ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツインかシングルか・・・・迷う

123_20170208051856c81.jpg

ツインにするかシングルにするか迷ってます。
ホテルの部屋ではありせんよ。
ユニットの選定です。

新作の MarkAudioのPluvia Elevenを使用した新音道を採用した石田式BHBSは、歴代の中でも上位に位置するくらい、個人的には気に入っています。
それ故に、このユニットをツインで使ったらどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうかと、製作意欲を擽ります。
ツイン化は、一つの箱に纏めなくても、複数になっても構いません。
Pluvia Elevenを使用した改良?改悪?の新設計の箱の製作も兼ねて作る手もあります。
これなら、一つの箱で2回楽しめますね。
勿論、ユニットの色はシルバー?に変えます。

もう一つ迷っている、同社製のAlpair12v 2p本命?かな、・・・・・・・口径が18cmとPluvia Elevenの15cmと比べると口径が大きい。
口径が大きければ、低音の質、量感が増えるとは限りませんが、Alpair10の音を知っていますので、それなりの期待はできるのではないかと考えています。
箱のサイズが大きくなるだけに、迷いがでます。
まじめに、108solと103solの箱の処分を考えないといけないですね。
しかし、困ったことに出張続きでヤフオクに、出している暇がありません。
石田式BHBSの箱がヤフオクに出ていたら、本業が暇になったと推測してください。

気がかりは、将来的にAlpair12より口径の大きなユニットの発売が計画されているとしたら・・・・・・・個人的な希望ですがPluvia fourteenの計画があるなら、 Elevenのツイン化を先に実施するのですが・・・・
関連記事

| 石田式BHBS | 05:20 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

渋谷様

コメントをありがとうございます。

ブログの更新文を書き込んでいる最中に、コメントされていたのでブログを更新してからコメントを拝見しました。

ステレオ誌は拝見しています。

容積が小さくて済みますので、新製品も完成度が高いと予想が来ます。
個人的な感想ですが、マークオーディオのユニットは、全般的にオーディオ愛好家より音楽好きなリスナーが好む傾向と感じていますので、音を聞けば購入者も増えるような気がします。

| kenbe | 2017/02/09 21:02 | URL | ≫ EDIT

過分なお言葉ありがとうございます。

A12Pはアメリカからの要望で作っています。
アメリカは大きいのが好きですから…

ステレオ誌 2月号ご覧になりましたか?
Pv11と同サイズユニットを搭載したスピーカーCestiMBの記事が載っていますが
評論家の林先生がとても褒めてくださっています。

Pv11が当たりユニットなのは間違いなさそうです。

| フィディリティムサウンド 渋谷 | 2017/02/09 20:28 | URL |

神対応ありがとうございます。

渋谷様

マークオーディオ総代理店の方から、直接のコメントいただき感謝します。

Alpairの音の全般が好きなので、製作をしたことのない12を候補にしていました。
低音の量感は、箱の工夫でどうにでも引き出せますが、上の帯域との総合バランスも大事でその点、Alpairの中高音はバランスが取り易かったように記憶しています。

Pluvia Elevenの制動力が良くて、強引に箱で低域の再生帯域を伸ばし、量感を増やすという相反する行いを実施しました。
通常のユニットなら低域が飽和するか、付帯音が発生する可能性が大なのですが、このユニットに限り素晴らしい制動力のおかげで負の発生が皆無でした。
振動板の強度が高く、強力な磁気回路のなせる業かと思います。
このユニットの真価は、音量を上げたときと感じています。

これは、宣伝ではなくて事実です。
製品が良ければ、自然にブログへの書き込みとなり、良くなければ話題にもなりません。

渋谷様の仰る通り、ウーファーなら質量を増やせるので、簡単に大口径化は出来ると思いますが、フルレンジでは軽くて超強度のある振動板が必要になりますから、簡単には出来ないかもしれませんね。

今回も、色々な意味でPluvia Elevenにします。

一愛好家のために、コメントをいただき、
ありがとうございました。

| kenbe | 2017/02/09 06:38 | URL | ≫ EDIT

重量と強度のバランスでPv11サイズが今のところメタルコーンの限界です。
新素材が開発されればPv11を超える大口径もあるかもしれませんが…

| フィディリティムサウンド 渋谷 | 2017/02/09 01:55 | URL |

口径と低音

初めましてフィデリティムサウンド渋谷です。

マークオーディオの宣伝ありがとうございます。

口径と低音の関係ですが、実はあまり関係がなく
口径が大きくなると音圧が上がります。(同じ重さ同じ磁気回路の場合)
低音に影響してくるのは主にコーンの重量(Mms)です。
A12PはコーンがPv11より軽いのでF0も高くなっています。

磁気回路も低音に大きく影響しますのでMmsだけで比べられるわけではありませんが。

| フィディリティムサウンド 渋谷 | 2017/02/09 01:41 | URL |

ツトムさん
仰る通りで、アルテックの38cmを過去に使用したことがありますが、中音重視で低音感は少なったです。
A5も同じような印象を受けました。

実は、販売代理店に12pより口径の大きいユニットを今後出す予定があるのか、メールをしていますが、2日経っても返信無しの状態で出張に来ていますので、帰宅して返信メールが来ていたらですが、その内容で決めようかと考えています。

耐入力、磁気回路もPluvia Elevenの方が強力そうだし・・・・

| kenbe | 2017/02/09 01:14 | URL | ≫ EDIT

kaneyaさん

未知の世界を知りたくて散財をして来ています。
今回もその類で、過去の例がFEの20cm級の死蔵となっています。

| kenbe | 2017/02/09 01:05 | URL | ≫ EDIT

Alpair12v 2pのF0が42Hzで
Pluvia ElevenのF0が39Hzで
アレ!との関係です。
口径が上がっているのに、逆比例。
Alpair12v 2pは固いダンパーと固いエッジのために
F0が上がっているのか???
うまく処理しないとPluvia Elevenより
低音がやせる可能性が有ります。
又はアルテックぽいスピーカーかも。
低音出ませんが、張りのあるボーカルが聴けるのかも?

| ツトム | 2017/02/08 21:44 | URL | ≫ EDIT

kaneyaです。

以前に聞かせてもらったものよりさらに低音を狙うということですね。もう十分な気もする低音でしたがさらなる低音を目指しているんですね。すごい。

マークオーディオの情報を手に入れられる人が、このブログを見ていて情報を伝えてくれるといいんですがね。

| kaneya | 2017/02/08 18:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2567-d6ab4408

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT