ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

108sol vs 83sol

CIMG0394.jpg
83solの低音は無視して、中高音を確認すると103solより繊細感が感じられ聴きこむほどに女性ヴォーカルが良くなります。
そこで、試しに108BHBSと聞き比べを実施、圧倒的な能率の差に補正をしながら聞きこみますが、値段は値段!
108は凄い!
しかし、まともの箱に入れて低域を持ち上げれば引けを取らないような気がします。
これなら、製作意欲は湧きます。

私事ですが、ユニットの仕入れは、音工房さんが主で、音工房さんに無いものをコイズミさんで仕入れています。
今回の83solも音工房さんから仕入れました。

http://otokoubouz.com/shopdetail/000000000073/ct16/page1/order/

| 石田式BHBS | 19:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FE83sol

全く興味の湧かなかったFE83solでしたが、色々の方からの要望に押されて仕入れました。
期待感も余りまりませんが、いつも通りのユニットの外観比べをしました。
CIMG0388.jpg
83Enのコーン紙とは新旧の違いの程度で、殆ど見た目では分かりません。

1472939654507.jpg
Sol は値段が高いだけあって高級感がありますね。

CIMG0389.jpg
マグネットは立派です。
さて、どんな音がするやら?

| 自作スピーカー | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出張の連続で自作スピーカーの製作が・・・・・

私事ですが、仕事で長期、短期出張が多く、自宅に帰るのが月に1回か2回のペースになっています。
その影響で、自作スピーカーの製作は休眠中です。
ホテルで色々と作りたい箱を思い描くのですが、数日すると却下の状態の連続で、作りたい箱が無いのが現状です。
音の良い箱を求めるか、デザイン、工芸面を目指すか?迷います。

良い音を求めるなら、シンプルで強度のある箱が良いと思いますが、簡単すぎて面白みに欠けます。
そうなると、複雑な構造を持つBHかBHBSになりますが、どうしても、ユニット全面の音と後ろ面の音との位相干渉が生じます。
音道の長さにより、干渉する帯域は変わりますが、基本的に消えることはありません。
この干渉が気になるなら、良質なウーファーを使用した方がF特上では良いように思います。
いずれにしても、こんな事を考えているので、次の製作に進むことが出来ません。

ブログの更新が儘ならないのは、仕事が忙しいだけではなくて個人的なやる気の問題のようです。
強烈な興味を引くユニットの出現を待つばかりです。

| 独り言 | 07:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おおたんさんとリンク

少し遅いお知らせですが、おおたんさんとブログをリンクしました。
http://audiokites.exblog.jp/

| 未分類 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千葉からの襲撃者

CIMG0346.jpg
昨日は、オーディオルームを構築中の千葉の大和久さんと同行の大沢さんが、来訪をされました。
写真は、大沢さんが試聴で持参された容積の可変が可能なアコーディオン式スピーカーです。
このアコーディオン式スピーカーの感想は、サイズ、構造から考えられないほど低音が出ます。
サブウーファーに有効的な構造をしている、一度試作をして研究したいと思います。

CIMG0350.jpg
大沢さんは、超安いユニットで音を纏めており、金額を忘れさせる音作りは流石です。
8cmに交換しても低域の量感は落ちませんでしたので、この構造は素晴らしい。

CIMG0357.jpg
次は、場所を石井式の田中さんのお部屋を3人で襲撃。
ここには、BHBS式のMarkAudio alpair10Pを貸し出し中ですが、メインのPMCのトランスミッションライン式キャビネットの高級機(型番は知らない)から、メインの座を奪っていました。(汗)
そんなことなら、ちゃんと塗装もしておけば良かった。
鳴りっぷりは、ヤマハのサブウーファーを入れているのかと勘違いするほどの低音がもりもりと出いるのに驚かされます。
中高音は、文句なしのMarkAudio alpair10Pの質感。

CIMG0353.jpg
石井式特有の壁のツートンカラー、MarkAudioのユニットを使った自作スピーカーと相性が良かった。
ちなみに、FE103solを2本使いをしたBHBSとの相性は、余り良くなかったので、箱作りは奥が深い。   

| off会 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |