ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MarkAudio Pluvia Eleven 専用箱  完成

CIMG0895.jpg

完成しました。
肝心の音はワンダフルです。
特に低音は、病みつきになりそうです。
金属振動板ならではの力強く、腹に響く低音が自然に出ています。

CIMG0892.jpg

リファレンスのソフトを繰り返し聴いています。
大音量にすると低音が崩れるどころか、解像度が上がってくるから不思議です。
実に気持ちの良い音に仕上がりました。
箱とユニットのエージングがこれ以上進んで欲しくないですね。
不満はあって高域も許容範疇に入っています。

CIMG0889.jpg

箱のサイズは一回り小さくても良いかもしれませんが、面取りの部分が無くなりますので、これで良かったと思っています。
FEでは良かった大き目のダクトは向きません。
内部に脱着可能な板を入れてダクトの面積を小さくして低音の量感と解像度、再生帯域の伸びを調整しています。
こんな板2枚で劇的に音が変わるから、BHBSは面白い。

CIMG0884.jpg

片方をテーパーにして見栄えも良くなり、ショートホーン効果?と言うよりは、面積の小さくなったダクトからの風切り音の対策に一役買っているように思えてなりません。

暫くは、メインは不要ですね。(大汗)
関連記事

| 石田式BHBS | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2520-4d995f71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT