ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

低音を上手に録音する難しさ

CIMG9697.jpg

手持ちにある録音機器ですが、これ以外にオリンパス製の物をもう一台所有しています。
試作したスピーカーの音をYouTubeにアップするために使用しているだけですが、どちらの機種で録音しても低音が全くダメな状態で録音されます。
ヘッドホーンで確認しても、実際の自室の音とはかけ離れた音をしています。
超低音の録音はNG、量感も減る、押し出し感、弾む感じも消え去っている。
元のソフトは、録音技師が録音、編集した物ですが、しっかり、超低音も再生していますので、機器の違い、マイクの違い、技能の違いがあるのかなと、推測をしています。
プロ用は、マイクだけで小型乗用車が買える値段?録音機器は、小さな家が買える値段?
道具の違いも凄いことになっていますが、一番は技術でしょう。

一度、実験で音源をローブストにして録音をしたことがありました。
結果は、音の全体の解像度を落とす結果になっただけで、肝心の低音の量感は録音できませんでした。
他として、あらかじめローブーストしているイヤーホーンで試した時に、近い感じにはなりましたが、肝心の音質が悪かった。

ソフトは、録音技師が編集で生の音を聴き易く?迫力のある音?サラウンド系の音、機器に合わせた音?他にしているかと思います。
ですから、生録への拘りはありません。
と言っても生の音を否定しているわけはでなく、たまには、コンサートにも出かけます。
ただ、コンサートも会場や演奏者により音が違って聞こえてしまうのは、僕の感性がおかしいのかと感じる時もあります。

個人的な望みは、難しいことは考えず、純粋に部屋の機器で再生された音が、そのまま録音できれば良いと考えています。
しかし、それが一番難しいような気がしています。
YouTubeへの投稿を諦めてしまえば・・・・すべて解決ですね。(汗)
関連記事

| 独り言 | 07:46 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

座布団2枚ありがとうございます

| おおたん | 2017/03/30 02:37 | URL |

おおたんさん
おはようございます。

録音技術の説明ありがとうございます。
オンマイクでもミキシングをしないと聴こえない・・・納得です。
ただ、たまにYou Tubeでもしっかりした低音が入っていることがありましたが、いずれもCMだったような気がします。

スーパーイコライザマイク

座布団2枚級の表現ですね。
人間の脳内補正は、素晴らしい?

録音は難しい、今更、本格的に録音を覚えたくもないので、低音の録音再生は諦めます。

| kenbe | 2017/03/28 06:45 | URL |

こんばんは。
再生音でも生演奏でもワンポイント録音すると、低音も高音も、たれ気味の遠い音になります。これは仕方ありません。
低音楽器、高音楽器をクリアーにとらえるのはオンマイクでミキシングしないと聞こえません。ジャズピアノトリオの、ピアノの音。シンバルの音。ウッドベースの音。これに対して、PA無しフルオーケストラのピアノ、シンバル、コントラバスの音を思い出すとわかります。
人間の耳はスーパーイコライザマイクなので演奏を見るとなんでもオンマイクに聞こえてしまいます。オーディオ再生の様子を部屋の鳴りを合わせて公平に記録、再現するのは大変困難と思います。

| おおたん | 2017/03/28 01:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2616-2b504fcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT