。
今年は、新導入したQ3(ローコスト・レコーダー)で花火の録音に挑戦してみました。
ご近所の人の声は、花火大会の雰囲気を出してくれてありがたいのですが、家の前を走る自動車の騒音が、雰囲気をブチ壊しています。・・・・・家の前は、伊豆への往来の道で交通量は非常に多くオーディオをする環境としては最悪の立地条件です。

話が横道にそれますが建替え前の木造住宅の時には、外部への音漏れによる近所迷惑より、外部からの部屋に侵入する騒音が気になって音楽を楽しめない事が多かったです。
お陰さまで、コスト的に50%も割高な鉄筋コンクリート住宅を建てざるをえない状況になり、ルームチューン地獄に数年間も陥る結果となりました。
解決までの数年の苦労が今では懐かしく思えます。

動画での試聴は、音量をmaxにして聴くとよりリアルに聞えます。もちろんヘッドホンに限ります。
録音レベルはHポジションでの録音となります。

[広告 ] VPS


映像と音との差が、約1秒・・・・・花火打ち上げ場所は狩野川河川敷ですので我が家から狩野川までの距離は約340m南になるのかなぁ~?

その2 途中でQ3を見た妻が“これ何”と一言・・・・思わず、ヘッドホーンをしている事を忘れ、後ろに妻がいるのかと錯覚をして振り向いてしまった。(汗)

[広告 ] VPS

| 未分類 | 21:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

P800【フルレンジ】×2+P800【ツイーター】 リベンジ?

物は試し、ツイーター用のP800【3.5μF】を追加して2wayとしました。
バランス的にはスパイス程度しか入っていないツイーター用のP800の音ですが、あら不思議?
画像 1996
後ろにもスピーカーが・・・・これがリバーシーの名の由縁になっています。
画像 1997

さて!違いが・・・・・

[広告 ] VPS

| stereo誌関連 | 20:36 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

P800 カーペンターズ編

たてちゅうさん、HERAさん
コメントをありがとうございます。
なつかしのjazzに嵌っていました。
早速ですが、お馴染みのカーペンターズの曲をメドレー風に録音しましたので、感想をお願いします。

[広告 ] VPS

| stereo誌関連 | 20:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーディオ専門月刊誌・Stereo誌7月号の付録スピーカー P800の実力

P800をQ3で録音しました。


[広告 ] VPS


昨日、実家のある田舎に行っていました。
無人と化した実家の手入れや不要物の除去など、妻と二人とも久々に汗ダクダク状態になっていました。
家の片付けなどを終了して、母親のいる特別養護老人ホームを訪ね忘れ物を取りに駐車場に戻ると、偶然にも西ん風さんと再会、炎天下の中オーディオ談義に花が咲く、実は、西ん風さんの最近のお気に入りスピーカーが、P800を2本使用した新作リバーシーです。
我が家に訪問した際のjazzの音が大変印象的だったと述べていまいました。
そんな経緯もあり、個人的にもP800の実力に感心してブログにアップしましたが・・・果たして皆様のご感想は如何に・・・ですね。(汗)

| stereo誌関連 | 19:59 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |