ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

口径アップを目指す石田式BHBS

今までの石田式BHBSは、10cm以下の箱が殆どでした。
理由は簡単で、箱のサイズが小さくて済むし、失敗した時の処分など考えると被害が小さい。
無理にユニットの口径を大きくしなくても、十分な低音の量感は得られるし、バランスも良かった。
低音が飽和することも無縁です。

しかし、最近、口径のアップに興味が湧いています。
口径アップの方向に目が向いた切っ掛けは、alpair10でBHBSの試作を作ってからでした。
スケールの違う別物の低音の再生が体感が出来た事でした。
10cm級でも、それなりの量感が確保出来ていたのですから、口径がアップすれば当たり前のことですね。

そして、最近製作した15cmの低音も別次元の石田式BHBSの低音に、仕上がっています。
次は、alpair12が面白そうですが、FEの20cm級も死蔵している。
分割の石田式BHBSの考案をすれば色々なユニットの首を挿げ替える要領で音が楽しめると思います。
それに、異次元の低音の体感が出来るかもしれませんね。



ある方になぜ?石田式BHBSと区分けをしたかと問われたことがありました。
低音再生においてBHBSの自由度は大きく色々なパターンで低音を引き出すことが可能で、ダクトの交換で失敗も少ないと考えています。
あるルールを守ればいい加減に作ってもそれなりの低音再生、箱の小型化は可能かと思います。
このあるルールが石田式と区別をつける理由となっています。
今更ですが、BHはバックロードホーンの意味で、BSはバスレフのみです。
単純にBHの最終開口部を塞いで(ダクト設ける)方式がBHBSと解釈されがちですが、長岡式BHの開口部に同様なことをしたら良い結果は得られないと思います。
BHとして完成された箱には、ダクトは無意味と思います。

石田式BHBSの誕生は、小型の箱で大型のBH並みの低音が出ない物かと試行錯誤をした結果、小さな箱でも低音の量感が異常に得られた箱が偶然の産物で出来ました。
しかし、音質は悪くボンツキも酷かった。
この時は、単純に開口部を塞いでもバランスは取れませんでした。
原因は他の方式のBH部分が残っていたからです。

今までダメと言われていた空気室を大きくしたり、広がり率も掟破り的に巨大化したり、折り返し少なくしたり、スロート面積を大きくして、音を緩い感じにしたりと今までのBHの常識をことごとく覆したBHの音道にしていました。
折り返しが少なく空気室が大きいのでダブルバスレフ風のインピーダンス特性になったりしていました。
最近は、大型化し始めていますので、その辺の特性はBHに近くなっていると思います。

ただ、BHの開口部を塞いだBHBSとの区別と思い僕独自の手法のBHBSということで、石田式をBHBSの前に付けた次第です。
BHBSは、非常に自由度が大きく失敗の少ない手法と考えていますので、広く伝播をしていくことを願うばかりです。

と長期出張前の独り言でした。(大汗)


関連記事

| 石田式BHBS | 22:15 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Kenbeさん
ウーハーはTang Bangの130RTR100b です。
ツイーターはFOSTEX FT207Dにして、
スコーカーをいろいろ替えて好みの音を作ろうかと考えています

| マイルスTK | 2017/02/06 16:42 | URL | ≫ EDIT

マイルスTKさん
ユニットは何を使用する予定ですか?

| kenbe | 2017/02/05 16:19 | URL | ≫ EDIT

Suzukiさん
亀レスすみません。
出張中で、やっとPCを繋げる環境になりました。
出張はある意味良いですね。
今日も自宅ではなく、ホテルにいます。
すると衝動的に行動することが叶わずに、冷静になれるようで、また、考えが少し変わってきています。
楽しみが増えたような心境になっています。

| kenbe | 2017/02/05 16:18 | URL | ≫ EDIT

Kenbeさん
私も16㎝のウーハーを使って、石田式BHBSに挑戦したいと計画しています。
そこからマルチに手を出したいんです。ご指導、ご鞭撻のほど願いいたしますね!!

| マイルスTK | 2017/02/04 10:33 | URL | ≫ EDIT

20cm級の作品、楽しみですね。
私のところにも死蔵しているFEがあります。
FEは有利な点と不利な点がありますが、有利な点を拡張されることを期待しています。

| Suzuki | 2017/02/02 15:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2565-2ba7c48e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT