ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

市販ハイエンドスピーカー用ツイーターの聴き比べ

販売価格三桁単位のハイエンドスピーカーに使用されているscan speak社のツイーターの聴き比べをしています。
試に、Q3で録音をしましたが、違いが分かるかどうか?
機種は、D3004/66200 vs R2904/700009 
【システムのトップに鎮座しているFostexの13cmは鳴らしておらず、純粋のscan speakの音になっています。】
遊び心で動画をアップします。

カーペンターズは、録音レべル超過で変な音が入っています。










関連記事

| ハイエンド自作スピーカー | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ハリーさん
大文字山の登頂、お疲れ様でした。
僕は、神鍋山で限界でした。(笑)
内の裏山の富士山など、到底無理ですね。

先にも書きましたが、録音機の傾向が音に出ています。
もう少し、低域がしっかり骨太に出ていますので、バランス的には2904が上かと思います・・・・思いた。
ミッドバスをプラスすると雰囲気とグレードがまた上がる音になるかと思います。
後程、録音してみます。

| kenbe | 2015/06/20 06:13 | URL |

どちらも素晴らしいユニットですね。
私のソフトドームではR2904/700009の方が
ヴォーカル、ヴァイオリン共に綺麗に聞こえます。

D3004/66200はソフトドーム同士になるので
おとなしく聴こえるのかもしてませんね(^-^;

| ハリー | 2015/06/19 21:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2293-27931f76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT