ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

九州訪問4日目

九州の地に来て4日が経ちました。
鹿児島のホテルを後にして、一路、宮崎市に向かいました。
仕事も、順調に推移していましたので、宮崎で一泊の予定を変更して大分へ向かうことにしました。
大分は、津久見市での一泊、明日は、別府市で一泊の予定です。

生憎の雨ですが、ホテルの部屋から見える津久見の風景です。
CIMG7316.jpg

| 風景 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州訪問3日目 鹿児島

九州の地を踏んで、3日が経ちました。
今日は、熊本を後に鹿児島に入り、鹿児島のホテルから、書き込んでいます。

相変わらずの猛暑の影響か?ガスが多く、鹿児島のシンボルの桜島も霞んで見えます。

桜島の勇姿ですが、富士山を見慣れているせいか?想像していた大きさより小さく感じました。
CIMG7297.jpg

| 風景 | 20:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州訪問2日目 熊本

九州に来てから2日目になりました。
日本全国、どこへ行っても似たような風景が見えます。
いつの間にか、九州に来ていることを忘れてしまいそうです。
本日は、長崎を経由して熊本で2泊目をします。
夕方、散歩がてらホテルの傍の熊本城に行って参りました。
夕方とは言え、気温は30度を軽く超えています。
体中から吹き出す汗を我慢しながら、熊本城の天守を目指す。

熊本城
CIMG7231.jpg

CIMG7217.jpg

宇土櫓
CIMG7235.jpg

加藤清正像
CIMG7274.jpg

一人では勿体ない部屋ですが、非常に安く宿泊が出来ました。
CIMG7136.jpg

昔で言うところの、熊本城の城下町にあたるアケード内の本屋に立ち寄り、ラスト1冊を衝動的に買ってしまった。(汗)
電車で帰ることを忘れていました。 トホホ
CIMG7276.jpg

| 風景 | 18:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州地方訪問 博多

自作スピーカーネタではないですが、短期の出張で九州地方に来ています。
昨日の早朝、三島駅から新幹線を乗り継ぐこと2回、博多駅に到着。
九州は、生まれて初めて足を踏んだ地です。

これから、九州へ
CIMG7093.jpg

博多駅前から、5時間の新幹線通勤でした。(汗)
CIMG7114.jpg

夜は勿論!中洲と言いたいところですが、仕事で明日も早いので繁華街を通り過ぎて、手ごろな食堂を見つけて夕食にありついていました。
今日は、長崎から熊本に向かう予定です。

| 風景 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

簡易デバイダーにLを追加  マルチ化はお金がかかる?

少し興味が湧いてきた付録スピーカーですが、相変わらずアイディアは枯渇している状態が続いています。
昨年のファラオを超える作品を作る意欲が湧きません。
匠部門の品位を落とすようなお茶を濁すような箱は、絶対に出来ない気持ちは非常に強いです。
・・・とコンテスト出品を意識すると険しい気持ちになりますが、単純に音の調整のお遊びでは話は変わります。
簡易デバイダーでやりたい放題している状況ですが、真面目にクロスポイント模索を考え始めました。
簡易デバイダーは付録の為に作ったのではなく、フルレンジの音質改善用に作ったもので今回の付録の条件とは合っていません。
そこで、コイルを3つ程加えることにしました。

左から、0.18、0.15、0.1mHの3つのコイルですが、既存の容器が小さいので専用の容器が必要になりました。
箱の中には、まだ、いくつかLが残っていましたが、取り合えず3つの追加で様子を見ます。
CIMG7062 (500x375)

相を考慮すると6dBが良さそうに感じていますが、クロスポイントの選定時、微妙な音の違いで迷いが出ます。

ネットワークを弄りだすと、散財は半端では無くなります。
しかし、またこれが、楽しくて仕方のない遊びにもなりますので、考えようでは安い遊びかもしれませんね。

| stereo誌関連 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6dB/otc簡易デバイダーの活用

まずは、じゅん爺宅へ、無事に送り届けました。
往復、3時間のドライブでした。
CIMG7056 (500x375)

この表の通りにLとCを配列して、ワニ口プラグで適当に位置を変えながら聴き易い部分を自己の耳を頼りに探し出します。
CIMG7059 (500x375)

この写真で何となく分かりますよね。
仮ですが、0.7と6.8で取り合えず繋いでいます。
(爆音を出さないので、メーカー指定の5kHzは無視しています。)
メーカーの指定を優先するなら、Lは0.33以下、Cも3.3以下の値になりますね。
CIMG7058 (500x375)

マイルスTKさん、こんなところです。

| stereo誌関連 | 19:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じゅん爺のスピーカー 完成

気持ちが、少しですが付録に向いているので、じゅん爺の箱の完成を急ぎました。
昨日の朝、面取り研磨を完了。
CIMG7050 (500x375)

夕方、ベースの面取り、研磨完了、塗装も完了。
CIMG7053 (500x375)

本日、早朝より、塗装面の水砥ぎを完了、ワックスを塗り、ユニット他の小物を取り付けてすべてが完了しました。
CIMG7054 (500x375)

このまま放置では邪魔になるので、これから西伊豆の松崎まで届けて来ます。

| 石田式BHBS | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年Stereo誌8月号付録スピーカー  試聴会の定番曲  

ローパスを約300Hz(6dB/oct)ほど上げての試聴です。
同じソフト方が違いが分かるかと思いますが、同じ曲では面白くないので皆様が、ご存知の試聴会の定番曲にしました。
本音としては、聴きすぎて飽きています。(汗)



ツイーターの威力は、素晴らしい。

| stereo誌関連 | 21:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年Stereo誌8月号 付録スピーカーの音

午前中、じゅん爺の箱の面取りと研磨を1時間ほどしていたら、あまりの暑さに気分が悪くなり(冷汗)作業を中断しました。
熱中症の予防で、冷房の効いているオーディオルームで休むこと30分程度で気分は回復しました。

打ち水をすると一時的に、気温が下がります。
しかし、この時期の炎天下での作業は、この程度の打ち水では焼け石に水の状態でした。
CIMG7046 (500x375)

特にやることも無かったので、付録のスピーカーの音の素性確認をすることにしました。
8cm級のバスレフの箱が無いので、バックロードバスレフの箱で音を確認することにした。

以前製作をした6dBの簡易アナログデバイダーで、クロスポイントを模索。
ツイーターに頑張ってもらう音の傾向としました。
CIMG7047 (500x375)

音の確認。

| stereo誌関連 | 14:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やる気なかったのに・・・・・

近所の本屋さんに行ったら、まさかのstereo誌8月号が3冊?3個?ほど、売れ残っていました。
じぃ~と見つめること、数秒、いつの間にか手に持っていました。(大汗)

本命の本は、買わず仕舞い。
レジで千円札を4枚ほど出して、家に持って帰ってきました。
その気になれば、コンテストへの応募も可能ですが、連日の猛暑を考えると意欲が消えていく。

CIMG7044 (500x375)

良いアイディアが、浮かべばやる気も出るのですが・・・・・

| stereo誌関連 | 19:40 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じゅん爺のスピーカー  その3

CIMG7042 (375x500)

音の確認はしました。
狙い通りの低音、抑え気味のミッドハイと “まず、まず” の仕上がりとなっています。
後は、出張前に面取りをして塗装まで済ませたい。

| 石田式BHBS | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じゅん爺のスピーカー  その2

夜なべをして作るほどの物では無いですが、夜の暇な時間に板の組み立て圧着位の作業は出来ます。
この作業は、作業時間は短いのですが、接着剤が乾くまでの時間が掛ります。
理想的なのは、前日の夜に旗金で圧着して一晩放置が良いですね。
寝ている間に、圧着が完了しています。

昨晩の作業の様子です。
勝手知ったる何とかで、これで同じ系統の箱は5セット目になります。

心臓部のショートBHを、箱に収めますが、この納める位置でも、低音の出方や質が変わります。
今回は、Wバスレフでの言い回しを流用すると、第一キャビの容積をSolの箱より大きくしています。
狙いは、煩くなるミッドハイの軽減です。
因みにユニットはFE103Enを使用の予定です。

CIMG7037 (500x375)

圧着中です。 一晩、寝かせば完了。
CIMG7038 (500x375)

前面バッフルの裏側の様子です。
二重になっていますので、板厚は40mmを確保しています。
CIMG7039 (500x375)

今晩、全面バッフルを取り付ける予定ですが・・・・・・突然の仕事が入るような予感が・・・・
CIMG7041 (375x500)

| 石田式BHBS | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じゅん爺のスピーカー

この時期は、毎年恒例化していた雑誌の付録スピーカーに興味が向いているのですが、今年は少し事情が違い、なぜか?興味が湧かずに、雑誌すら購入をしていません。
そんなこともあり、自作スピーカーの製作は休眠することにしていましが、友人に頼まれていた件を思い出して、連絡をした結果、友人用の箱の製作に取掛ることになりました。

友人の、所有スピーカーは、FE87Eを試作箱に入れたお粗末な状態の物でしたが、音は気に入っていたようです。
最近、再会する機会があり、現状の音は好きなのだが、もう少し低音が欲しいと音のグレードアップを希望していました。
そこで、10cm級のBHBSの提案をして製作を依頼される。
10cm級のBHBSの箱は、solの製作のお蔭で簡単に箱の製作が可能です。

BHBSの心臓部と呼べるショートBHの箱です。
この箱の上下に部屋を設けてダクト取り付ければ、簡単に良質な低音が得られかと?思います。
CIMG7030 (500x375)

化粧材となる各部材。
CIMG7027 (500x375)

ダクト部分。
CIMG7033 (500x375)

ダクト部分 その2。
CIMG7032 (500x375)

心臓部のショートBHをセット中です。
CIMG7036 (500x375)

今日は、午後からの作業だったので、本日の作業はここまでが限界でした。
じゅん爺さん見ていますか?

| 石田式BHBS | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猛暑は、製作意欲を削ぐ?

自作スピーカー製作の愛好家としては、定期的に何かしら作っていないと気が済まない性質ですが、ここ最近の暑さは尋常では無く意欲が削がれている様な気がしています。
それと、例年なら、Stereo誌主催の付録スピーカー自作コンテストのお知らせなど有るので、気持ちの上では祭り気分で暑気払いをしていたように記憶しています。

余剰箱も、差し上げるなどして減っていますので、妻からの苦言は無いのですが、やる気が起きない・・・・・・
限定品のsolには、興味すら覚えませんので、癖の強いSnを、巧く鳴らす工夫でも考えようか・・・・?
今週末の3連休は、初日は実家の片づけの予定が入っていますが、残り2日は未定となっています。
無理やり、自作スピーカーの製作でもしてみようかと、考えていますが・・・・・

| 独り言 | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都で懐かしいソフトを聴く

先週の日曜日、京都のN邸に訪問の際に色々なソフトを試聴しました。
よそ様のお宅に訪問すると、必ずそのお宅ので興味をそそるソフトに出会います。
今回の訪問でも出会いましたが、そのソフトは聴くと言うより映像を楽しむと言うべきか?
これは、これで一つの嗜好の世界だと思います。
映像を見ていると、いつも気になる定位などが、画像を見ることにより吹っ飛びます。
ケルティック・ウーマンの7年前のDVDですが、ただ今、懐かしさも手伝って嵌っています。

ケルティックウーマン (351x500)

透き通るような女性ボーカルの歌声、たまりませんね。

| 愛好家宅訪問記 | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT