ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

簡単に出来るショートホーン

CIMG1490 (500x375)

コンテスト機に、殆ど使用していたショートホーンです。
ホーン長は、長くて20mm程度でしたが、中高音への影響はありました。
有る無しでは、違いが顕著に出ていましたが、ただ、ユニットによっては効果が薄れるケースもありました。
FEでもΣタイプのアルミダイキャストのフレームは、バッフルに直に付けることが出来ないにでフレームの外側にショートホーンが始まったため、プレスフレームより不利になっていました。
写真のFE83Enのフレームはプレスですので、バッフルの裏側に取り付けることが可能です。
しかし、専用の短い取り付け木ねじが必要となります。

CIMG1492 (500x375)


ショートホーン化の長所
①中高音の解像度上がる。
②鉄板フレーム特有の鳴き防げる。
③ユニット後方から出る音場がスムーズに出るようになるので、BHに効果が発揮できる。
④安っぽい鉄板フレームを隠すことにより、デザイン性が良くなる。

短所
①物理的に横幅が大きくなる。
②板の点数が増える。
③脱着可能にするための手間が増える。
④工作(造形)が面倒

まだあるかと思いますが、思い浮かんだまま明記しました。

良く聞く意見で、ホーン造形が難しくて出来ないという話を聞きますが、本来のホーンの広がり率を無視すれば案外と簡単に出来ます。
以前にも紹介したような?気がしますけど、トリマーを使用すると意外に簡単に出来ます。

CIMG1489 (500x375)

写真のビッドに交換してトリマーで削れば簡単に出来ます。
いきなり、写真のような刃が100%出ている状態で使用すると失敗するので、刃を少しずつ出して使用すると綺麗に出来ます。
興味のある方は、試して見てはいかがでしょうか?

関連記事

| 独り言 | 06:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Sentenceさん
仰せの通りで、ガイドが必要になります。
同じ径の穴の開いた板を削りたい板の裏側に固定してガイドにしています。
板の幅同じものを使用してガムテープで固定すると良いです。

| kenbe | 2015/04/10 06:20 | URL |

おはようございます、解説ありがとうございます。
> 中高音の解像度上がる。
これはいいですね、直感的に判るような気がします。
ミッドハイのリニアフェーズに応用したら一石二鳥かも、
今作っているシステムのミッドハイに試してみます。
トリマー使用時のコロのガイドに工夫が必要ですね。
(MDF板をクランプして穴あけ加工かな…)

| Sentence | 2015/04/09 08:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2230-4395073c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村