ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2015開催

4 (530x398)


3 (530x398)

詳細は、集まれ塩ビ管さんのサイトを見てください。
http://www.enbisp.com/modules/xpwiki/155.html

| 試み | 21:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2015」

本日になりました。

「集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2015」

・日時:2015年5月31日(日) 10:00頃開始(9:30開場)16:00頃終了予定。

・会場:横浜ラポール 3階ラポール座(視聴覚室)
     
 http://www.yokohama-rf.jp/rapport/     

 〒222-0035横浜市港北区鳥山町1752
    
  Tel045-475-2001Fax045-475-2053

・交通:http://www.yokohama-rf.jp/rapport/access/

・会費:無料(塩ビ工業・環境協会協賛)

☆発表順番

10:00頃~
1 たてちゅう
2 なーおさん
3 KO球さん
4 長野さん
昼食休憩
13:00~
5 KentaroKumagaiさん
6 古舘@横浜さん
7 kenbeさん  
14時ごろかな? sol-wともう一台?迷っています。

休憩
14:30頃~
8 mebiusさん
9 カノン5Dさん
10 コニさん


詳細は、
http://www.enbisp.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=78

| off会 | 05:57 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アナログプレーヤーの専用棚を製作

CIMG2841 (530x398)
写真は、リスナー右側の様子ですが、今までCDプレーヤーの上にアナログプレーヤーが鎮座していました。
この高さは、丁度、耳の位置になっていたため、プラシーボー効果なのかわかりませんが、右の壁からの反射音が気になって仕方がなかった。
なんでもそうですが、気になり始めると気になって仕方がないですね。
そこで、アナログプレーヤーの位置を写真の位置にずらすことにしました。

CIMG2827 (530x398)
①30mm厚のメルクシパインの棚板を材料にして、支え用の部材をカットして組み立てています。

CIMG2829 (530x398)
②支えを壁に固定して、板が乗る面に両面テープを貼り、板が地震などでずれないようにした。

CIMG2830 (530x398)
③板を載せて、工作は完了しました。

ほぼ、部屋のコーナーに位置する場所なので、コーナーに集まりやすい音の分散に一役買えば幸いです。

| 工作 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部屋の特性に対応するBHBS????

CIMG2821 (530x398)

自室では、低域が豊かに鳴っていた箱が、場所が変わると別物になってしまった経験は一度あります。
神鍋高原の陽喜さんお部屋に場所を変えた時は、恐ろしいほど低音が無くなっていまいました。
流石に、この時は凹みましたね。(大汗)

木造住宅は別として、RC構造の場所では自室より低音が出ているように記憶しています。
新横浜のラポール、品川区の忘れました(ミューズの方舟のコンテスト会場)など・・・・・・
西伊豆の家は、木造バラック構造は言いすぎですが、遮音は殆どない部屋ですが、それが良いのか殆ど凹凸のない低域を再生しています。

低音の出ない理由を推理すると、

①定在波による特定の周波数の打ち消しあい(位相反転)

②部屋面積が広く、ふすま、天井の薄い板の振動により、低音が吸音されてしまう。(本来はブーミングを起こす)

①部屋の改造をしないと改善は厳しいが、ピンポイントでリスナーの位置を変えると聴こえ、改善?される。
②低域過多のスピーカーかサブウーファーをプラスして強引に鳴らす。

熊本のKさん宅では、ユーチューブで聴いた感じを推測すると80Hz付近が凹んでいる特性と感じています。
逆に40Hz付近から下が、盛り上がっているように感じました。
証拠にオルガンが良い感じで鳴っているので、典型的な定在波の影響だと推理しています。
小手先で誤魔化すなら、リスナー後方に可動式の厚い板の壁を設ければ聞こえるようになるかもしれませんが、これは
壁側に近づくと低音が盛り上がる定在波を利用しています。
ただ、音楽は、低音だけではありません。
他の帯域を考慮すると経験で????が残りますが、個人の感覚ですから試して良いと感じたらOKかと思います。
そこで、スピーカーで部屋の特性を緩和が出来ないかと思い、低音過多の箱を製作してダクトによる再生周波数帯域を変化させる実験を考えました。
位相反転により、凹んでる帯域の過大入力を入れても、音は大きくなりません。
しかし、その凹んでいる前後の帯域が盛り上がると耳が錯覚を起こすのではないかと、淡い期待感をしています。
単純に、吸音体が多いか、部屋が広いだけなら量感を増やす工夫だけで済みます。

CIMG2822 (530x398)
ダクトのサイズの調整で、大きなダクトに一回り小さなダクト仕込んでいる様子です。
吸音材で、隙間を埋めています。

CIMG2825 (530x398)
これでも、駄目ならもう一サイズ小さなダクトを仕込みます。

但し、長さを変えることが必要です。
カット&エラーを繰り返せば・・・・・救われるかもしれませんが保証は出来ません。(笑)
さて、試作箱を送って吉報を待つこととしましょう。

| 石田式BHBS | 05:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

14時45分までには、少し時間があるので・・・

CIMG2423 (530x398)

本日は、西伊豆で中学の同級生会に出席します。
会場は、元の松崎プリンスホテル(現在伊藤園ホテル)で1泊で開催です。
途中、近隣の同級生と合流するのが15時ですので、それまでの間は工作が出来ます。
やらなければならないことが沢山あるのですが、まずは、新作10cm級の箱の面取り、塗装をすることにしました。
着色までの所要時間、1時間30分・・・・・屋上でやっていたので、流石に暑く、現在PCの前で休憩を兼ねてブログをアップしています。
塗料の乾燥もあるので、ここまでとすることにしました。

| 石田式BHBS | 09:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

予想通りのBHBS

CIMG2418 (398x530)

制御不能?状態の低音過多になっていますが、ブーミーとは少し違う。
恐ろしく力強い低音で、体調が悪くなるような低音です。
押し出し感も強い。
ダクトの径を変更すれば改善されるでしょうが、低音の出難い部屋用に試に作った箱ですので、自室での音の調整はしません。
西伊豆の家でするのも面白そうですが、暇がない。
暫くは、放置しておきます。

| 石田式BHBS | 21:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンクのお知らせ

ブログ名 “おーでぃお  ときどき妄想”さんとリンクしました。

http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/

| 独り言 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部屋の改善は、個人で簡単に出来る?!

知人(Kさん)に試に103用の箱を貸し出しました。
この箱は、大型BHBS方式で下は30Hzから再生され、BH特有の著しい凹みはなく気持ちよく聞こえるように作った箱でした。
もちろん、自室では豊かな低音で、ソフトによって出るときは下まできっちり再生していました。
ところが、環境が変わったとたん、低音の量感は減少、超低域がかすかに聞こえる状態になってしまいました。
その後、メールでのやり取りで部屋の中を少しずつ改善され、低音も少しずつ改善されていきました。
しかし、ミッドバスの帯域が痩せて聞こえる現象だけは改善されていなかった。

解像度の低下を招くこの帯域は無くても良いと言い切っているプロの方もいます。
特に、BHはこの辺の帯域に酷い凹みが発生します。
原因は前面の音と後ろの音が位相のずれで打ち消し合う帯域が発生するためです。
僕、個人の意見としては、その辺が無くなるとクラシックが気持ち良く聞けなくなりますので、凹みを極力小さくするようにポートを調整しています。

メールでのやり取りには限界があります。
そんな折り、部屋をオーディオルームからリビングに変えて試聴したら、凹んでいた帯域が盛り上がり、解像度の悪い音に変貌したそうです。
完全なブーミングの現象です。
弱い壁、床、天井が共振して、ミッドバス帯域の音を盛大に出してしまう現象で、この帯域の盛り上がりが下の帯域をマスキングして、本来出ているはずの帯域の音を聞こえなくしています。
何も対策をされてない木造家屋の家に多い現象です。
試に、壁を叩いて音の確認をしていただきました。
オーディオルームとの音の違いが、ご理解が出来たようでした。

余談ですが、耳の慣れで音の質は別として良く聞いているSPの特性に耳が慣れてしまう現象があります。
たとえばですが、FEを聴きつ続けると市販のSPが、ぼけた解像度の音に聞こえてきますが、時間を置くか、我慢して
市販のSPを聴き続けると耳が慣れてきて、今度はFEの音が固くうるさく感じます。
という具合で、いつも聞いている環境の音が自分の基準の音となる訳ですが、この状況中で不満が出てくると、電源を変えたり、アンプを変えたりと機器類を変更してしまいます。
事実、音は変わりますが、すぐに慣れてしまい元の音の優位性を忘れてしまいます。

上記のことでは、根本的な部屋の音の改善にはならないかと思います。
Kさんは、このことを早期に気が付き、部屋の改善を実施していきました。
すると、ちょっとした、改善で音が見る見るうちに改善されました。

やはり、どんな素晴らしい機器を導入しても部屋が悪ければ何にもならいようです。
ルームチューンはプロでなくても、少しやる気を出せば簡単に出来ます。

Kさんのブログでドキュメンタリータッチで、部屋の改善から音が生まれ変わるまでをアップしていますが、ご本人様からのご紹介の許可を貰っていないので、ここでは伏せます。
ご本人曰く、ぼけ防止でブログを書いているとのことでした。

時間が、無いので無理やり纏めた感がありますが、今後、少しでも聴き易い音の参考になれば思い、簡単なルームチューンの方法をご紹介して行きたいと考えています。

| 独り言 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新作の製作再開

本来なら日曜日中に1本は組みあがっている予定でしたが、額縁の研磨が昨日済んだため新作の工作を開始しました。

完成した額縁。
CIMG2412 (530x398)

圧着中の新作箱、奥に組みあがった1本が見えます。
CIMG2413 (435x580)

| 石田式BHBS | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

良くわからない額縁を製作

昨晩、友人夫婦が自室を訪れました。
娘の結婚式のお祝いに、鏡を仕込んだ額縁のような物を自作するつもりで、板を切っていまいしたが、組み上げるのに道具が足りず、我が家に来たというわけです。
持ち込んだ板材を圧着して、事は済んだと思っていましたが、その後に電話が入り、一から作り直してくれないかとの打診があった。
余り気乗りはしていませんでしたが、断る理由も特に見つからず、娘さんお祝いの手助けになればと思い、訳の分からない額縁のような物を作ることにしました。

CIMG2396 (530x398)

CIMG2401 (530x398)
鏡の厚みが5mmなので、5mmの補助材を使用して組み上げました。

CIMG2402 (530x398)
この中に、鏡が設置されます。
なんでも、3D化する化粧みたいな物を施すようですが、横文字でその作業のことを言っていましたが、3歩歩いたら忘れました。
さて、どんな物が出来るやら?

CIMG2398 (530x398)

今週の土曜日までに手たさなければなりませんが、何とか間に合いそうです。

| 試み | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

103Sol single 量感重視

知人に103solを貸し出して音の確認をしたところ、低域の量感が少ない状況になっている状況でした。
翌々考えたら、高密度の部屋用に調整していた箱だった事を忘れていました。
ですから、自室や、新横浜の視聴覚室、Z工房の視聴室では量感豊かな低域を再生していました。
特に、ソフトによっては低い帯域まで再生していましたので怖いくらいな低音が出ていましが、部屋が変わった途端に低域が寂しくなる現象になったようです。
原因は、帯域による定在波、吸音物量、音抜けなど色々と考えられます。
セッティングや室内の物の移動、その他反射板など実施したら改善がされたの報告を頂きましたが、
このままでは、自作スピーカー愛好家の血が騒いで収まりません。
ダクトを交換できるようにしておけば問題は簡単に解決するのですが、ダクトは内部に固定式です。
改造するより、新しく作り直した方が早いので、量感重視の箱を作ることにしまいた。
木造住宅で、十分な低音が出る箱も欲しかったので、良い機会かもしれません。

CIMG2393 (530x398)
音道はいつもと変わりませんが、スロートの位置を逆しています。
最終ダクトは、音楽性を重視して後方です。

CIMG2394 (530x398)
空気室の内部も吸音材を使わい方向で工夫をしましたが・・・
解像度に悪さをする天板の泣きを、少しでも緩和するように補強もしましたが・・・・・

| 石田式BHBS | 16:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘッドホーンの新調

CIMG2326 (530x398)

特に欲しくて新調した訳でないですが、このソニーの900STを使用している方が多いので仕入れました。
ヘッドホーンを使用する理由は、部屋の特性に左右されない低音の確認と録音した音源の確認が主とした目的でした。
これで、ユーチューブなどの音源を、皆様と同じような音で体験が出来ると思います。

個人的な感想として、音質に関しては高額なヘッドホーン方が良いです。
変に誇張することもないので、モニターには向いていると思います。
しかし、他に3つほど所有していますが、どのヘッドホーンもメインスピーカーほど楽しい音は出していません。

これは、あくまでも僕の個人的な感覚の見解です。

| 独り言 | 06:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BHBSが無いオーディオライフ

CIMG2323 (530x398)

久々に、部屋の整理整頓をしました。
部屋中、定在波、音の拡散と称して色々な物が乱雑になっている方が音が良いとか言う方もいますが、我が家の場合は別でした。
BHBSやBHが悪いわけではありませんが、不要な箱を部屋の外に出したら、音が格段に良くなりました。
大なり小なり、吸音しているか変な音を出しているのか?
今の環境の方が音が良い。
メインだけにしたら、まだ良くなると思いますが、これ以上は外に出せんのでこれが限界です。
無味無臭な音のマグネシウムの音も捨てがたい。

| 独り言 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風後の富士

2015_0513_062829-CIMG2321 (530x398)

今朝の自室から撮った富士です。
雨上がりの富士は、近くに見えます。

世界遺産候補の韮山反射炉も自宅から車で、10分ほどのとろこにあります。

| 風景 | 06:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Jacarandaでイーグルス

アールefuさんのご希望でイーグルスをJacarandaから奏でる音を録音しました。



☆実際の音は、低音の出方が全然違います。
Q3の低音の量感の不足は、諦めるしかないようです。

| off会 | 06:28 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT