ブログ・ハイエンド自作スピーカー(試作と実験)

いつか、自作でハイエンドスピーカーの音を超える夢を見て試行錯誤しているブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FOSTEX FE88-Sol 限定生産ユニット 悩ましい箱のサイズ

気が乗ると行動が速いのが取り柄ですが、箱のサイズで迷いが出ています。
50Hzから上のジャズ系に向く低域の量感重視か?それとも、ワイドレンジでバランス重視か?
低音は、容積が大きければより多くの空気を動かすことが出来るので、口径以上の能力を出すことが容易です。
大型ウーファーなら箱が大きくても致し方ないと諦めもつきますが、小さなユニットに大きな箱は不経済です。
最初から、ウーファーを使った方が箱は小さく済みます。
そう考えると、サイズにある程度縛りを設けないと面白くないですね。
H450mm*W180mm*D300mmが限界か?
容積は決まっています。
あとは工夫のみ、音道を減らせばホーン広がり率が大きくなるか、スロート長を伸ばすか、空気室を大きくするか、
どちらの方向に持って行くか、なん通りも模索しなければなりません。
沢山、試作箱を作れる環境なら、片っ端から作って行けばよいのですが、個人では限界がある。
3セットから4セットが限界です。
一発から9割の物を狙うか?7割にして改良を加えて新設計で2作目を望むか?
楽しい悩みを、もう少ししてみます。
関連記事

| 石田式BHBS | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenbe.blog68.fc2.com/tb.php/2634-4fa65e14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT