ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出張帰り

埼玉方面へ出張に行っていました。
昨晩は、春日部市での宿泊だったので、音工房Zさんに連絡をしてSスワンに装着したFE108solの音を視聴してきました。

z2.jpg

z1.jpg

視聴の感想として、コイズミ無線さんで聴いた時と大分音が違うように感じました。
特に、中高域のエネルギーが違います。
狭い空間に大勢が入ると環境は変わりますので、教科書道理に中高域が吸われていたようです。
Sスワンとの相性は??? ソフトを選ぶ傾向があるように感じました。
ツボにはまると素晴らしいパフォーマンスで聴かせてくれます。
やはり、長岡先生の推薦ソフトは感動ものです。
負の事項は胸にしまって、良いところの低音のドライブ能力の確認をすることに専念しました。
やはり、視聴は少人数で聴くに限りますね。

本日は、自宅帰っています。
待った状態のFE108solの試聴を始めています。

CIMG5618.jpg

マグネットのサイズを見ていると別シリーズ、同サイズのユニットには見えません。
この超強力な磁気回路から過去の限定品のSやSSのような超ハイ上がりの音を連想しますが、実際は逆です。
励磁でも電流を多く流すとハイ上がりの音に変化すると記憶していますが・・・・・不思議です。
後ほど、103と108の違いを録音するつもりです。
ただ、録音で違いが判るか不安です。

108の低音再生力は半端ではないです。
量感はさることながら、奥行き、深みのある低音、ローエンドの量感も豊かです。
108を聴くまで103で十分と感じていましたが、それは間違いでした。
コスト的に2.5倍の違いはありますが、決して高い買い物をしたという感じはしていません。
関連記事

| 独り言 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2370-d731478d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT