ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

納得の鳴りっぷり

CIMG0744.jpg
写真は、面取りも研磨もしていない出来立てほやほやの箱ですが、早速!音出しをしました。

何事もつぼに嵌まると良い結果になるようです。
ユニットの性能を引き出すことに成功したように錯覚しています。(笑)

CIMG0700_20161121112628bfc.jpg


いつものシンプル音道を少し寸法を変え、バックキャビ、ダクトも変えています。
図面と実際の寸法が異なる部分がありますので、数字で確認してください。
漫画図はあてになりません。 特に板厚は1cmになっている。(大汗)

CIMG0745.jpg

ダクトは安上がりな塩ビ管、公称65φを使用。
実際の内径は70mmでした。
関連記事

| 石田式BHBS | 05:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

図面は、ありがたいです!

Kenbeさんのような「設計の天分」「プロ並みの工作力」「膨大な探求のエネルギー」に欠ける私のようなものは、達人の先例に倣うしかありません。以前、「図面は発表しない。どのような部屋(環境)にも対応できるスピーカーは作れないから。」というようなことを書かれていたと思います。故あってのご配慮とは思いますが、「この設計テーマは、この辺りが落とし所だな。」というような所まで到達されたら、図面としてご発表いただけると幸いです。

質問です。
①幅の寸法は、いくつですか?
②「スロート仕切り板を2ヶ所設ける」とありますが、スロートを3等分するということですか?
③「129」は、どこの寸法ですか?
④「100」と書かれた空間は、デッドスペースですか?
以上、よろしくお願いします。

| マイクロ・トレーダー | 2016/11/21 11:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2502-2247dc74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村