ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上には上が・・・・・

CIMG4323.jpg
本日は、生憎の雨天ですので屋外での作業は出来ません。
写真は、昨晩の様子です。
新作は、幅で5mmほど大きくしてあるだけで、旧作との差はほとんどありません。
大きな違いは、使用しているユニットです。
旧作は、TnngBand W3-316Bに対して新作は、MarkAudio Alpair6paと価格差は8倍弱ほどあります。
勝者は、高額の方が良いに決まっていますが、問題は勝負の内容です。
W3-316BがどこまでAlpair6pに食らいついているか!
腕の悪い録音では判り難いですが、試しにアップします。



好みも有ると思いますが・・・・・・・・・
☆前半は、W3-316Bです。 カチと切り替えの後がAlpair6pとなっています。
関連記事

| 石田式BHBS | 08:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

名前が不明ですね。
間違ていたらすみません。
もしかして、山科の方?ですか?

おはようございます。
コメントありがとうございます。
おしゃる通りかもしれませんね。
音の違いは、質感、品位、低域の再生力、立ち上がり立下り
・・・・・少しですが、この違いが大きく感じています。
もう少し、エージングが進みを期待せずにはいられませんね。
いずれにしても、両方とも小口径の音ではないです。(笑)

| kenbe | 2015/09/01 06:32 | URL | ≫ EDIT

kenbe師匠の「箱」ならではですが
W3-316Bは120%の能力を出し切っていると思います。

方やAlpair6pの方はエージング不足で70%(高域の情報量と表現力の薄さと硬さ)しか能力を発揮していないと感じました。
但しこの時点で価格差以上の能力の違いを感じます。

W3-316BvsAlpair6pは
ニアフィールドはAlpair6pの圧勝ですが
それ以上の距離とパワーの入れ方
さらにkenbe師匠の「箱」にW3-316Bの
組み合わせになると音源にもよりますが
W3-316Bの方が有利になるかもしれませんね(^^♪

| 音過敏症 | 2015/08/31 21:26 | URL | ≫ EDIT

普段の生活で邪魔にならない程度に音楽をかけておく、という用途ならw3-316bでも十分だと思います。音を追求するならはじめからAlpair6pを買ってしまった方が良さそうです。

| hir. | 2015/08/30 22:01 | URL |

鈴木さん
こんにちは、

自室での感想ですが、W3-316Bだけ聴いていれば十分です。
しかし、流石は、Alpairは高額な商品だけあってすべてにおいて勝っています。
しかし、値段差を考えるとW3-316Bもありです。
点数をつけるとしたら、W3-316Bが92点でAlpairが95点ぐらいかと踏んでいますが、1点を上げるのに数十万円も掛る世界ですので、両者とも大奮闘していると思います。

| kenbe | 2015/08/30 12:16 | URL | ≫ EDIT

一番下に最初がW3-316Bと書いてありましたね。
安物ヘッドホンでもW3-316Bの特徴がよくわかりました。
自分は最初のほうがよく聞こえました。
後半は、ちょっとざらざらした感じが。
実際に聞かなければ分かりませんが。

| 鈴木 | 2015/08/30 08:26 | URL | ≫ EDIT

最初のほうがW3-316Bですか?
何となくそう聴こえました。
1000円もしないパソコン用マイク付ヘッドホンで聴いたのですが。

| 鈴木 | 2015/08/30 08:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2321-ee5b2318

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村