ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルームアコスティック 【襤褸隠し】

CIMG9624.jpg

Lvパネルが衝立の代わりをして、樹脂ボックスを隠しています。
【星印の裏側に、樹脂ボックスを積み上げています。】

スピーカーの後ろは、大きな吸音層があると良いと言われていますが、専用のスタジオで無ければ無理があります。
押入れが良いようにも思えますが、襖がブーミングの温床になりますので頭隠して尻隠さず状態になりますね。
樹脂ボックスだけスピーカーの後ろに積み上げたら・・・・・見た目は悪いですね。
このⅬvパネルも見た目は決して良くないですが、樹脂ボックスを積み上げるよりはマシです。
何れ、見た目の良い反射パネルの自作してⅬvパネルの前に設置する予定です。

2号機を主に音を出しています。
良い感じに仕上がっていますが、ソフトによっては低音の傾向に迷いが出ます。
ドンパチ系は、ダクトの直径の小型化、クラシック系は現状のダクトの径が良さそうです。
ドンパチ系はスピードのある立ち上がり立下りの良い低音、クラシック系はレンジを伸ばし緩い低音が合うように感じています。
80Hz~100Hz付近を充実する音作りは、大多数の方の支持が得られる音作りとなりますが、商売をしているわけではないので、やはり、レンジを伸ばし50Hz付近から下の充実を図りたい。
ボン、ボワ~ン、ブン、ボーは、ミッドバスの部類になり解像度が悪くなるので、ほどほどのレベルにしたい。

1号機+2号機で鳴らす。
低音が凄いの一言、部屋がもちません。
23cm厚のスラブ【鉄筋コンクリート】+強化ボード12mm+フローリング15mmの床が、揺れています。(汗)
やり過ぎですね。
自室ではシングルが限界のようです。

何事も、実際にやってみないと分かりませんね。
推測、妄想では永遠に脳内の枠を出ることは出来ません。
脳内の枠を出て確認は出来ましたが、また、散財をしてしまったような・・・・・?

もっとも、集まれ塩ビ管さんのOFF会用の箱になったので、無駄にはなっていませんねと精神的なケアをしています。
デッドの部屋でブーミーな傾向にならなければと、今から心配をしています。(大汗)
関連記事

| 自己流ルームチューン | 20:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

マイクロ・トレーダーさん
何事も、柔軟な考えが肝要かと思います。
何時までも、開拓者精神を忘れないでいます。(笑)

| kenbe | 2017/03/12 18:41 | URL | ≫ EDIT

たてちゅうさん
当日は、よろしくお願いします。

| kenbe | 2017/03/12 18:39 | URL | ≫ EDIT

国立競技場の設計者になった建築家:隈研吾氏は、従来より様々な試みを行っていますが、Kenbeさんのお話を伺って思い出したものがあります(下記参照)。

http://kkaa.co.jp/works/architecture/water-branch-house/

これは、ポリタンク製のブロックを使って建築(壁)を作ろうといく試みです。水は、壁を安定させるために適度に入れるらしい。この壁により「低音の吸音/音の拡散/デザイン性」等が叶えられるか…どうかはわかりませんが、将来、オーディオ・マニアの部屋がこうなるのではないかと、ふと想像してしまいました。

元々、オーディオや音響とは全く関係のないところで発想されたもので、隈氏によると従来の建築の「壁」や「柱」は重厚なもの(偉そうなもの)のシンボルとなっていて、施主や建築家のエゴさえ感じてしまう。そこで、その逆を行きたい。従来、建築的価値の無いとされてきたようなもので建築を構成したい…という試み(実験)のようです。

| マイクロ・トレーダー | 2017/03/12 16:34 | URL |

お気を使って頂きありがとうございます。
あの部屋が揺れるって凄いですね!

| たてちゅう | 2017/03/12 08:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2597-14d10113

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT