ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タモ製集成材使用のBHBS 聴き比べ 103 vs 108


価格差3倍弱、マグネットとフレームを強化した108solにどこまで箱で肉薄できるか?
103solの性能を最大限引き出す努力をしました。


同じコーン紙を使った103solにどこまで価格差を出せるかの挑戦でした。
矛盾と言う言葉が脳裏に浮かんでいます。
俗に90%までの完成度は容易にできるが、そこから1%を上げるの倍以上の費用が掛かると言われています。
小さな違いかもしれませんが、金額分だけでも引き離したいですね。
関連記事

| 石田式BHBS | 06:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Phoeniciaさん

103の方は吸音材で調整して聴き易い音にしています。
自室で聴くと、もう少し細かい音が出ています。
108は、FE本来の音を殺さない方向で吸音材の使用は少な目にしています。
同じコーン紙を使用していますが、磁気回路の違いで音は大分違います。
感想は、的を得ていると思います。

| kenbe | 2016/04/12 06:03 | URL |

こんにちは
手持ちスピーカーで聴いてみました。

108の方が分解能が高く、この点は随分差があるように感じました。
103は中低域のボリューム感は大きいのですが、高低共再生帯域的には伸びは108が上回っているのではないでしょうか。
普段聴きでゆったり気持ちの良い103、真剣聴きの108という感じかも。

勝手な感想です。

| Phoenicia | 2016/04/11 18:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2431-71ee363e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT