ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MarkAudio Pluvia Eleven 専用・本気箱への活動開始

昨日から試聴を繰り返しています。
耳が慣れたのか?いい音に聴こえて仕方がない。
試聴当初は、メインと比べているためか情報量、繊細感が無く落胆をしていましたが、時間が経つにつれ化けてきました。
ツイーターが無い分、繊細感など若干落ちますが、フルレンジとしたら十分な高域の再生をしています。
スキャンのツイーターと比べるから悪いのかと感じています。
これで、久々に本気モードの製作意欲が沸いています。

CIMG0422_201612051931506b7.jpg
【赤い円の部分に斜材が入るのですが、あえて抜いての箱でしたが、斜材があった方が低音の量感、伸びが違います。】

写真の箱に入れて試聴していますが、元々は2way用のウーファーのBHBS化のために作ったため、フルレンジでは低域が不足する設計になっていました。
しかし、Pluvia Elevenでも十分な量感の低音の再生を可能にしています。
このままでも良いような気がしていますが、飽くなき音への探求心の本能が許してくれません。
ダクト交換可能で、もう少し質感のある音に仕上げたいと考えています。

明日から出張なので、お酒も控えて夜な夜な考えを巡らします。
関連記事

| 石田式BHBS | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2511-53fbba6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT