ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大口径ウーファーはアンプ次第?

West Riverさん宅に訪問して感じたことは、評論家や音のプロでもないのでコメントを述べる立場ではありませんが、一つだけどうしても書かずにいられない事項がありました。

それは、アンプの制動力です。
30cm2発にお決まりのホーンのスコーカーとツイーターのハイエンドスピーカーの音は何となくイメージが出来ていました。
イメージは悪いイメージをしていましたが、良い意味で裏切られました。
軽くスピード感ある低音、出るところはしっかりと出している・・・正にアンプの制動力の賜物ですね。

CIMG9629_2017031407434220f.jpg

West Riverさんもマークレビンソンのアンプに変えてから、音が変わっと仰っていました。

小口径のフルレンジの低音は共鳴に頼る傾向が強いので、音量にもよりますがアンプでの低音の差は分かり難いと思います。
事実、自分なりに聞き比べてみましたが、10cm級のBHBSまでだと誤差が殆ど分からないレベルでした。
ただし、音が小さい時に限ります。
大音量の手前まで行くと何となく低音の解像度、立下りなどの制動面で分かるように?なりました。
(自室での実験なので分かったのかもしれませんが・・・・)

爆音、大音量時はパワーが欲しくなりますし、歪の面でも差が出るように思います。
小音量で聞く場合は、アンプは何でもありのように感じていますが、大口径ウーファーなどをドライブするにはパワーのある高級アンプが良さそうに思えてなりません。
何事も、知らなければ幸せですね。

小型の乗用車が買える値段の高級アンプが欲しい衝動に駆られていますが、先立つものが・・・・・
暫くは、指を銜えてみています。
関連記事

| 独り言 | 07:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メインのウーファー部は、PA用のアンプを使用しています。
理由は超タイトで有り余る馬力ですが、ノイズが玉に瑕です。
ノイズキャンセルをして使用しています。

| kenbe | 2017/03/16 22:40 | URL | ≫ EDIT

今日は ヨネです。
アンプの駆動力の件ですが、私の場合ですとウーハーとフルレンジを一台のステレオアンプで駆動した場合と!
二台のアンプでバイアンプ駆動{フルレンジ出力}では、大きな差が確認できています。
アンプの価格で攻めるか、二台のアンプで攻めるか(マルチ化も含め)攻め方が色々あるよに思います。

後者は、駆動力が有るなしに関わらず、ウーハーの前後運動がスコーカーやフルレンジに与える影響も大きいと思っていますのでアンプの価格は余程リーズナブルな物以外は余り関係ない気もします。
大音量域での音質を詰めるには、やはり個々の機器の性能によるのですが。
アンプ一台が車一台分とは、財布に厳しゅうございますね。(^^ゞ

| 木工大好き | 2017/03/16 12:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2599-c58ea113

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村