ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

西ん風さんのハイエンド化

FBでは既に紹介をしていました西ん風さんから、依頼された箱の改造ですが、思わぬ伏兵が潜んでいました。
元々は、フルレンジのFE88ESーRのサブウーファーとして製作をしましたので、50Hzから下を補う設計をしていました。
16cmで50Hzから下を狙うには、通常のバスレフでは厳しいので、Wバスレフにして対応?していましたが、そのことをすっかり忘れていまいました。
ですから、ユニットを外して中を見た時には???の状態。

CIMG3810 (515x386)

第一ダクト部分が見えます。(汗)
実は、背面にユニットの取り付け用の開口部を設けようと考えていましたが、これでは、背面を利用することは無理です。
CIMG3813 (386x515)

気を取り直して、サブウーファー+ツイーターの構成でネットワークを組みました。
ダクト部分にツイーターを仕込み、背面にダクト用の開口部を設ければ形にはなります。
CIMG3819 (515x386)

綺麗な中高音は出ていますが、困ったことに楽しくない。
サブウーファー用の箱の低音との相性が気になります。

明日の朝、もう一度、確認します。



関連記事

| ハイエンド自作スピーカー | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2303-25ccfdf0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT