ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ダブル大さんの襲撃!!

スピーカー再生技術研究会でお馴染みの姓に大頭文字の付く御二方の訪問がありました。
実は、近隣のオーディオ仲間の少し遅い新年会の開催がありましたので、その途中に我が家に立ち寄られました。


今回も訪問者持参の力作の自作スピーカーの試聴となりました。
果たして、毎度のことですが・・・・環境の違いよる音の違いが出るのか?
興味津々の音出しの開始です。

ダブル大さん・・・面識のある方は、即、誰だかお分かりかと思います。
CIMG5953 (500x375)


スピーカーユニットの交換が、簡単に出来るようになっている優れものです。
方式は、共鳴管。
CIMG5952 (500x375)

このスピーカーの感想は、共鳴管の概念を払拭させる音でした。
低音の量感が多く、殆ど癖がなく帯域に凹凸も少なく、バランス良い音です。
中域の解像度も良く、ユニットのメーカーと型番を尋ねてしまいました。
今まで、共鳴管に手を出すことはほとんどありませんでしたが、工作意欲を掻き立てられています。
部屋による音の違いも確認出たので、内心“ほっと”した。

そして、夜の部・・・・予定の場所が、変更されるアクシデントに遭遇。
いつもと違う場所での新年会となりました。

定番の舟盛に磯の幸。
CIMG5958 (500x375)

これも定番の、アワビの踊り食い。 どこからともなく????に似ていると・・・暫く、その話で盛り上がりました。
CIMG5960 (500x375)

多い飲み、オーディオ談義に花は咲かず、他の話題で大いに盛り上がりました。
時間の経つのも早く、部屋に戻っての2次会。
CIMG5964 (500x375)

会を重ねるごとに、酔いつぶれる時間が早くなっているような?気が付くと遠方のお二人と僕だけの3人が起きているだけ・・・・・寄る年波に・・・・ですね。

| off会 | 20:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪国?

先週、お産で入院していた娘の退院で裾野市の病院に向かいました。
入院と退院と2週連続の積雪・・・・何か悪い事でもしたのか?と思わせる天候です。
三島から新しく開通した東駿河湾道路を経由して裾野に向かう。
途中、至る所で立ち往生している車や乗り捨てられた車が沢山が、道路脇に数台散見されました。
しかし、ノーマルタイヤで雪の道を進む方の多いことに驚かさせられます。


東名高速道路上り線も、国道246号線の上りも大渋滞状態、動く気配すら無かった。
茶畑から岩波に抜ける農免道路も、岩波付近で立ち往生しているトラックで通行止め状態。
なんとか、積雪の多い枝道を抜けて目的の病院に到着しましたが・・・・・・

CIMG5918 (500x375)

ご覧の通り、雪国の人には何でもない風景と思いますが、温暖な土地に慣れている者にとってはとんでもない出来事です。

CIMG5920 (500x375)

嫁は用意周到、長靴持参でしたので良かったですが、次女と僕は靴下まで雪でびしょびしょ状態でした。
退院した長女も乗せて帰宅の途に就きましたが、相変わらず東京方面は大渋滞・・・・いつ解消されるやら?


帰宅途中の風景ですが、正に雪国そのものですね。
CIMG5916 (500x375)

| 独り言 | 12:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レコードラック製作

CIMG5891 (500x375)
昨日、家の横の画像です。
20年以上住んでいますが、こんなに雪が積もったのは初めてです。
この天候の中、早朝よりホームセンターにレコード用のラックの部材を仕入れに行っていました。
板材は、メルクシパインの30mm厚、L=4200mm*W500mmの棚板1枚で出来るぎりぎりのサイズとしました。


午後から、ゆっくりとラックを組み立てようと考えていたところ、次女から携帯電話に連絡が入る。・・・・確か階下にいるはずなのに???・・・・お産で帰っていた長女を、病院に連れて行ってほしいとの連絡であった。
よりにもよって、この悪天候の日に・・・・おまけに、三島より標高の高い裾野市と御殿場市の境付近に病院がある。
予想通り病院に近づくにつれ、一段と積雪の量が多くなり、アクセルを踏むたびに緊張が走る。(大汗)
思ったより、娘の診察時間が長い・・・結局、帝王切開で出産となりました。
忘れ物と嫁、次女を乗せて、また、雪国へ・・・・・疲れました。

結局、工作は中断の儘でしたので、本日、組み立てました。

W=630mm、2段の収納。
CIMG5909 (375x500)


レコードも実家から持ってくるつもりですが、レコード盤の清掃が気になっています。

| 工作 | 18:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LPレコードを聴く

先週、衝動的にアキュフェーズの専用DACのDAC-30を購入。
今までの、パソコンオーディオの概念を払拭させられる。
そして、今週に入りAD-10も手に入れる。


毒を食らわば皿までの心境ではありませんが、最近、マンネリ化しているマイ・オーディオライフのカンフル剤にならないかと、音の出口も大事ですが音の入り口にも力を入れることにしました。
デジタル、アナログと相対するジャンルですが、やれることは沢山あります。


昨日、手に入れたAD-10をアンプに収めると、人情でアナログプレーヤーからの音が聴きたくなる。
CIMG5871 (500x375)

3Fフロアーのラックに入れっぱなしのアナログプレーヤーを引っ張り出す。
このアナログプレーヤーも購入時期から30数年の歳月が経っていますが、まともに作動するか一抹の不安が脳裏を過る。
CIMG5879 (500x375)

自システムで10年以上、レコードの音を出すことはありませんでした。
針をレコードに落とすと、レコードの溝が針からカートリッジに伝わり音が出る・・・???・・・・“パリ、パリ、ポキ、パキ”と盛大なノイズが飛び出す。
レコードクリーナーなど、どこかにほかして行方不明状態、音が出て当然です。
それに、ボードの設定の確認をしていかったため、音量が小さい。
案の定、MMの設定になっていました。(汗)


当初は、情報量の少ないぼけた音に落胆をしましたが、聴きこむ内に情報量も増えて来るし、ノイズも気にならなくなる。
おまけに、低音も力強く押し出して来るから不思議です。


しかし、音出しまでの工程の手間が掛ります。
これが、いやでず~と手を出さないでいました。
3日坊主にならなければと今から心配をしています。

| 独り言 | 10:28 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

音工房Z代表の大山さん来訪。

2月2日に音工房Zの大山さんが埼玉より来訪されました。
多忙の中、遠路、お疲れ様です。


メルマガ配信を受けている方はご存知だと思いますが、大山さんの会社は昨年引っ越しをしています。
その際、専用のオーディオルームも作っています。
部屋などの環境の違いによる音への影響は大きく、僕の場合は新築から音が改善されるまで5年の歳月が掛りました。
きっと、大山さんも以前の部屋の環境と現在の部屋の環境の変化で、戸惑いがあるのではないかと推測をしています。


まずは、メインから試聴、そしてサブメイン(木彫)、ファラオの順で試聴してゆき、大山さんの持参の2セットと聴き比べることになりました。
因みに、大山さん持参のスピーカーは、ベストセラーのT250D+FW168HRと限定品T25RD+W130RDの2セット。

CIMG5870 (375x500)

室内で聴くオーディオは、部屋の環境で音の半分以上が影響をされていると思います。
大山さんは、部屋の環境の違いで気なっている帯域があるようでしたが、我が家では2セットのいずれも明瞭で切れの良い見事な鳴りっぷりをしています。


ソフトによる気になる帯域も問題なく再生されていましたので、スピーカーの完成度は非常に高いと感じています。
もう少し、お部屋との格闘が必要になるのかなと勝手に決め込んでいますが・・・・・・果たして?

実は試聴時、サブウーファーの片チャンネルから音が出ていない・・・・デバイダーの操作ミスのようで、知らないうちに設定を変えていたようです。(汗)
と言う事もあって、途中からサブウーファーなしでの聴き比べをしていました。
やはり、個人的な一番の好みの音は、オールマグネシウムから奏でる音でした。
雑味の無い自然な感じが好きです。

CIMG5862 (500x375)

201402020192 (500x375)

他に、プラスウーファーで疑似バーチカルツイン化した時の音の変化も確認、元々、メイン、サブシステムは、バーチカルツイン化していますが、メインシステムのW-130RDのバーチカルツインの音は初めて聞きましたが、フルレンジのMG130HRとのバーチカルツインに音の傾向は似ています。
W-130RDのバーチカルツインも、より自然でこれもありかなと思わせる鳴りっぷりでした。
しかし、ユニットだけで片チャンネル12万円は・・・・悩むところですね。


理論は理論、概念を捨て教科書に載っていない方法を色々と試すのは、失敗も多いですが新しい発見もありますので非常に勉強になります。


| off会 | 20:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村