ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインのネットワーク変更

CIMG3699 (515x479)

最近、FBへの書き込みはしていましたが、ブログの方への書き込みは久しぶりです。
ここ2週間ばかりオーディオをしていなかったのが理由ですが、昨日、久々にメインに火を入れました。

金額の高いツイーターに変えたので、必然的に音は良くなる・・・良くならければおかしいという決めつけで聴いていたように思えます。
久々に音を出して、・・・・あれ? おかしい? 左側のスピーカーの音が大人しいような?・・・・右に音像が引っ張られるような?
メインスピーカー以外では、この症状が出ないのでスピーカー側に問題がある。

実は、最近、クロスポイントを変更していました。

暫く、ネットワークを見つめていたところ、重大なミスに気が付きました。
ツイーター用のネットワークの入力の入りと出が逆になっているではないか!!!(大汗)
もしかして、変更前も違和感を感じていましたから、逆になっていた可能性があります。
この所業は、6dBなら大した音への影響はありませんが、12dBでは、大問題です。
これをやると、アンプに負荷をかけるし、ウーファー側へも影響が出ます。
ウーファー側への影響は、良くわかりませんがローカットが若干入り、若干ですが音圧も下がります。

元通りにして音の確認をすると、ムムム??? クロスポイントの繋がりがおかしい!

ここでも、大きなミスを犯していました。
Fostexのユニット時のネットワークをそのまま使用しています。
ScanSpeakとは、根本的に音の出方が違うので、その辺を考慮しないと硬い音になってしまう。
久々に、自己の耳を頼りにクロスポイントを探し出しました。

結果は、別物になりました。
違和感を感じたら、少しオーディオから遠ざかり、自己の耳を頼りにネットワークや他の再構築も良いかもしれません。
どうしても、来訪者があるとか、新しいユニットに変更とかのイベントがあると力が入り、無用な変更をする傾向があるようです。
良い音がしていなかったので、無意識のうちにオーディオから離れてしまったのかもしれません。

これで、また、暫くオーディオを楽しめそうです。
お陰様で、Scan Speakの高級ツイーターR2904/700009の性能も引き出せたように錯覚もしています。
関連記事

| ハイエンド自作スピーカー | 06:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

grigriさん
こんばんは、

測定は、昔、好んで行っていましたが、現在、測定はしていない状態で、マイクも知人に差し上げてしまいました。
いつでも、復活は出来ますが、思うところがあって測定無しのオーディオライフを楽しんでいます。

お願いですが、今回のケースで、分かり易い測定法があったら教えてください。

| kenbe | 2015/07/09 17:15 | URL | ≫ EDIT

 始めまして、grigriと申します。

 パッシブ・ネットワークの誤配線とは、やれやれですね。
 聴感が総てですが、基本的な過ちは、接続直後の測定で避けられると思います。
 気付かなかった事が最大のショックですね。

| grigri | 2015/07/08 21:27 | URL | ≫ EDIT

ぼけはじめさん
こんばんわ

箱を左右対称で作る癖があるようで、ダクトやアッテネーターなども位置を左右対称になるように作っています。
しかし、配線関係は知らないうちに同じ方向にしてしまうようで、
アッテネーター側とターミナル側と間違えてしまうようです。

メインの原因不明で悪くなった音にやる気が失せていました。

| kenbe | 2015/07/07 20:37 | URL |

kenbeさんも間違うのですね、安心しました(笑)

当方も105wkとFT207Dで遊んでいます

103のあの柔らかさには及びませんが少しずつ近づいてきてまーす^^/

| ぼけはじめ | 2015/07/07 20:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2299-e8b1ab1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT