ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツイーターにローコストアンプを使用

CIMG6887 (500x375)

最近、試聴時間が長くなっている影響か?メインのツイーターの音圧が、少し足りないように感じてならない。
そこで、ツイーターの音圧を上げるために、専用のローコストアンプで音圧を上げる試をしました。

低音用に、ローコストのアンプを使用する選択はありませんが、中高域なら使用電流も少ないし、ブラインドテストでも、聞き分けることが超難しいとの結果に、気持ちの上でも後押しをされています。

使用したアンプは、以前にも一度、使用したことのあるティアックのローコストアンプのAーHO1で試してみましたが、やはり、しっくりしません。
そこで、専用アンプなしで試してみましたが、専用アンプなしの方が、情報量、音圧と大きい?何もしない方が皮肉にも良い結果となってしまった。
そこで、TOPPINGの超ローコストアンプのTP10を使用。
これは、お話にならない結果に・・・・聞き比べならば、ブラインドでの試聴でも分かるような気がします。(笑)

ダメもとで、DENONのローコストアンプPMAー390Ⅳを試したら、それなりに、違和感なく聞こえてくる。
もう少し、音の違いの検証をしてみたいと思いますが、ローコストアンプPMAー390Ⅳでそこそこ鳴ってしまうと・・・・・複雑な気持ちが残ります。

| 試み | 21:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蟲師シリーズ

蟲師のソフトとの出会いは、大沢さんが我が家に訪問された際にリファレンスで試聴した時でした。
一聴して気に入り、CDを買い求めようとアマゾンで検索したところ、ゲゲゲのプレミアム価格に購入を断念。

蟲師前
蟲師前 (500x500)


これでは、ちょっと手が出ませんね。
それから、増田俊郎さんの新作が出ないかと待っていたところ、蟲師続の予約の案内を見て、即!注文して昨日、やっと届いた。

蟲師続
蟲師続 (500x500)


前と似ているような曲もありますが、別物、独特の音場感の曲あり、リファレンスには持って来いです。
#8は蟲師・続章は、前の蟲師のテーマに似ているが、別物ものにアレンジされている。
特に#9深淵(改)の、鼓膜に直接響いてくる鐘?の音が、気持ち悪い・・・・いえいえ、生々しい音は、まるで目の前に袈裟を被った坊さんが演奏をされているような錯覚を起こして“ゾク”した。 
もっとも、この感覚は、個人的な感覚であるので、すべての方に感じるもではないと思うが、このリアルさが良い。

長く録音すると、著作権の苦情が来るので、宣伝?として試に短い時間で録音をしました。

| 管理人の独断と偏見のお勧めソフト | 22:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都の自作スピーカー愛好家の来訪

昨日も、自作スピーカーの引き取りのため、京都からN氏が来訪しました。
N氏は、自作スピーカーの魅力に憑りつかれて2年ほどだという事ですが、行動力は凄く一気にハイエンド自作スピーカーに挑戦する意気込みでした。
持参した自作スピーカーも使用しているユニットは、ハイエンドに使用されているノルウェイのメーカーのSEASを使用。
為替の関係で値段が変動しますが、それなりにユニット単体だと高額の部類に入ると思います。

ツイーターT25CF002、ウーファーW16NX001?を使用しています。
CIMG6855 (500x375)

聞いた感じは、マグネシウム特有の自然の音色、高品位な感じな鳴り方です。
もう一つの、ハイエンドスピーカーへのアプローチかと思います。
次は、スキャンの20cmをダブル使用して、新作に挑戦をするとか、意欲は凄い。

13時30分~18時まで、メインをはじめN氏持ち込みのスピーカー、我が家に転がっている3セットのスピーカーを、すべて試聴。
CIMG6854 (500x375)

伊豆長岡に1泊してから、帰宅予定だそうですが、遠路、無事の帰宅を祈るばかりです。

| 未分類 | 06:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FE88ES-R・バックロードバスレフの音

今日は、午後よりFE88ES-Rの箱を、愛知県の方に引き渡しを無事に済ませました。
昨日、物は試とばかりに、sol用の箱にFE88ES-Rを入れて音を出してみましたところ、案外と良い音で鳴ってくれていました。
色々と試行錯誤して作り上げた箱より、偶然の産物的な行動をした方が、結果が良いような気がしています。

今日は、時間があったので試しに録音をしました。

それでは、聞いてください。


FE88ES-Rの前では、安いツイーターは不要なような気がしています。

| 自作スピーカー | 22:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FE88ES-Rの移植

FE103SoL用の本気箱として製作した箱でしたが、バスレフ向きの言葉に惑わされて、FE103SoL用としては、少し小さなサイズの位置づけをして、FE103Enを代わりに入れていました。
それでも、ハイアガリ気味の音の解消に至ってはいませんでしたが、箱の引き渡しに際して取り外してあったFE88ES-Rならと思い、試に早速!取り付けました。

ネジ穴跡が気になります。
CIMG6834 (500x375)

予想通りに、低域の出方も量感も質も良い、元々素性の良いユニットですから、これで、バランスは取れたも同然です。
口径が小さい事が、功を奏したようです。

誤魔化しの為に、フェルトを貼りつけます。
CIMG6835 (500x375)

円に沿ってカッターでカット中。
CIMG6837 (500x375)

良い感じで、傷跡が分かりませんね。
CIMG6838 (500x375)

誤魔化しの完了です。
CIMG6839 (375x500)

自作スピーカーで痘痕も笑窪などという表現は通用しません。
痘痕は痘痕の儘です。
何かしらの化粧で誤魔化すしかありません。

| 自作スピーカー | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2階に降ろし引き渡し準備万端

主のいない子供部屋に移動を完了した差し上げる箱です。

CIMG6829 (500x375)

左の箱の後方の面取り部分も、オスモで色だけは合わせました。

右の箱が、土曜日。
左の箱が、日曜日。

| 未分類 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2セット完済

京都府と愛知県の方に決まりました。

| 未分類 | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妻の独り言

昨晩は、2階の元子供部屋に譲る予定の箱を下げたついでに、3階フローを片付けました。
その様子を見ていた妻が、ぽつりと一言“作ったり壊したりと、きりがないね”・・・・・(汗)
反論で、飲むはやるけど煙草も吸わず、打つ買うもしない真面目親父の趣味だから、良い趣味だろと切り返す。
どうも、妻には、自作スピーカーへのロマンの理解が出来ないらしい。

差し上げるスピーカーの箱の第2弾。 FE88ESR用箱
紅桜の集成材を使用しているため、多少ですが木の収縮があります。
2011101521305694d_20140618070417155.jpg

第一弾の箱も同様なのですが、誠に申し訳ないのですが、試作箱ではないので業者または業者に準ずる方、若しくは業者に公開する行為の予定のある方は、ご遠慮ください。
純粋に試聴若しくは実験に使用する自作スピーカーを愛する方に、お願いしたいと考えています。
我が家まで取りに来られる方。

☆連絡は、管理人のみのコメントでお知らせください。
特に何もなければ、先着で決まりです。

| 試み | 07:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DCU-F122W用の箱 嫁入り先決まる

取り急ぎ、報告です。
嫁入り先が決まりました。
また、大型の箱の第2弾を選出しなければ・・・・・・

☆うっかりしいましたが、肝心な事を書くのを忘れていました。
誠に申し訳ないのですが、試作箱ではないので業者または業者に準ずる方、若しくは業者に公開する行為の予定のある方は、ご遠慮ください。
純粋に試聴若しくは実験に使用する自作スピーカーを愛する方に、お願いしたいと考えています。

| 未分類 | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DCU-F122W用の箱の処分

自作スピーカーを趣味に持つ者の共通の悩みは、増え続ける箱の処分。
また、処分したい箱が出てきました。
二重箱の構造で、化粧板はタモ20mmの集成材を使用しています。
収納場所より、引っ張り出しましたが・・・・・解体してごみで出そうか?欲しい方がいたら差し上げようかと迷っています。
我が家まで取りにみえられる方に、箱のみを差し挙げたいと思いますので、ご希望の方は先着で管理人のみで連絡を下さい。

【場所は静岡県三島市】

BHです。 開口部のネットは行方不明状態です。
CIMG6819 (375x500)

面取りの面を大きくしようとカットしたものの面倒で、放置状態です。
ユニットは、付きません。
CIMG6821 (375x500)

質感あり、それなりの重さもあります。
土曜日までお待ちしますが、それ以降は解体処分します。

☆うっかりしいましたが、肝心な事を書くのを忘れていました。
誠に申し訳ないのですが、試作箱ではないので業者または業者に準ずる方、若しくは業者に公開する行為の予定のある方は、ご遠慮ください。
純粋に試聴若しくは実験に使用する自作スピーカーを愛する方に、お願いしたいと考えています。

| 未分類 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

久々の親孝行?

先週の鎌倉に続き今週もオーディオネタではありませんが、6月14日、15日と久しぶりに、母親が厄介になっている西伊豆の松崎町にある特別養護老人ホームに行って参りました。
ホームから連絡で、母親の目が見えにくい状態になっているとの連絡を貰っていたので、土日のみに診察をしている眼科に連れて行きましたが、体半分が麻痺している人間を普通の乗用車に乗せることは、想像以上に大変でした。
コツを覚えれば何とかなるような気はしていますが、難しい事が盛り沢山で介護している人の苦労、偉大さを感じています。
診察の結果は、老人性の白内障と診断されましたが、今後、手術、通院と病院通いが続く予定です。
そして、もう一つの母親からの頼みをあったので、その件の下準備も済ませましたが、すべての要件を終えるのに2日間掛りました。

妻も同伴でしたので、妻のご機嫌取りのために、美味しい山海の珍味が食べられるいつもの、雲見のいなばや旅館に一泊することにする。
いつもながら、新鮮な魚の舟盛に圧倒されます。
妻と完全喫食を目指すのですが、すべてを平らげるには無理がありました。
お陰様で、飲むはずのビールは珍しく生ビール2杯で終了。

新鮮な魚魚魚、サザエも大きいし、アワビのステーキも美味しい。
CIMG6766 (500x375)

生ビールも「うまい」、酒は一切ダメな妻が珍しく生ビールを、一杯飲み干しました。
CIMG6770 (500x375)

刺身も美味い。
CIMG6768 (500x375)

金目鯛も美味い。 チョコさんが一人で殆ど平らげた金目鯛の甘辛い味付けは天下一品です。
CIMG6769 (500x375)

日本一?の夕日の見える町、松崎町の夕日。
CIMG6772 (500x375)

朝、海を眺めていたら、遠く微かに富士の雄姿が、海に浮かんでいましたので動画で撮りました。

【とんびのロケ地】
これからは、海水浴シーズンです。・・・・また、泊まろ~か?

| 独り言 | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鎌倉散歩 【歐林洞 因幡 晃 コンサート】

昨日の午後は、友人たちと大船駅前で合流して、北鎌倉駅で下車、一路、徒歩でコンサート会場の鎌倉歐林洞を目指しました。
本来なら、友人のBMWで歐林洞へ行くところなのですが、大渋滞の恐れがあるので、徒歩となった次第でした。
時間にして15分程度歩いたのだろうか?目的に無事に到着。
位置的に北鎌倉駅と鎌倉駅の中間点のため、歩くと意外と距離があったように感じました。
鎌倉方面に向かう狭い沿道には、行き交う人も多く観光地の鎌倉の一面も見せていました。

汗諾々状態で、到着した鎌倉歐林洞 【写真は、コンサート終了時に撮った物です。】
IMG_0298 (500x375)

室内の写真は、NGと考えられたのでありません。
コンサートを行うギャラリーサロンは2階にありました。
チケットの整理番号順に、階段に並び部屋に入ります。
周りを見渡すと、僕よりも大分先輩の方々が殆どで、平均年齢は還暦を過ぎているのではないのかと・・・
最前列の方々は、常連さんで因幡氏もご存じで、トークの中で遠方から来たことをご紹介されていました。

魂の入った歌は、感動します。 やっぱり、生が良いです。
斜め左向かいの初老の女性は、終始、感動でハンカチを離せない状態でした。
往年の名曲、“あなたの愛した人の名前は~”で始まる「わかってください」は、感動して涙腺が甘くなった。

生の共通の音なのですが、大きな音を出しているのに煩く聞こえてこない。
特に、PAを通していた声、ピアノ、ギターでしたが、飽和する音にはならなかった。
音の調整の原点かと思います。

16時30分開演で18時30分?頃までコンサートを開催していましたが、時間の経つのは早い。
あっという間に、時が過ぎ去ったように感じています。
そして、お決まりのCDにサイン、因幡晃氏ご本人と握手。
CIMG6714 (500x375)

帰りは、お決まりの宴会の開催です。
電車の時間を気にしながら飲んでいましたが、この時も、時間が経つのが超早い。
久々に充実した楽しい一時を過ごしました。

| お店紹介 | 06:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次から次に・・・その3  DSD vs Analog

梅雨の中休みなのか、僕の今日の外出のために天が気を使ったのか・・・そんなことは絶対にありえませんが、運が良いです。
自動車に乗りなれている者としては、雨天なかの徒歩は辛いものがあります。

久々に顔を出した世界遺産の富士山・・・・美しい姿と裏腹に噴火はいつ来るのかと、麓に暮らす身としては一抹の不安があります。
CIMG6709 (500x375)


また、また、性懲りもなく本能・・・・興味の赴くままに録音を開始しました。
“DSD vs Analog”と銘打って結果は一目瞭然でしょうが、やってみなければわからない?という言葉は死語になりそうな予感がしています。

上下の機種で競い合います。
CIMG6710 (375x500)

☆聴き比べは、3分10秒付近をクリックしてください。


また、皆様、面倒でしょうがお付き合いくださいませ。

| 試み | 08:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次から次に・・・・・ その2 CDプレーヤー VS PCハードディスク

午前と午後は、妻と買い物に行っていました。
明日、友人に誘われて鎌倉で行われる因幡晃のコンサートに行く事を伝えると・・・・突然!服装関係の買い物となりました。(汗)
男の身としては何でも良いような気がしますが、・・・・
いつも、紳士服売り場に大きいサイズが無いと逃げていましたが、とうとう捕まり妻同伴でキングサイズ専門のフォーエルに服の買い物となりました。(大汗)

そんなこともあり、3時過ぎから、お楽しみの時間となっています。
ここ一連の岩田さんとのやり取りで気が付いたのですが、PCからの音源の時の評価が悪かたように感じています。
そこで、同じ曲をCDとPCと分けて録音を実施して違いがあるのか?確認する計画をしました。
それでは、また、お付き合いくださいませ。

前後、どちらかは明記しませんが、違いが判るでしょうか?
10秒付近から聴き始め、頃合いを見て2分10秒付近から試聴をすると聞き比べがし易くなります。

| 試み | 16:49 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次から次に試したくなる録音

部屋の場所による音の違いは、今に始まった事ではなく、特に低音の量感質はリスナーの聞く位置で大きく変化をしていました。
特に鉄筋コンクリート製住宅や強固な壁構造を持つ木造、鉄骨住宅では、その音の違いが教科書通りに顕著に出るようです。
スピーカー後方の壁を斜めにしたりして、位相反転の緩和、定在波の緩和による低域の凹凸は改善されてはいますが、完全に0と言うわけにもいきません。
録音でもその過程が、理解を出来たことは良かったと思っています。

部屋の位置の違いの音の確認は、きりがないので終わりにして、今度はスピーカーの音の違いを確認することにしました。
メイン対サブメインの聞き比べです。
ツイーターは同じ25mmマグネシウムを使用しています。
マグネット対決?価格対決?材質対決?と銘打って録音をしました。
音の傾向は、双子の兄弟とまでいかないが、一目?一聴で兄弟とわかる音です。

と言うことでご迷惑をおかけしますが、アールefuさん、また、お付き合い下さいませ。

☆一曲当たり、約1分10秒前後の録音時間となっています。
演奏は、メイン、サブ、メイン、サブ、メイン、サブの順です。

| 試み | 08:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT