ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Fostex80φ FE83En vs FF85WK 

全く同じ箱での聴き比べです。
最初は、83Enからです。

| 試み | 19:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FE83en BHBS新調整

小さな箱に小さなユニットで大型スピーカー並みの低音が出ればと、誰しもが一度は夢見たことだと思います。
ユニットの特性上、大音量はユニットの破損があるので限界はありますが、入力の許される限り範疇で頑張ってみたいと考えています。
そこで、試しに新しく思いついた方法で、調整を試みました。

デジカメ録音なので、真価は発揮できていないと思いますが、雰囲気や音の傾向は分かるかと思います。


8cmにしては、頑張っています。
この試作箱を基準に、きれいな箱を作ってみようかと考えています。

| 試み | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これだから止められない! 自作スピーカー製作

CIMG1285 (500x375)

生憎の天候のためにベースの製作を断念していましたが、棚上げになっていた8cmのBHBSの音の調整を始めました。
通常のBHの音道とは異なる広がり面積、率のBHですのでポートを付けなければ本領は発揮できません。
今回の箱は、BHのままだと不思議と低音不足気味で駄目かと思いましたが、今までのBHBSの調整の考え方を変えました。
ダクトで音が殆ど決まるBHBSですが、今までの考え方は、30Hz~40Hzが明瞭に聞き取れる調整の仕方をしていました。
この調整の仕方は賛否の分かれるところで、超低域のソフトでこの帯域の音を味わっている方には賛同が得られるのですが、逆に知らない方には異次元的な音に聞こえてしまうようです。
これは、どちらが正しいとか正しくないとの問題では無くて、聴くソフトや好みの音の違いだと思います。
低音感を良く感じる帯域は65Hz~100Hzあたりかと思いますが、この付近の音圧を上げすぎるとマスキング効果で30Hz40Hzの音が聞こえ難くなります。
そこで、若干、音圧を下げ気味な音作りをしていました。
しかし、65Hz~100Hzも美味しい帯域で無いと寂しくも感じます。
そんなこともあり、BHBSの音の調整の改善を考えていました。
超低域も聴こえて、65Hz~100Hzも十分なレベルで聞こえる調整を目指しました。
これが、可能となると小型の箱、小口径のユニットで大型システム風な音の再現が可能となる夢を、今一度追いたくなります。
実は、SOL-Wでその辺のヒントが少しですが、見え隠れしていました。

CIMG1284 (500x375)
左がダクト長150mm、右が100mmです。
ダクトの径を変えると今までの概念を打ち破る結果が出ました。
この辺が、ヒントになっているBHBSの新ダクト調整です。

もう少し鳴らし込んだら、後程、動画で8cm級のBHBSの音をアップする予定です。

| 独り言 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時間切れ・・・雨が・・・・

早朝より、ホームアシストに向かい足りない部材を仕入れに行きました。
この時には、富士山ははっきり見えましたが山頂に傘が見えます。
雨は時間の問題で降ってくるのは間違いなさそうです。

CIMG1275 (500x375)
ベースは、25mm厚の棚板を4枚重ねとしました。
写真でおわかrになる通りに軽量化のため、ベースの内部は空洞化としました。

CIMG1276 (500x375)
何かを連想される写真ですが、蓋をすることにより100mm厚のベースが出来ました。

CIMG1277 (500x375)
左右同時に圧着。

ボンドが乾く前に、雨が落ちてきました。
本日の作業は、ここまでで終了です。

代わりに8cm級の箱で使用をするためのダクトを作りました。

CIMG1279 (500x375)
塩ビ管のVUを使用することにしました。
市販品のダクトに比べれれば、VUの方が遙かに強度があります。
試作ならVPまで使用する必要性は無いとの判断をしました。

CIMG1280 (500x375)
塩ビ管の先端にビニールテープを巻くことにより、空気漏れを防ぎ、交換もできるようにしました。

これから、8cmのBHBSの音の確認を使用かと思います。


| 自作スピーカー | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部材点数の拾い間違い

CIMG1270 (500x330)

昨日は、先週に行けなかった親父の墓参りで西伊豆の墓地まで行って参りました。
三島と西伊豆とでは、墓地の事情が違うので、西伊豆の墓地の広さに圧倒される。
三島の墓地の面積は、西伊豆の墓地(3.3㎡)の半分以下の面積ですので三島の墓地を見慣れた身としては、その差に愕然としました。
長女と孫も同行していましたので、親父の墓参りの後に三島の墓地を案内しました。
墓地内の桜も咲き、富士山も見えています。墓地と言うより、公園に近い環境です。


CIMG1271 (500x375)
その後、少し時間が出来ましたので、ホームアシストにベース用の木を仕入れに行くことにする。
30分足らずでカットが完了。
自室で部材を見ていると??????部材点数が少ないように感じる。
やっぱり!横の部分に使用する部材が、半分足りない。
いつもは、板を2枚重ねた状態での板取に慣れていたため、横部材が半分となってしまった。
必然的に、片側分しか出来ません。

CIMG1272 (500x375)
仕方がないので、組むことにする。

CIMG1273 (500x375)
これで、片側分の圧着は済みました。
本日、これから、残りの部材を仕入れに行きます。トホホ

| 自作スピーカー | 07:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

興味の趣くまま

CIMG1165 (500x375)

オーディオの会の合宿以来、殆どオーディオ関係のネタは無し、特に自作スピーカーから遠のいています。
原因は、風邪による体調不良と出張、そして義父の葬儀などにより、体調不良もありますが、気分が乗らなかった事に起因しています。
そして、葬儀の後処理として墓地の手配がありました。
そうなると、墓地の場所、墓石のデザイン、グレードなどに興味が向いてしまいます。
同時に二つのことが出来ない性質なので、必然と興味の趣くままに気持ちが推移してしまいます。
ここ終日は、黒御影石が頭から離れません。
お陰様で、石の性質などの知識は付きましたし、石の表面を見るとグレードや産地まで見当が付くようになってしまいました。
こんなことですから、本来の趣味である自作スピーカーへの情熱が薄れてしまっていました。
女房殿と相談の上、墓石は決まり本日、午後より本契約をして来ます。
これで、興味の半分は薄れたと思いますので、ぼちぼち、始動をしたいと考えていますが、8cm級がこんなに難しかったのかと、今更ながら感心しています。
その前に、棚上げ状態になっていたsol-wのベースを作っていませんでした。
音に関係ないベースの工作なら、肩慣らしに丁度良い工作かと思います。

| 独り言 | 06:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御影石製オーディオ用ボード

1 (466x292)


ここ最近、墓石に使用される御影石に大変興味が湧いています。

御影石は、色で呼ばれるケースが多く、大雑把に黒御影、白御影と呼ばれているようです。
昔は、石の産地の影響で関東に黒御影の墓石が多く、逆に関西は白御影が多かったようですが、現在は、輸入が殆どとなっているため、そのようなことは無いようです。
オーディオ用の御影石製のボードを良く見かけましたが、興味が無く気にもしていませんでした。
墓石への興味で、石の種類を知らず知らずに覚えていました。
大雑把に黒御影石と言っても、輸入先の国でグレードが決まっているようです。
墓石で流通されている輸入先の質の順で行くと1番がスウェーデン(ブラックファイングレー)、2番がインド(パン、クンナム、他)、3番が中国の順で質、価格が設定されているようです。
他の国高級品もあるようですが、ネットで見ていたらこの辺の国が流通のメインかなと、感じています。

市販されている御影石のボードの質に目が行くのが人情で、ネット上で販売されている物を確認すると、中国産の山西黒が殆どでした。
根気よく探すと、流石にスウェーデンの石は見当たりませんでしたが、インドのクンナムはありました。
金属に近い硬さ、質が音に良いか悪いかは別の物ですから、一概に高級品が良いと言えなので難しい。
今まで、全然興味がなかった分野だけに、少し知恵が付くと違った角度で商品が見えますので面白いですね。

スウェーデン産のファイングレーでスピーカーの箱を作ったらどんな音になるのか?
値段も凄いことになるでしょうが、凄く気になりますね。

| 独り言 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

墓地探し

025 (500x375)
ネタがないときの富士山の写真ではありません。

先週、女房の父の葬儀を終えてやるべきことを少しずつですが、済ませています。
その一つ中で、墓地探しが残っていました。
以前より用意されていた場所は、利便性が悪かったので場所の変更をすることにしました。
以前のお墓の永代使用料は無駄になりましたが、良い場所が見つかりほっとしています。

CIMG1 (500x375)

墓のデザインも、石の質も決めて見積り金額が予算と合えば墓の発注となります。
過去に自分の親の墓を発注しているので、その経験を活かしてアドバイスが出来ればと考えています。

| 未分類 | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未だに体調不良?

先々週のオーディオの会を終え、良い調子で名古屋、三重方面を日帰り出張をしていました。
そこまでは、何も症状もなくご機嫌な出張でしたが、夜が悪かった。
突然の喉の痛み、続に言うところの上気道炎?・・・・風邪にかかったようです。
インフルの予防接種は受けていましたし、まさか?3月に入って風邪をひくとは、気の緩みの何物でもないですね。
悪い時には、悪いことが重なります。
翌日から、長野に3泊4日の出張の予定が入っていました。
雪に2日ほど降られて環境的にはひどい状態でしたが、何とか出張を済ませて金曜日には三島に辿り着いていましたが、
遅い昼食を済ませて支払いをしていたら、長女から珍しく電話が入ります。・・・・予感は的中!義父が亡くなったとの連絡でした。
近所の特養に入所して、1カ月ちょっとでしたので、一瞬?えっ?
それから、気を取り直して会社に所定の手続きをして家に向かう。
そして、妻と義母とで一連の葬儀の手順で事が進んでいきます。
そんなこととは関係なく、体はだんだん消耗状態に・・・・・辛かったのですが何とか葬儀も無事に終わり、自室で休息をしていたら、その様子を見ていた長女が、『お父さん、救急病院に行こう』と声を掛けられて三島市の○○○カルセンターに連れて行かれる。
内心、いつものパターンで、翌日専門医のところへ行って検査を受けて下さいと言われ、薬を1日分もらって帰るパーターンと思っていました。

ところが、びっくりです。
突然!診察室のドアが開き、医師が直接、僕の名前を呼ぶ。
対応に看護婦が、????の状態。娘も?????
非常に親切でフレンドリーに接してくれました。
どうせ、総合感冒錠か咳止めを服用されて帰されるのかと思っていましたが、2,3の質問に応対していたら即、レントゲン写真を撮ることになり、レントゲン写真の結果は問題なかった。(ホッ)
ある病気になって薬を飲むようになってから、風邪をひいたりすると咳が止まらなくなる症状やたまに夜中に咳が出ていた原因が、簡単に追及されました。

亡くなった義父のお蔭か、後程、医師の名前で市内の病院を調べたら、市内で一番大きい病院の呼吸器系の専門医だった。
長女曰く『救急病院の医師の対応は、ここに限らずですが、事務的で感じが悪い』、ですから、娘はこの先生の応対に超驚いていました。
ただ、個人的に一度どこかでお会いしたことのあるような気がしていますが・・・・・僕の名前を呼ぶときに雰囲気が以前から僕を知っているような雰囲気であったし、帰りにもお声を掛けていただいた。
僕の記憶は当てにならないので、そんなことはないので、良い先生にめぐり会えたことに感謝!感謝!です。
会計の時にも、看護婦さんたちが僕のカルテを覗いていたのも普段ないことなので長女も、やっぱり何かおかしいよと良い意味で一言ポツリ。

おかげさまで、睡眠不足の原因であった咳が、ぴたりと止まりました。
熟睡が出来たら、元の体力が戻ってきました。
色々な会社の咳止めを試したのですが、一向に効かず、全然関係ない作用の薬でぴたりと止まりました。
神にも思える所業に感銘しています。

オーディオも、この先生のように腕が良ければ、原因を明確にして対応すると安い薬で悪いところが簡単に治るのかと思っています。



| 独り言 | 20:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

只今、長野市内

出張で長野市に来ています。
今朝のホテルから見えた景色です。
CIMG1132.jpg

三島市は、殆ど雪は降りませんので・・・・

| 未分類 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KO球さんが、ブログを再開しました。

ブログ名 KO球の耳 

http://ko9mimi.blogspot.jp/

体調不良のため、取り急ぎご紹介します。

| 未分類 | 19:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホーンロード110cmのBH?

CIMG1078 (375x500)

実は、昨夜20時過ぎに圧着は完了していました。
テレビを見ていなければ、20時ごろ音は出せましたが、テレビが面白くて気が付いたら22時になっていました。
BHとしての音道の長さは、約110cmで広がり率は通常のBHの倍以上はあると思う。
音の傾向は、狙った通りBHとしては緩い低音が出ている。
ただ、10cmに慣れた耳では、量感と音圧の低さに参っています。
8cm級としたら、良くなっている方だと思うのですが、どうしても、上級機の音を目指したくなるのが人情です。
能率が低いなりに、音を纏めたいと考えています。

CIMG1077 (500x375)

ショートBHのままだと、音はゴミ状態です。
この状態に、ダクトを付けると大化けをするはずですが、肝心の8cm級のダクトが行方不明。
整理整頓して、数日は覚えているのですが、数か月も経つとすっかり忘れています。
今晩は、ダクトの家探しが仕事になりそうです。(汗)

中途半端な箱のサイズ、サイズのリミットを掛けての製作は、やはり、厳しい物がありますね。

| 石田式BHBS | 05:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一晩、明けての工作。

合宿も終わり、自宅に午前中に帰って来ました。
そこで、午後から8cm級の箱の製作に入ることにしました。
小さなボディーで大型の箱の低域の再生力を目指しての実験です。
どこまで、詰める事が出来るか?

今回の板の材質は、MDF12mm厚1まい使用で出来るサイズとしました。
2015_0308_174012-CIMG1069 (500x375)

2015_0308_174939-CIMG1070 (500x375)

2015_0308_175100-CIMG1071 (500x375)

2015_0308_183825-CIMG1076 (500x375)

接着剤が乾燥すれば、音は出せます。
さて、思い通りの音が出るやら?

| 石田式BHBS | 18:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年オーディオ合宿

2015_0307_124808-CIMG1055 (500x375)

昨日、三島駅の駐車場でT27さん、とんぼさん、大和久さんと落ち合い我が家へ襲撃を受けることになりました。
時間が押していたので、我が家での滞在時間は1時間ほどで、宴会場のある修繕寺の温泉場に向かいます。

2015_0307_152446-CIMG1064 (500x375)
大和久さんはベンツで駆けつけていました。


2015_0307_160001-CIMG1065 (500x375)
自宅から走ること20分、○久旅館に到着です。

DSC_0005 (332x500)
オーディオの会・・・・オタクの会?

2014_0307_181417-DSC_0008 (500x332)
部屋で冷蔵庫から出したご当地ラベルビール。 味は変わらないですね。

2014_0307_185126-DSC_0028 (500x332)
幹事の金田式自作DCアンプで有名なDCアンプマニアさんのご挨拶を神妙に聞いています。

2014_0307_183417-DSC_0014 (500x332)
宴会の開始です。・・・・オーディオ談義

これからは、料理の紹介です。【お品書き】
DSC_0025 (500x332)


2014_0307_184020-DSC_0020 (500x332)
おかみさん直筆。

2014_0307_184152-DSC_0021 (500x332)

2014_0307_184854-DSC_0027 (500x332)

2014_0307_190401-DSC_0035 (500x332)

2014_0307_191732-DSC_0037 (500x332)

2014_0307_192946-DSC_0038 (500x332)

2014_0307_195554-DSC_0040 (500x332)

DSC_0045 (500x332)
露天ヒノキ風呂。

オーディオ愛好家の新年会は無事に済みました。



☆料理は以上ですが、田子のちえちゃん、ちっさちゃん、世田谷のしのくん、いみちゃん、地元、にったくんいかがですか?

| off会 | 12:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

訪問準備完了??? 大丈夫かな?

2014_0307_075544-DSC_0003 (510x339)

今朝の部屋の様子です。
俄メインは、後方に下がり、ハイエンド自作スピーカーがメインの位置に戻っています。
最近、サブメインと成っていたFE103solのミッドハイの音に耳が慣らされた感があり、ミッドハイへの耳の感度が低下しているように感じていました。
その影響か!ネットワークの変更は絶対にしないつもりでいましたが、やってしまいました。
ツイーターのクロスを100Hzほど落とし、2kHz?付近12dB/octとしました。
この辺の帯域の100Hzの変更は、耳の感度の良い帯域ですので違いは顕著に分かります。
大音量に音を合わせていたので、この辺の帯域は耳につくのでクロス帯域をずらして、意識的にレベルを落としていました。
やはり、solもFEです。
スピード感と言う牙を秘めていました。
・・・・・もう変更してしまいまいました・・・・・(汗)
しあkし、このような作業が、刺激になってまた楽しい思いをしている自分がいます。

| 独り言 | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT