ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

荒削り

今朝の富士
CIMG8159 (500x375)

正味4時間程度の時間では、流石に研磨は終わりませんでした。
来週に持ち越しです。
今回の材料は、パインにしては珍しく歯ごたえがあり、簡単に削ることが出来ません。
ランダムサンダーは仕上げで使いますが、その前に荒削りでグラインダーを使用しています。
以前は、カンナを使用したり彫刻刀やノミを使用したりして、一刀彫風にして箱全体の造形をしていました。
最近は、もっぱら、一刀彫をするのにノミを使わずに、グラインダーを代わりに使用をしています。

砥石も目詰まりしない物を使用しています。
因みに、最近は、プロの世界では、自由研削砥石なる安全教育が義務つけられているようです。
この自由研削砥石の資格内容は、砥石を交換するための資格です。

写真は、カバーが、無いので違反ですね。(汗) 早急に、カバーを取り付けなければ・・・・・
CIMG8164.jpg

9割方は研磨を完了していますが、後、仕上げとベースの加工が残っていますので、9月6日には研磨が完了する予定です。

| stereo誌関連 | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この位なら・・・・・

2時間ほど前に、北関東の出張より帰宅しました。
明日の研磨の準備の為に、45°の切断を実施。

写真もこの位なら、特に影響はないでしょう。
CIMG8139 (500x375)

5cmの幅で45°にカットしましたが、ぎりぎりでカットが出来た状態になっています。
直角二等辺三角形の長い辺の比は1.414となっているので、鋸の刃の長さは約71mm弱、径190mmの鋸の刃でも角度が大きくなると切れる幅が、少なくなりますね。
CIMG8140 (500x375)

内部は、すべてカシュー仕上げ、内部塗装をカシューで施したのは初めてです。
箱の表面をすべてカシュー仕上げにしたかったのですが、時間的に無理、せめて内部だけでもカシュー仕上げにしました。(笑)
CIMG8148 (500x375)

明日は、西伊豆の空き家に持って行き、研磨三昧の一日を過ごすつもりです。

| stereo誌関連 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

音道部分の変更

何を勘違いしていたのか、デザインを優先したせいかウーファーをシングルで使うには、箱が大きくなり過ぎました。
しかも、スロート部分の面積はシングルままです。
こでは、いくらダクトで低音を締める調整しても限界があります。
ウーファーの2本使いより、1本使いの方が音のバランスが良かったので、いつの間にか2本使いの箱を1本使いにしていたようです。(汗)
試に箱を組んで間違いに気が付いて良かったです。

シンプルな音道とはいえ、一度、接着した板を取り除くのは、大変な作業でした。
1時間以上も掛けて解体が完了、現在、2本用の音道を接着中です。
スタガーにしないと、中高域の干渉が予想されますので、ネットワークの構成を考えなければなりません。
箱は、後2週間もあれば形になりますが、肝心の音の調整に時間が掛る予感がしています。
またの機会に、詳しく書きたいと思いますが、自室はライブですので自室から他の環境に出す場合は、それなりの調整が必要になります。
一度、良い塩梅で調整して、それから、中高域にエネルギーを持たせる工夫をしなければなりません。
この作業が、推測で行いますので大変です。

さて、どんな低音が出てくるか?楽しみです。

・・・・・また、明日から北関東に出張となりました。・・・・・・・・

| stereo誌関連 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Stereo誌主催のスピーカーコンテストへの配慮

ネットで色々な方のブログやHPを拝見していますが、Stereo誌のスピーカーコンテスト応募の事項は、オープンにブログやHP上で公開している方とStereo誌への配慮の為か情報をクローズしている方に分かれているようです。
過去の僕の事ですが、ブログも無くHPも無い状態のPC音痴時代は、必然的に情報公開は出来ない状態でした。
しかし、仲間内の方にはHPを開設している方も多く、コンテストの結果の公表は、雑誌が発売になるまで控えてもらいました。
(この当時は、編集者の方からも雑誌が発売になるまで情報の公開は伏せるように言われた記憶があります。)

最近は、このブログのお蔭で、ネタとしてブログで応募作品を紹介をしていました。
今回も、応募予定の箱のネタばらしをしていますが、やはり、考慮して、一次審査の結果を待ってからの完成箱の公開が良いのではないかと、配慮する気持ちが強くなっています。
実際、ここからの仕上げでデザイン的に大化けする予定だし、ネットワーク、音道、ダブルバスレフなどの内部構造など、未公開に出来る情報は、いくつかあります。
もちろん、一次審査通過した際は、未公開の状態が本選終了まで続きます。

と言っても、ブログネタが無くなりますので、写真公開だけ避けて文章で工作の進行具合をネタとして書きたいと考えています。

・・・・・我慢が出来ずに、アップしそうな自分が恐い(汗)

| stereo誌関連 | 05:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

臭くて!臭くて! 病気になりそう~

3階のフロアーに、追い出した臭いスピーカーユニット達。
CIMG8138 (500x375)

昨晩に続き、夜でも出来る音や振動の出ない作業で、塗装をすることにしました。
そこで、スピーカーユニットの化粧用に作ってあった、リング状のエッジの部分の塗装が薄いように感じたために、再度、カシューで上塗りをすることにしました。
いつ雨が降るか分からぬ天候なので、窓を開けることなく塗りに没頭していたら・・・・・気分が悪くなりました。
どうも、カシューの匂いにやられたようです。
こうなると、塗料の匂いとしては比較的に好きな部類に入るカシューでしたが、オスモの次に嫌いな匂いになりました。
しかし、臭いの臭くないのって・・・・・参りました。
窓を、1時間ほど開けていますが、匂いは消えることなく部屋中に漂っています。
どうも、嗅覚がカシューに敏感になってしまったようです。

| stereo誌関連 | 21:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

間に合うのかなぁ~・・・心配(汗)

サラリーマンの身としては、自作スピーカーの製作に割ける時間は、休日と夜の一時ですが、夜出来る作業には限界があります。
事前に部材をカットしてあれば、時間の掛る圧着の作業が出来ます。
しかし、音の出る作業は出来ません。
休日も、出張中は出張先のホテルにいますので、作業が出来ません。
何か、仕事が忙しくなるような予感がしています。
間に合うかどうか心配は心配なのですが、出来るところまでやってみるつもりです。
間に合わなければ、断念するだけです。

そこで、本日の夜間作業は、夜間に唯一出来る作業のスピーカーベース用の部材の圧着しています。

角度が大きく長いので、あらかじめカットした板を積層で組み立てる方法を取っています。
CIMG8123 (500x375)

各部材のサイズの確認をしています。
微妙に違いが出ています。(汗)
CIMG8131 (500x375)

圧着前のベースの様子です。
CIMG8132 (500x375)

明日の朝まで、放置です。
CIMG8135 (500x375)

後は、研磨とカットをするのみ。

| stereo誌関連 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の成果 その2

圧着したまま、朝を迎えました。
取り合えず、粗加工で2分割まで圧着が完了しました。
後は、内部の音道の構築、内部の配線などしたら圧着をします。

CIMG8117 (375x500)

CIMG8120 (500x375)

研磨をすると、大化けする予定ですが・・・・・









サイズの確認
ファラオとの大きさの違い。
CIMG8121 (375x500)

CIMG8122 (500x375)

| stereo誌関連 | 06:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の成果

接着時間との勝負で、思うように作業が進みません。
斜めカットの都合上、2枚重ねで接着しなければならにのが、原因です。
それでも、なんとか雰囲気が分かる程度まで作業は進んでいます。

一気にすべての板を圧着して、作業効率を上げていますが、ここまでの四角い枠にするまで大変面倒な作業でした。
CIMG8110 (500x375)

前面バッフルの断面の様子です。
何とか、粗削りまで作業が済んで、圧着中です。
CIMG8113 (500x375)

前面バッフルの裏側の様子です。
CIMG8115 (500x375)

前面バッフル下部から見た断面です。
CIMG8116 (500x375)

圧着は、まだまだ、沢山しなければならい状態です。(大汗)

| stereo誌関連 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

組立、研磨前の斜めカット

空はどんよりとした曇り空は、作業するには好都合でした。
ただ、斜めに切断する角度と板の固定方法で少し、作業開始の時間が遅れました。
CIMG8100 (500x375)

歯径190mmでは、ここまでが限界です。
歯が板を全て切っていないので、負荷が大きい状態なのでキックバックを注意しながらの切断が必要でした。
CIMG8102 (500x375)

切断が出来なかった部分は、別の電動工具で切断。
CIMG8103 (500x375)

次の切断のために、部分的に圧着を開始しました。
CIMG8106 (500x375)

昼から、塗装には良い・・・・お日様が顔を出しています。
涼しくなるなる時間帯まで、待つことにします。

| stereo誌関連 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

匠部門 応募箱の製作開始

女子バレーが面白くて、テレビから目と耳が離せません。(汗)
始動が遅くなりましたが、今日より匠部門の応募用の箱の製作に取り掛りました。
昨年のファラオに比べると、スケール感は後退しているように感じますが、部本点数、木工の難易度は今回の箱の方が上だと思います。
気になる所のスケールダウンは、ウーファーの2本使いを1本使いに変えたことにより、箱の容積が減ったためにサイズ的に小さくなったためです。

これから、この細かい部材を各部品になるように組立てます。
CIMG8091 (500x375)

これは、ごみではありませんよ。
CIMG8092 (500x375)

どの部品から手を出していったらよいのか?
CIMG8093 (500x375)

本日の組み立て作業は、ここまでです。
釘や木ねじが使用できないので、圧着に時間が掛ります。
CIMG8098 (500x375)

明日の天気次第ですが、切断作業が順調に進めば組立は完了する予定です。

| stereo誌関連 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これなら出来るかも?

一度は諦めたコンテスト用スピーカーの箱ですが、他の方のサイトを見ている意欲が湧いてきます。
考えるのを止めていたつもりが、いつの間にか色々な事を考えすぎて意欲が無くなっていたのかもしれません。
昨晩、少しプランを考え直しました。
考え直した理由は、当初の平行に積層していくタイプは、非常に木材の無駄があり、大量の木材の使用が予想されました。
無駄を少なくする方法として、ファラオで取った方法が、有効です。
部品点数が、増えるのが難点と言えば難点です。

こんな案にしてみました。

立面図
stereo案

鳥瞰図
006_20140820223713685.jpg

この図に少し手を加えたり、変更をしたりすればそれなりに、匠部門の作品風になるかと思います。
これなら、数日で出来そうな気がしますが・・・・(汗)

| stereo誌関連 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バックロードバスレフの可能性  いい加減な音道!

変哲のない密閉箱か?後方解放のバスレフに見える箱ですが・・・・いい加減な方法で音を纏めています。
CIMG8045 (375x500)

バックロード系の箱は、何セット作ったか作り過ぎて何がどうだったのか?記憶が定かではありませんが、数を作る内に勘みたいなものが、知らず知らずの内に培われていたようです。
スロートである程度の共鳴が得られれば、後は適当に末広がりになれば低音の量感が得られます。
しかし、質は別です。
質を求めるなら、それなりの勘と工夫が必要になるかと思います。

今回は、超簡単でいい加減な音道を試に作ってみました。
少し分かり難いですが、左上にユニットが付きます。
開口部は、左下になります。
音道が広がったり、狭くなったりと今までの常識とかけ離れていますが・・・・・
CIMG8044 (500x375)

大事なスロート部分、ここさえちゃんと共鳴してくれれば、後は野となれ山となれです。
CIMG8041 (500x375)

見事!狙い通りの量感は、得られました。
しかし、質は????の状態でした。

結果は、いつもの調整で大化けをさせています。
また、録音して音をアップします。

少し大きめのバスレフ箱に仕切りを巧く入れれば、低音の量感、質は格段に良くなる様に感じていますが、単なる勘違いかもしれませんね?

| 石田式BHBS | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

断念しよ~か?

本日も怠さが抜けず、一日中部屋でゴロゴロとしていまいした。
箱のデザインと構想は、決まっているのですが、どう考えても時間的に無理があります。
化粧板を使用した四角い箱を、斜めカットする程度の物なら、2日もあれば完成させることは可能ですが、一度は、挑戦をしたいと考えていた積層、バッフルの斜め、塗装は人工漆のカシュー仕上げでは無理がありますね。

構想している漫画図を公開します。
stereo案

使用材料はMDF21mm、その気になり無理をすれば2日で組立は出来るかと思いますが、カシューを塗るための下地作りが大変面倒で、塗装面に浮き出やすい表面の綿密な研磨や研磨の制度を上げるための自作ロクロの製作など考えると、やはり無理がありますね。

| stereo誌関連 | 17:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼の攪乱か? 体調不良

往きの送迎バスの車中・・・・・これから、楽しい一時がと胸を膨らませていた。
CIMG7703 (500x375)

14日から15日に掛けての同級生との飲み会がありました。
飲んでいる時は良かったのですが、帰りの送迎のバスの車中で珍しく気分が悪くなり、飲み始めて間もない頃の若い頃を思い出しました。
15日に、友人のBMWで自宅まで送ってもらいレンタルDVDを鑑賞していたところ、知らぬうちに爆睡してしまい、気が付いたら夕方になっていました。
同じような条件下、年齢も同じの友人は無事に帰宅できたことかと脳裏を過っていたいたところ、今度は帰省中の次女が約束をしていた寿司屋へ連れて行ってくれと言われ、すし屋に行くことになりました。
そこで、飲まなければ良いのに、飲まない?飲むことのできない妻がいることを良い事に、また、生ビールを煽る。
後悔先に立たず、本日早朝・・・・・・体調が・・・・・悪い。
だるい、熱っぽい、腹に力が入らない・・・・・夏風邪のような症状です。

参りました。
これでは、工作が出来ません。
午前中、大人しくしていて治ればよいのですが・・・・

| 独り言 | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

このデザイン・・・・いいなぁ~

昨日は、墓参りと実家の掃除や布団干しなどで帰省していました。
新しい道が出来たせいか?伊豆方面への道路の混雑は、酷くて裏道を駆使しても、普段より1時間程度の時間が余計に掛りました。
本日も、また、西伊豆に帰省します。
毎年恒例の同級生との飲み会への参加です。
そのために、昨日、布団を三組ほど天日に干した次第で僕の他、2人の同級生も実家に泊まります。

ぼちぼち、デザインを考えなくてはならないのですが、中々、決まりません。
テレビの横に鎮座している、普段気にもならい物なのですが、ふと、目に入りました。
それは、昨年のS誌コンテストで頂いた小さなトロフィーですが、その形が妙に気になりました。

CIMG7694 (375x500)

この形が、スピーカーの箱の形に見えて仕方がない・・・・・
まさか、この形を流用して、作ろうかと邪な考えが脳裏を横切りますが、同時に問題が沢山思い浮びました。
さて、どうしたものか?

| stereo誌関連 | 11:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT