ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プレスフレームの変形修理

CIMG8315.jpg
プレスフレームの欠点は、強度が殆ど無いことですが、F社の50年以上変わらいプレスフレームの頑固さには、頭が下がります。

最近は横着になり、ユニットの取り付けは電動ドライバーで行っていますので、少し油断をすると締めすぎになってしまいます。
結果、木ねじに沿って陥没、塗装は剥がれ、見た目も悪いですね。
そこで、陥没を治すことにしました。

CIMG8320.jpg
写真では分かりにくいですが、裏側から見ると盛り上がっている様子が分るかと思います。

CIMG8321.jpg
それなら、木ねじで裏から締めこめば治るのではないと推測して試しました。

CIMG8324.jpg
推測道理、陥没は治りましたが、今度は塗料の剥がれが気になりますね。
関連記事

| 試み | 10:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アールefuさん

>我々自作ユーザーのマーケットなどは問題にしていない様な気が>します。

そうかもしれませんね。
それでも、何かしらの対策は必要かと感じています。
過去に平ワッシャを裏側に入れることもありましたが、専用の物ではないので、取り付けが困難だったことを思いだします。
いっそ、自作でもしようかと考えています。(笑)

| kenbe | 2016/04/11 06:27 | URL |

同感です。

本当に頑固なまでにこのフレームに拘るスタンスは驚くばかりですが、
発売当初から決められていたことなのかもしれませんね。
後面取り付け仕様のPA補修部品マーケットが主体であり、
我々自作ユーザーのマーケットなどは問題にしていない様な気がします。

| アールefu | 2016/04/10 18:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2429-dd379d67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT