ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やはり、自作箱の製作の醍醐味はフルレンジ?

CIMG0325.jpg
写真のユニットは、今更なんだと言われそうなFE103enの刺激音を改善したFE103solです。
今迄、8cm級のユニットの箱作に精を出していましたが、ブログの記事でもお判りになる通り
最近では10cm級にシフトしていました。
理由は簡単で、ハイ上がりのユニットの音のバランスを取るには、低域の量感が肝になります。
そこで、箱の構造、容積にそれなりの工夫が必要となり、面倒は面倒でも楽しみながら作っていましたが、口径を大きくすると低域、スケール感など労せずに得られる楽な道を覚えてしまいました。
最も、8cm級で培われた経験があるからと思いますが、もう、戻れませんね。
20cm級のBHBSにも挑戦したのですが、FEだと箱のサイズが大きくなり失敗したらとんでもないことになりますので却下、
他のユニットで考えています。
話が脱線しましたが、そんなこともありsolの8cmバージョンの発売がありますが、触手が伸びないでいます。

CIMG0327.jpg
写真は、FE103solを2発使用の箱で、FEサウンドを楽しませて頂きました。
しかし、箱作り、音作りが趣味の身としては、どんなに出来の良い箱が出来たとしても、満足する事無くすべてが通過点です。
この箱も、邪魔になったのでヤフオクにでも出そうかと考えています。
他にも、増え続ける箱の処分を考えないと次の製作が儘なりませんね。

ウーファーのBHBS化もいずれ詰めなければなりませんが、口径アップをする前に今一度10cmでの箱作りを楽しませてもらうかと考えています。

と、暇が出来や時の独り言でした。
関連記事

| 独り言 | 06:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。
25mmのBHとは、低音の持ち上げ甲斐がありますね。
流石は、アールefuさん。
天野さん式の分割の箱を考案しないと、大型の箱はむりがありますね。
最近、体力の衰えも感じていますが、気力も衰えているようで楽な道を選んでいます。

| kenbe | 2016/08/27 07:32 | URL | ≫ EDIT

前作で2.5cmBHを作ったのですが、とても勉強になりました。
口径の違うものを作ると色々得ることがありますね。
でも、さすがに20cmは、大変です。
元気な時に早く作っておいて良かったとつくづく思っています(笑)。

| アールefu | 2016/08/26 22:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2477-4369f19c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT