ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

次期作は、リバーシ

CIMG3036 (530x398)
タンバンの8cmユニットのW3-316B実売価格は税込で2,000円弱で超コストパフォーマンス的な音を出します。
スピーカー技術研究会会長の鈴木さんの紹介で買ったのが初めでしたが、また、ここで1セットを購入しました。
4本買っても8,000円弱の金額ですが、その金額より数倍良い音が出る予感がしています。
最近忘れがちになっている自作スピーカーの真髄は、金額は安いが良い音を出すスピーカーを作ることです。

ここで、このユニットでリバーシのBHBSを作ることにしました。
しかし、着手が出来るのは先になりそうです。

今週末の13日14日は、兵庫県の神鍋高原の陽喜さんに1泊でオフ会に参加します。
詳細は、ワタヤンさんのFBを参照してください。
神鍋・陽喜 (530x298)
関連記事

| 石田式BHBS | 22:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アールefuさん

PCのCDRの読み込みがおかしくなったので修理に出したら、ハードディスクが壊れいました。
自動的にハードディスクの交換となり、すべてのデーターが消失してしまいました。
箱を良く見たら伝票が貼ってあったので、どうにか送ることが出来ました。

| kenbe | 2015/06/12 06:12 | URL |

メントスコーラさん
ユニットのご紹介ありがとうございます。
タンバンのユニットは音を纏めやすいですね。

| kenbe | 2015/06/12 06:08 | URL |

kenbeさん
非公開コメントに先ほど気が付きました(汗)。
随分失礼してしまいまして、ごめんなさい。
以前は表に知らせが出ていたはずですが…
変わったようですね。

このW3-316Bはフレームからして魅力的ですね。

| アールefu | 2015/06/11 21:44 | URL |

私の印象ですと、まず3種類とも8センチのユニットとしてはかなり中低音がパワフル、
音の傾向はポリプロピレン振動板の881SJFはスッキリとしてリアルなモニター調、竹繊維入りのパルブ振動板の1319SAはクラシックもジャズもいけるオールラウンドな音、そして593
SGはコッテリ系で艶やかで中音に厚みがあり密度感があるジャズに向いたような音で、今はこのキャラが気に入って593SGを使っています。

| メントスコーラ(mixi) | 2015/06/11 12:22 | URL |

メントスコーラさん
タンバンは、あまり使用したことがありませので、他のユニットのことは良くわかりませんが、このユニットはお気に入りです。

| kenbe | 2015/06/11 06:06 | URL |

そのユニットは持ってませんが、tangbandのw3-881SJFとw3-1319SAとw3-593SGを持ってます.

| メントスコーラ(mixi) | 2015/06/11 00:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2287-c8d60e2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT