ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新ネットワークのハイエンド自作スピーカー

今日は、珍しく音楽鑑賞を3時間近くしています。

調子が悪いと煩くて聞くに堪えなくなってしまうソプラノを聴いていますが、胸を打つ美しい歌声は煩いどころか心地よい心境になっています。
試に、Q3で録音しましたが・・・・

関連記事

| ハイエンド自作スピーカー | 21:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アールefuさん
コメントをありがとうございます。

生演奏のご感想は、大いに同感です。
生=原音の定義が僕の頭・能力では理解が出来ず、最近では原音再生追求より、食で言うところの旨み成分の多い食材のような気持ちが良くなる、気持ちが満ちる音作りを目指しています。

| kenbe | 2015/07/10 06:46 | URL |

うっとりするようなボーカルですね。
おそらくコンサートよりは遥かに魅力的な音になっていると思います。中域の繋がりが自然な感じです。
このての音源は自宅でCDを聴く方が良いですね。
会場では生のオケとPAのボーカルで、ちぐはぐな音になり、
スピーカーをきれいに鳴らすために思いっきりエフェクターを掛けてスピーカーに依存しますから臨場感がありません。
目の前で歌っているのに、録音を流しているのか?と思うこともあります。
そのためにわざわざオケにもマイクを通して音質を揃えることもするそうです。
もう何が本物なのか、分からなくなってしまいますね。

| アールefu | 2015/07/09 23:21 | URL |

訂正

アドバンテージではなくディスアドバンテージ(不利)でした。失礼しました。
低音が弱いのはq3の特性なのかもしれませんね。

| hir. | 2015/07/09 18:18 | URL |

hirさん
コメント、アドバイスをありがとうございます。
過去にも、同じアドバイスをいただいたのですが、特にQ3の方には問題が無く、低音のレベルが低く録音されます。
ずるをして、壁際にQ3をセットすると多少は量感が増えますが、実際の音とはだいぶ違います。
試しに低音の入っている曲をアップしてみます。

マルチウエイの音合わせは耳のみでしています。
フルレンジの中域が、耳にしみこんでいますので、その音を基準に合わせています。
ですから、いい加減なネットワークの値になっているかもしれません。

| kenbe | 2015/07/09 17:24 | URL | ≫ EDIT

初めまして

貴方のブログいつも楽しく拝見しております。
メインとてもよい音です。マルチウェイのアドバンテージをまったく感じさせないボーカルで素晴らしいです。
録音の事で一つ気になったのですが、私もQ3HDを持っているのですが、ノイズ低減のためにローカットというのがついています。低音があまり入ってこないのはそこがONになっているからではとふと思ったので書かせていただきました。見当違いでしたらすいません。

| hir. | 2015/07/09 15:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2300-a9ab5cb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村