ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ミューズの方舟主催「自作スピーカーコンテスト2012」                   開催のお知らせ

ステレオ誌主催の自作スピーカーコンテストも終了して楽しみも一つ減りましたが、
まだまだ、肝心な自作スピーカーコンテストが残っています。
管理人も籍を置くミューズの方舟主催の自作スピーカーコンテストが下記の内容で12月初旬に開催されます。


ミューズの方舟主催「自作スピーカーコンテスト2012」が12月9日(日)に開催されます。

今年のテーマは「FOSTEX FX120 1発のスピーカーシステム」です。

■日時:2012年 12月 9日(日 13:00開始(12:30開場)
■会場:品川区立中小企業センター 3階レクリエーションホール
     品川区西品川1-28-3
■交通:京浜東北線・りんかい線「大井町」徒歩10分
    東急大井町線「下神明」徒歩2分  (車でのご来場はご遠慮ください)
■入場無料
■出品の申し込みは既に締切っています。
・今回のコンテストには8作品がエントリー。
・1人11分の持ち時間の中で共通ソフト・自由ソフトを鳴らし、作品の説明を交えながら進行。
・全作品を試聴したお客さま、出品者、スタッフ全員の投票によって受賞作を決定。
・審査は音質・ルックス・アイデアの3部門。
・ゲストによる作品の講評の後に表彰及び賞品の授与を行います。

■問合せ先はこちら>>>muses-ark@mbr.nifty.com

| off会 | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道へ 最終日

北海道に滞在3日目、2泊3日の滞在も最終日になりました。
楽しい一時は、あっという間に過ぎていきます。
早朝、二日酔いにもならず目覚めの良い朝を迎えました。
10時にはotoさんが、お迎えに来る時間です。
3日間、我々のために時間や車を提供してくださり、ありがとうございます。
チェックアウトの時間が近づくと、荷物をまとめホテルロビーに向かう。
外には定刻通り、otoさんのお迎えが来ていました。

最終日の観光めぐりの最初の場所は、滝野の霊園。
巨石の建造物で有名な霊園との事前情報はありました。
実物を見ると規模の大きさに圧倒をされます。

ストーンヘンジ
CIMG1476 (500x375)

CIMG1511 (500x375)





≫ Read More

| 愛好家宅訪問記 | 05:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道へ 2日目(午後)

一晩寝たら、仕事の疲れは吹っ飛びました。
明日は、ステレオ誌のスピーカーコンテスト・イン・神楽坂です。
沢山の出品作を見るのが、非常に楽しみですね。

北海道へ2日目の午後編は、札幌から舞台を小樽に変えての行動です。
小樽と言ったら寿司が有名です。
Y氏の案内で寿司屋に向かう。
アケードを抜けて目的地の寿司屋さん前に到着。
411 (375x500)

そして階段を駆け上がり、店内に通される。
Y氏はこのお店の常連で、特等席?に通された。

まずは、ビールですね。 この通しも美味い!
397 (500x375)

突然、左側の障子戸が開き寿司職人さんがお目見え、なんと贅沢な!我々のために職人さんが一人付く。
ドライバーのかたは、申し訳ないのですがノンアルコールビールです。
398 (500x375)




≫ Read More

| 愛好家宅訪問記 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道へ 2日目(北大)

只今、1泊2日で成田から帰ってきました。
今週は、家にいたのは2日間のみと、個人的に多忙になっています。
お陰様で、またブログの更新が遅れています。

北海道の2日目の予定は、北大めぐりからY邸の訪問、小樽の散策及び超美味い寿司、ジャズ喫茶巡り、夜は宴会、
そして、ジャズ喫茶巡りの予定ですが、果たしてすべて堪能できたでしょうか?

10時にホテルにotoさんのお迎えで、北大に向かう途中の大通り公園付近で馬車を発見、珍しいので車窓からパチリ。 
誰?この馬を馬刺しにしたら・・・と言う不届なお方は!
298 (500x375)

北大の校内でパラゴン所有で有名なY氏と待合せ、北大はY氏の母校なので校内のすべてを熟知しているご様子。
Y氏の案内で有名なポプラ並木へ
306 (375x500)

311 (500x375)

≫ Read More

| 愛好家宅訪問記 | 21:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道へ 初日(午後)

超おいしいラーメンで腹も膨らみ、次の目的地のoto邸に向かう。
ブログで毎日、拝見していますが、実物を見るのは初めて・・・ルームチューンの進んだ部屋にハイエンド機器。
期待せずにはいられないですね。
ラーメン屋から30分ほどか?しばらく走ると待望のoto邸に到着をする。
比較的に、交通量の多い通りにガレージを介して連立する平屋のオーディオルームの外観は、2階建ての高さのある家を連想させる造りです。
隣の母屋も超豪華な造りな豪邸に圧倒されます。

オーディオルームへ続く路地・・・1ヶ月もすれば、きっとここも雪が積もっていることでしょう。
215 (375x500)

ブログで見た通りの部屋、柏手を打つが高域の癖はない。
声も膨らまないし、ほどほどの響きもある。
床の感触は、我が家並みの強度がありそうだし、壁はブロックなのでブーミングの心配もないですね。
208 (500x375)

このブロックの量が半端ではない、運ぶだけでも大変です。・・・otoさんのバイタリティーには脱帽です。
世の中には、上には上がいるものとつくづく思う。
蛇足なるのですが、天井から釣り下がっている石板を合わせたルームチューングッズのアイディアも素晴らしい。
takeot邸にあったグッズも発見!仲間内の情報交換、親密度の表れですね。
211 (500x375)

駆動系は高級機がずらり。
214 (500x375)

≫ Read More

| 愛好家宅訪問記 | 08:00 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

北海道へ 初日

昨日、出張先のホテルで夕食中に電話連絡が入りました。
宛名を見ると、同級生からの連絡でした。
最近、ネタも無い事もありましたが、社内での仕事内容が変わったため出張が多くなりブログの更新を2週間もしていませんでした。
結果、夏にこの体系を見ていたためか?
入院でもしているのではないかと、心配の電話でした。
同級生は、心配する心はありがたいですね。
少しは、ダイエットを真面目に考えなければならない時が、来ているのかもしれませんね。
話が大分それましたので本題に戻します。(汗)

千歳空港でotoさんとの再会を果たし、各人荷物をさげてotoさんの愛車の駐車してある駐車場に向かう。
そこで、気温の違いが肌身に凍みた。
伊豆の12月初旬ぐらいの気候に感じ、薄着だった我が身に後悔の念・・・・(汗は出ないですね。)

トップの訪問先はオーディオ関係では無く、otoさんの案内で恵庭の紅葉見学に向かいました。
どこをどう走ったのか?ここは何処?私は誰状態のまま、目的地に到着。
伊豆から来た身には寒い北海道でしたが、紅葉には少し早かったようで青い葉が殆どでした。
目的地は、フィルダムの真下に位置している駐車場でしたので、必然的に目の前に立ちはだかる大きな堤(フィルダム)が目に入ります。
なんとかと山羊は高いところが好きという訳ではありませんが、せっかく来たのでフィルダムの頂上まで、階段を駆け上がる・・・這いずってやっと到着。

169 (500x375)

チョコさんとDCアンプマニアさんとツーショット。
気分爽快!話も弾んでいるようです。  見れば見るほどDCアンプマニアさんの格好は、真冬の格好?
175 (500x375)

フィルダムの裏側ですが、雨が少ないせいか?水量が少なかった。
170 (500x375) (2)


時間にして1時間ほどで次の目的地、takeot邸に向かう。
takeot邸は、札幌の北方です。
恵庭から1時間ほど走り閑静な住宅地にあるtakeot邸に到着。
隣地との距離もあり、オーディオをするには良い環境と感じました。
家の前に迎えに出ていたtakeot氏に初顔合わせのはずだったのですが、takeotさんの表情が初めて会う人への表情ではなかった。
気になったので訪ねてみると、雑誌で面が割れていたため初対面のような気がしなかったようです。
・・・これでは、悪いことは出来ませんね。(笑)
そして、リスニングルームへ入る・・・思わず侍にあったような気分になる。
おそらく?もとはリビングだったのではないかと思われる広いキャパを、氏が強引にオーディオルーム化したような跡が沢山・・・強い意志でオーディオを楽しんでおらる仲間がまた一人いました。

38㎝フルレンジは、JBLのD130。
189 (500x375)

この棒は・・・・ルームチューングッズの一つと思いますが・・・・やっぱり、侍であった。
188 (375x500)

耳の煩い・・・口煩い?面々の評価は?
個人的の感想は、タイト系の音で気持ちが良い。
マルチ化かネットワークでの調整か、迷っておられた様子ですが、2wayなので簡単にバイアンプ化が良いような気がしますが・・・果たして・・・・ご本人次第ですね。
195 (500x375)


次の目的地は、味噌味は日本一と評判の彩味での昼食に向かう。
待つこと1時間は普通、むしろ短いとのことでしたので早めに向かいましたが、既に40人ほど先客が並んでいる。
実は、道路以外に店中にも並んで座っている方がいるのであったが、このときはそのことを知っていなかった。
196 (500x375)

やっと、お店の暖簾が目の当たりに・・・
198 (500x375)

待つこと40分!念願の試食。
左が醤油味(普通盛り)700円、右が味噌味(大盛り)800円。
さて、お味の結果は・・・・?
201 (500x375)

参りました。
1本負けどころか3本負けで良いくらいの味。どんぶりが物語っていますね。
203 (500x375)

そして、午後の部のoto邸に向かうことになりましたが、午後の部は後日ご紹介をしたいと思います。

| 愛好家宅訪問記 | 19:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道へ  

オーディオ宅訪問と美味いもの食べ歩きで北海道に行って参りました。

深夜、2時30分ごろ我が家にDCアンプマニアさんが迎えに立ち寄り、一路羽田空港へ向かう。
生憎の雨で東名高速を走る窓ガラス水滴がびっしり付き、運転の妨げになっている様子でしたが、
気持ちは、すでに北海道気分、同行した皆様と色々な話題も尽きることなく、あっという間に羽田に到着。
諸手続きをするのに時間が少しは早いので、朝食を取ることにしたら・・・朝からビールを注文をする御方が・・・(汗)

2 (500x375)

朝食?を済ませ諸手続きを完了して、空港ロビーへ
すると雨天でしたが、雨雲の上に顔出している富士山が見える。
1 (500x375)

機内窓からの外の景色。
4 (500x375)

無事、千歳空港に到着。
otoさんが出迎えに来てくれていました。
ありがとうございます。
久しぶりの再会に一同、大喜び!
5 (500x375)

さすがに、北海道は寒かった。
伊豆とは一ヶ月以上の差があるように感じた。
そして、この日から3日間の楽しいオーディオ宅訪問と美味いもの食べ歩きの北海道旅行の開始です。
詳しい道中記は、後程ご紹介をさせてていただきます。

こちらでも、様子が拝見できます。
http://otoaudio.blogspot.jp/

| 愛好家宅訪問記 | 02:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fostexの音 試作箱(MG130HR+FT200D)

テラークでの動画のアップが、特に問題なく推移しているので調子に乗って、
また動画のアップです。
今度は、バックロード・バスレフ(開口部を塞ぐタイプで、バックキャビにBHのスロートとバスレフのダクトを設けた物とは別です。)

| 自作スピーカー | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「スピーカー再生技術研究会」さんのイベントのお知らせ

開催日 平成24年10月7日

公開は、概ね10時~16時

場所  東京都墨田区江東橋3丁目9−10

地図  http://www.sumidasangyokaikan.jp/access/index.html

イベントの詳細  http://rilsrt.web.fc2.com/events.html

ちなみに、エントリーしてる方で同姓の方がいらっしゃいますが、僕ではありません。
仕事上の宿題があるので、時間の余裕があれば行きたいのですが・・・・・・(汗)
  
どなたでも無料で入場できますので興味のある方は是非、ご参加ください。


| off会 | 05:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メインの音 TIME WARP

相変わらず2台のデコーダー録音では、音が出ない?
PCを変えてからおかしいような?
カシオのデジカメEX-ZR200での動画録音は、内蔵マイクの性能か中高域の録音レベルが低くなっているのか?
ブミー気味に聞こえてきます。
今日、試した音源はテラークのTIME WARPです。
あまりにも有名なので紹介はしなくても良いような気もしますが、知らない人のためにご紹介をします。
51CK16xIVML.jpg

51d5L2wIL8L.jpg


| 自作スピーカー | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fostexの音 メインFT250D・MG100HR-S・FW168HR

特にソースに問題がないのか?性懲りもなくメインで録音を試みました。
相変わらず、2台のレコーダーの音がPCに落とすと反映されませんのでデジカメの動画録音となっています。
低音が録音ではブミーに聞こえますが、実際の音は心地よい量感の低域です。

このソフトは、人気があるのか?中古でも定価の倍近い値段がします。
1996年発売、“(1、9,14,15,16)ヴォリュームを上げ過ぎますとスピーカーを破損することがあります。”との歌い文句が表記されています。
CIMG1067 (500x490)

曲目リスト
1. ア・タッチ・オブ・ソニック・マッドネス(ビショップ編)
2. 歌劇「リゴレット」~女心の歌(ヴェルディ)
3. カンタータ第29番BWV29~シンフォニア ニ長調(バッハ)
4. ユー・ドント・ミス・ユア・ウォーター
5. ホッパー・ダンス
6. ブラジル風バッハ第4番~コラール(ヴィラ=ロボス)
7. ア・デイ・イン・チュニジア
8. タンブラン(モー)
9. オープニング~効果音(チラー)
10. オペラ座の怪人~序曲(ロイド・ウェッバー)
11. 楽劇「トリスタンとイゾルデ」~前奏曲(ワーグナー)
12. サルヴェ・ヴィルゴ
13. ユーズ・ミー
14. サイバージェネシス
15. ターミネーター~テーマ
16. ジュラシック・ランチ
17. トランジェント・レスポンス・テスト
18. サラウンド・ポジション・テスト~左前/センター前/右前/右サラウンド/左サラウンド/インテリア





| 試み | 20:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |