ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フィディリティム サウンドのカタログ

コイズミ無線さんに4Ω用のアッテネーターの購入で立ち寄ったら、MarkAudioの試聴会を開催していました。
イベント開催の開始から時間的に一時間以上経過した付近なので、システムの試聴ではなくフィディリティム サウンドの代表の中島氏がユニットの説明をしている最中でした。
MarkAudioのユニットに銘木のバスレフ箱に入れた製品はジャズ向きとの前評判です。
箱屋としては、ユニットには大変興味を惹かれますが、箱付きの製品は魅力を感じませんので、アッテネーター以外の物を店内で物色していたら、フィディリティム サウンドの方?から声を掛けられる。
以前、ブログでコメントを下さった渋谷様かと思い確認しましたところ違う方であった。
ご本人曰く、お手伝いとか言っていましたが、その方が気さくで感じの良い方だったので、一度は断ったカタログを頂いてきました。

CIMG9652.jpg

カタログは、MarkAudioの物かと思いきや、総代理店のフィディリティム サウンドさんの物でした。

CIMG9654.jpg

『フム、フム』・・・このページは、面白い。

その方と短時間の会話の後、玉アンプでMAOPの10?を鳴らし始める。
相変わらずデッドの環境での小音量の試聴ですので、中高域の素性は分かりましたが、低音の再生能力は残念ながら推測の域を出ません。
横で、少し聴いて店を後にしました。
誰か知り合いがいればもう少し長くいたかもしれませんが、何せ、蚤の心臓の持ち主は人見知りが激しく早々に帰宅しました。

心残りは、良い環境でもう少し大きな音で聴いてみたかった。
関連記事

| お店紹介 | 08:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2603-6ba80954

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT