ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上には上が・・・・

CIMG9450.jpg

出張から帰宅してリセットされた耳で、各箱の試聴開始しました。
順序としては大人しい箱(ユニット)からの試聴に入りした。

ⅬS3/5a?のユニット使用した箱からの試聴の感想は、非常に落ち着いた感じでBHBSで持ち上げられた低音とコラボされて口径から想像できないようなスケールで鳴り始めます。
未だに人気のあるユニットと納得しています。
通常のバスレフだとモニター風な音になると思いますが、中低域を太くすることにより、肉付きも良くクラシックで真価を発揮する鳴り方に仕上がっています。
市販品風なデザインにすれば万人向けの音で売れそうな気がしています。

次に試聴したのはマークオーディオの11番をフルレンジで視聴する。
ⅬS3/5aを聴いて直後なので、若干、高域がすっきりした感じに聴こえるが、耳がすぐに慣れて音量のレベルが上がり、低域豊かなドンパチ系のソフトを気持ちよく聴き始める。
理屈抜きで、楽しい音がしてきます。

そして、メインの試聴です。
ネットワークを強化したメインは最強です。
音の格が違います。
この音と比べると今迄の音が困ったことに???になってくる。
でも、石田式BHBSのマークオーディオの低音は捨てがたいし、メインより良いと感じている。
そこで、プラスツイーターとネットワークで、メインと同じような音に変える。
・・・・良いですね。

しかし、困ったことにメインが上です。
聴き比べなければ幸せな気持ちで過ごせたのに、しかし、これがオーディオの面白さですね。

明日は、上野まで妻と椅子スピーカーを見に行ってきます。
関連記事

| 独り言 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2558-3a63f7d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT