ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エージング?が待てずに音作り

個人の好みに妥協はありません。
気になり始めると、とことん追求したくなる性質で、無駄な抵抗を試みることにしました。
新作箱の音で、ツイーターが受け持つ帯域が気になっています。
最も、フルレンジでツイーター並みの高域を求めること自体に無理がありますが、それなら、エージングが終わるまでプラスツイーターをすれば問題は解決する。
そこで、ツイーター専用箱の製作をしました。

CIMG0963_20161231012656442.jpg

タモを使用した単なる箱ですが、面取り、研磨、塗装をして新作箱に合わせます。
この中に簡易ネットワークを入れます。

CIMG1025.jpg

複数のコンデンサーを配置して、良いところ出すつもりですが、ソフト、その日の気分によりクロスポイントの変化も考えています。
線を書くのが面倒で、アッテネータの配線を書いていません。
スキャンのツイーターを使用しますので、ハイエンド石田式BHBSスピーカーになれば幸いです。
関連記事

| 試み | 11:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メインは通過点のシステムです。
現在進行形のシステムを優先します。

この手法は、大昔のスピーカーに内蔵されていたような気がします。

| kenbe | 2016/12/31 14:26 | URL |

kaneyaです。メインのつながりのことも訪問したときにおっしゃられてましたので、次はメインの調整かと思ってたんですが、そちらに行きましたか。

それにしても、切り替えできるツィーター・アッテネーター付きですか。それってもしかしたら商品化したいと何処かから問い合わせが来そうですね。便利なアイディアだと思います。

| kaneya | 2016/12/31 10:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2541-e4ac0467

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT